Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Directory Server

2.2. ディレクトリーニーズの定義

ディレクトリーデータを設計する場合は、現在必須なデータだけでなく、ディレクトリー (および組織) が時間の経過と共にどのように変化するのかも考えてください。設計プロセス中にディレクトリーの今後のニーズを検討すると、ディレクトリー内のデータが構造化され、分散される方法が異なります。
以下の点に注意してください。
  • 今ディレクトリーに何を格納すべきか
  • ディレクトリーを導入するすることで、どんな直近の問題が解決されるか
  • 使用中のディレクトリー対応アプリケーションの直近のニーズは何か
  • 近日中にディレクトリーに追加される情報は何か。たとえば、ある企業では、現在 LDAP をサポートしていない会計パッケージを使用しているが、これが数ヶ月後に LDAP 対応になる可能性があります。LDAP 対応アプリケーションで使用されるデータを特定し、技術が利用可能になった時点でデータをディレクトリーに移行する計画を作成します。
  • 今後、ディレクトリーに格納されている可能性のある情報は何か。たとえば、ホスト企業は、イメージやメディアファイルを格納する必要があるなど、現行の顧客とは異なるデータ要件を持つ顧客を持つ可能性があります。これは予測が困難な回答ですが、予期せぬ成果を生む場合があります。この種の計画は、少なくとも、考慮されなかった可能性のあるデータソースの特定に役立ちます。