4.4.6. cn=monitor,cn=userRoot,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config 下のデータベース属性

このツリーノードエントリーの属性はすべて読み取り専用であるデータベースパフォーマンスカウンターです。

cn=confignsslapd-counters 属性が on に設定されている場合は、32 ビットマシンや 32 ビットバージョンの Directory Server の整数を使用して、64 ビットの整数を使用して Directory Server インスタンスにより保持されるカウンターの一部。データベースのモニタリングには、entry cachehits および entrycachetries カウンターは 64 ビットの整数を使用します。

注記

nsslapd-counters 属性は、これらの特定のデータベースおよびサーバーカウンターの 64 ビットサポートを有効にします。64 ビットの整数を使用するカウンターは設定できません。64 ビットの整数は、許可されるすべてのカウンターに対して有効であるか、許可されているすべてのカウンターに対して無効にされます。

dbfilename-number

この属性はファイル名を指定し、ファイルの連続整数識別子(0 から開始する)を提供します。ファイルに関連する統計すべてに、この同じ数値 ID が割り当てられます。

dbfilecachehit-number

この属性は、このファイルからのデータが必要な検索がキャッシュから正常に取得されたされた回数を指定します。この属性名の数字は、dbfilename にあるものに対応します。

dbfilecachemiss-number

この属性は、このファイルからデータを必要とする検索がキャッシュから取得できなかったときの回数を指定します。この属性名の数字は、dbfilename にあるものに対応します。

dbfilepagein-number

この属性は、このファイルからキャッシュにページアップするページ数を指定します。この属性名の数字は、dbfilename にあるものに対応します。

dbfilepageout-number

この属性は、キャッシュからディスクに書き込まれたこのファイルのページ数を指定します。この属性名の数字は、dbfilename にあるものに対応します。

currentDNcachecount

キャッシュされた DN の数。

currentDNcachesize

DN キャッシュの現在のサイズ(バイト単位)。

DNcachehitratio

キャッシュにある DN のパーセンテージ。

DNcachehits

DNS はキャッシュ内で見つかりました。

DNcachemisses

キャッシュ内で DNS が見つかりません。

DNcachetries

インスタンスが開始してからのキャッシュルックアップの合計数。

maxDNcachesize

nsslapd-ndn-cache-max-size パラメーターの現在の値。この設定の更新方法は、「nsslapd-ndn-cache-max-size」 を参照してください。