4.4.4.3. nsslapd-directory

この属性は、データベースインスタンスへのパスを指定します。相対パスの場合、グローバルデータベースエントリーの cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config,cn=config の nsslapd-directory で指定されたパスから起動します。データベースインスタンスのディレクトリーは、インスタンス名の後に作成され、デフォルトでグローバルデータベースディレクトリーに置かれます。データベースインスタンスの作成後に、このパスを変更しないでください。サーバーがデータにアクセスできなくなるリスクがあるためです。

パラメーター説明

エントリー DN

cn=database_name,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config

有効な値

データベースインスタンスへの有効なパス

デフォルト値

 

構文

DirectoryString

nsslapd-directory: /var/lib/dirsrv/slapd-instance/db/userRoot