このリファレンスについて

Red Hat Directory Server (Directory Server) は、業界標準の Lightweight Directory Access Protocol (LDAP) をベースとした強力でスケーラブルな分散ディレクトリーサーバーです。Directory Server は、イントラネット、取引先とのエクストラネット、またはパブリックインターネットを介して顧客に到達するために使用できる一元化された分散データリポジトリーを構築するための基礎です。

このリファレンスは、サーバー設定とコマンドラインユーティリティーに対応しています。これは主に、ディレクトリー管理者向けに設計されており、そのディレクトリーにアクセスするためにコマンドラインを使用する経験のあるディレクトリーユーザー向けに設計されています。サーバーの設定後、この参照を使用してサーバーを維持します。

Directory Server は、グラフィカルユーザーインターフェースである Directory Server コンソール から管理できます。Red Hat Directory Server 管理ガイド では、これを行う方法と、個々の管理タスクについて詳細に説明しています。

1. Directory Server の概要

Directory Server の主なコンポーネントには、以下が含まれます。

  • LDAP サーバー: LDAP v3 準拠のネットワークデーモン
  • Directory Server Console: ディレクトリーサービスの設定と保守の労力を大幅に削減するグラフィカルな管理コンソール。
  • SNMP エージェント: Simple Network Management Protocol (SNMP) を使用して Directory Server を監視できます。