第9章 コマンドラインユーティリティー

本章では、Red Hat Directory Server(Directory Server)で使用されるコマンドラインユーティリティーのリファレンス情報を提供します。これらのコマンドラインユーティリティーを使用すると、Directory Server で管理タスクを簡単に実行できます。

9.1. ds-replcheck

ds-replcheck ユーティリティーは、2 つの Directory Server インスタンスまたは LDIF 形式のファイルを比較して、同期されているかどうかを特定します。詳細は、『Red Hat Directory Server 管理ガイド』の「2 つの Directory Server インスタンスの比較」セクションを参照してください。

構文およびコマンドラインオプションの詳細は、ds-replcheck(1) の man ページを参照してください。