4.4.8. cn=index,cn=database_name,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config の下にあるデータベース属性

cn=default index,cn=config,cn=plugins,cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config, custom index は、ユーザー定義のバックエンドインスタンス用にカスタムインデックスを作成できます。これらのインデックスは cn=index,cn=ldbm database, cn=plugins,cn=config に保存されます。以下の図のように、インデックス化された各属性は cn=config 情報ツリーノード下の subentry を表します。

図4.2 Subentry を示すインデックス化された属性

ixattr

たとえば、o =UserRoot 下の aci 属性のインデックスファイルは、以下のように Directory Server に表示されます。

dn:cn=aci,cn=index,cn=UserRoot,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config
objectclass:top
objectclass:nsIndex
cn:aci
nsSystemIndex:true
nsIndexType:pres

これらのエントリーは、「cn=default indexes,cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config 下のデータベース属性」 のデフォルトインデックスに対して一覧表示されるインデックス属性をすべて共有します。インデックスの詳細は、『Red Hat Directory Server 管理ガイド』の「インデックスの管理」の章を参照してください。

4.4.8.1. nsIndexIDListScanLimit

この複数値のパラメーターは、特定インデックスの検索制限を定義します。または ID リストは使用しません。詳細は、『Directory Server パフォーマンスチューニングガイド』の該当するセクションを参照してください。

パラメーター説明

エントリー DN

cn=attribute_name,cn=index,cn=database_name,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config

有効な値

Directory Server パフォーマンスチューニングガイド』の該当するセクションを参照してください。

デフォルト値

 

構文

DirectoryString

nsIndexIDListScanLimit: limit=0 type=eq values=inetorgperson