A.2.3.9. 任意の操作でのバインドテスト

バインドおよびバインド解除レートは、rsearch によって測定されるすべての操作(検索、変更、削除、比較) で確認できます。これには、すべての操作でサーバーにバインドするツールに指示する 1 つのオプション -b が必要です。

バインドテストには、他の 2 つの属性を使用できます。- L (ツールを linger に設定)および -N (他の操作を実行せずにバインドおよびバインド解除をツールに指示)

例A.29 オペレーションによるバインディングと非バインディング

# rsearch -D "cn=test user,cn=config" -w secret -s "dc=example,dc=com" -f "cn=%s" -i /home/filter.txt -b -L

rsearch によって実行されるすべての操作に対するバインドおよびバインド解除操作の開始には、2 つのオプションが使用されます。

  • -b (必須)
  • -L (推奨)

-f フィルター オプションで %s 変数を使用する場合は、-i filter_file オプションが必要です。

例A.30 匿名バインド操作のテスト

# rsearch -D "" -w "" -s "" -f "" -N -b -L

匿名バインドレートをテストするには、- b オプションを使用して、- D オプションおよび - w オプションの値を空のままにします。-N オプションでは、コマンドはバインドおよびバインド解除操作のみを試行します。

例A.31 無作為バインド操作のテスト

# rsearch -D "" -w "" -s "" -f "" -B /home/uids.txt -x -N -b -L

匿名バインド操作と同様に、必要な引数を空白にすることができます。-N オプションでは、コマンドはバインドおよびバインド解除操作のみを試行し、- B および -x オプションは、選択するコマンドに無作為なバインド認証情報の一覧を提供できるようにします。

例A.32 バインド操作によるフィルターを使用したテスト

# rsearch -D "" -w "" -s "" -f "" -B /home/uids.txt -x -U "(uid=*son)" -N -b -L

通常、バインドファイル(UID または DN)に含まれるすべてのアイデンティティーをバインドテストに使用できます。デフォルトのフィルターは、すべての ID エントリーを持つ 「(uid=%s)」 です。ファイルのアイデンティティーのサブセットのみを使用するには、- U オプションを使用して代替フィルターを渡すことができます。