4.3.2. nsslapd-pluginConfigArea

プラグインエントリーにはコンテナーエントリーがあり、プラグインの複数のインスタンスが cn=plugins,cn=config のこのコンテナーの下に作成されます。ただし、cn=plugins,cn=config は複製されません。つまり、これらのコンテナーエントリーの下にあるプラグイン設定を、すべての Directory Server インスタンスに対して手動で設定する必要があります。

nsslapd-pluginConfigArea 属性は、プラグインインスタンスエントリーが含まれるメインのデータベースエリアで、別のコンテナーエントリーを参照します。このコンテナーエントリーは、複製されたデータベースで使用することができます。これにより、プラグイン設定を複製できます。

プラグインパラメーター説明

エントリー DN

cn=plug-in name,cn=plugins,cn=config

有効な値

任意の有効な DN

デフォルト値

 

構文

DN

nsslapd-pluginConfigArea: cn=managed entries container,ou=containers,dc=example,dc=com