Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Directory Server

2.4. サイト調査の文書化

データ設計の複雑性により、サイト調査の結果を文書化します。サイト調査の各ステップでは、単純なテーブルを使用してデータを追跡することができます。決定および未処理の懸念を概説する、マスターテーブルの構築を検討します。テーブルの内容の並べ替えと検索を簡単に行えるように、適切なヒントとしてはスプレッドシートを使用します。
表2.4「例: データ所有者およびアクセスの一覧」は、サイト調査によって識別された各データに対するデータの所有者とデータアクセスを特定しています。

表2.4 例: データ所有者およびアクセスの一覧

データ名 所有者 サプライヤーサーバー/アプリケーション 自己読み取り/書き込み グローバルな読み取り 人事部門による書き込み 情報システム部門による書き込み
従業員名 HR PeopleSoft 読み取り専用 ◯ (匿名)
ユーザーパスワード IS Directory US-1 読み取り/書き込み いいえ
自宅電話番号 HR PeopleSoft 読み取り/書き込み はい
従業員のロケーション IS Directory US-1 読み取り専用 ○ (ログインが必要)
オフィスの電話番号 ファシリティー Phone switch 読み取り専用 ◯ (匿名)
表の各行には、評価されている情報、関連する部署、その情報の使用方法、およびアクセス方法が表示されます。たとえば、1 行目では、従業員名 データには以下のような管理上の考慮事項があります。
  • 所有者: 人事部門はこの情報を所有しているため、更新や変更を行います。
  • サプライヤーサーバー/アプリケーション: PeopleSoft アプリケーションは従業員名の情報を管理します。
  • 自己読み取り/書き込み: ユーザーは自分の名前を読み取ることができますが、書き込み (または変更) することはできません。
  • グローバルな読み取り: 従業員名は、ディレクトリーへのアクセスがあるすべてのユーザーが匿名で読み取ることができます。
  • 人事部門による書き込み: 人事グループのメンバーは、ディレクトリー内の従業員名を変更、追加、および削除できます。
  • 情報システム部門による書き込み: 情報サービスグループのメンバーは、ディレクトリー内の従業員名を変更、追加、および削除できます。