Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Directory Server

2.3. サイト調査の実行

サイト調査は、ディレクトリーの内容を検出し特徴付けるための正式な方法です。準備がディレクトリーアーキテクチャーのキーであるため、サイト調査の実施に十分な時間を費やします。サイト調査は複数のタスクで構成されます。
  • ディレクトリーを使用するアプリケーションを特定する。
    エンタープライズ全体にデプロイされるディレクトリー対応アプリケーションとそのデータのニーズを判断する。
  • データソースを特定する。
    企業の調査を行い、Active Directory、その他の LDAP サーバー、PBX システム、人材データベース、電子メールシステムなどのデータソースを特定する。
  • ディレクトリーに含まれる必要のあるデータを特徴付ける。
    ディレクトリーに存在すべきオブジェクト (例: 人またはグループ) と、ディレクトリーで維持すべきオブジェクトの属性 (ユーザー名とパスワードなど) を決定します。
  • 提供するサービスレベルを決定する。
    ディレクトリーデータをクライアントアプリケーションに提供する際の可用性を決定し、それに応じてアーキテクチャーを設計します。ディレクトリーに要求される可用性が、データのレプリケート方法およびリモートサーバーに保存されたデータを接続するためのチェーンポリシーの設定方法に影響を及ぼします。
    レプリケーションについての詳細は「7章レプリケーションプロセスの設計」を、チェーンの詳細についての詳細は「トポロジーの概要」を、それぞれ参照してください。
  • データマスターを特定します。
    データマスターには、ディレクトリーデータのプライマリーソースが含まれます。このデータは、負荷分散および復元の目的で、他のサーバーにミラーリングされる可能性があります。各データで、データマスターを決定します。
  • データの所有者を決定する。
    各データについて、データが最新の状態であることを確認する担当者を決定します。
  • データアクセスを決定する。
    データを他のソースからインポートする場合には、一括インポートと増分更新の両方のストラテジーを作成します。このストラテジーの一部として、データを 1 カ所でマスタリングし、データを変更できるアプリケーションの数を制限するようにします。また、任意のデータに書き込みするユーザーの数を制限します。小規模なグループにより、管理のオーバーヘッドを削減しつつ、データの整合性が確保されます。
  • サイト調査を文書化します。
ディレクトリーの影響を受ける組織の数により、影響を受ける各組織の代表を含むディレクトリー導入チームを作成して、サイト調査を実行することが役に立つ場合があります。
企業には、一般的に、人事部門、経理部門、製造部門、営業部門、および開発部門があります。各組織からの代表を含めると、調査プロセスに役に立ちます。さらに、影響を受けるすべての組織が直接関与することで、ローカルデータストアから集中ディレクトリーへの移行が受け入れられます。

2.3.1. ディレクトリーを使用するアプリケーションの特定

通常、ディレクトリーにアクセスするアプリケーションおよびこれらのアプリケーションのデータニーズが、ディレクトリーの内容の計画を駆動します。多くの共通アプリケーションはディレクトリーを使用します。
  • オンライン電話帳などのディレクトリーブラウザーアプリケーション。ユーザーが必要な情報 (メールアドレス、電話番号、従業員名など) を決定し、ディレクトリーに追加します。
  • 電子メールアプリケーション (特に電子メールサーバー)すべての電子メールサーバーには、ディレクトリーで利用可能なメールアドレス、ユーザー名、および一部のルーティング情報が必要です。ただし、ユーザーのメールボックスが格納されているディスク上の場所や、不在時の自動返信情報、プロトコル情報 (たとえば、IMAP と POP) など、より高度な情報が必要です。
  • ディレクトリー対応人事アプリケーション。これには、マイナンバー、自宅住所、自宅電話番号、生年月日、所得、およびジョブタイトルなど、より個人的な情報が必要です。
  • Microsoft Active Directory.Windows User Sync により、Windows ディレクトリーサービスを統合して、Directory Server と連動できます。どちらのディレクトリーでも、ユーザー情報 (ユーザー名とパスワード、メールアドレス、電話番号など) およびグループ情報 (メンバー) を保存できます。ユーザー、グループ、その他のディレクトリーデータがスムーズに同期できるように、既存の Windows サーバー導入の後に Directory Server の導入をスタイルします (またはその逆)。
ディレクトリーを使用するアプリケーションを検証する場合は、各アプリケーションが使用する情報の種類を確認します。以下の表は、アプリケーションの例と、各アプリケーションによって使用される情報を示しています。

表2.1 アプリケーションデータニーズの例

アプリケーション データのクラス データ
電話帳 名前、メールアドレス、電話番号、ユーザー ID、パスワード、部署番号、マネージャー、メール停止
Web サーバー 人、グループ ユーザー ID、パスワード、グループ名、グループメンバー、グループ所有者
カレンダーサーバー 人、会議室 名前、ユーザー ID、立方数、会議室名
アプリケーションおよび各アプリケーションによって使用される情報の特定後、一部のタイプのデータが複数のアプリケーションによって使用されていることが明確になります。データ計画段階でこのような演習を実行すると、ディレクトリーにおけるデータ冗長性の問題を回避し、ディレクトリー依存アプリケーションが必要とするデータをより明確にすることができます。
ディレクトリーで維持するデータの種類および情報をディレクトリーに移行する時期に関する最終的な決定は、以下の要因の影響を受けます。
  • さまざまなレガシーアプリケーションとユーザーが必要とするデータ
  • レガシーアプリケーションの LDAP ディレクトリーと通信する能力