Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Directory Server

3.3.2. スキーマ要素へのデータのマッチング

サイト調査で特定されたデータは、既存のディレクトリースキーマにマッピングされる必要があります。このプロセスには、以下のステップが必要です。
  1. データが記述するオブジェクトのタイプを特定する。
    サイト調査で説明されるデータに最もマッチするオブジェクトを選択します。データは、複数のオブジェクトを記述できる場合があります。ディレクトリースキーマで違い記述する必要があるかどうかを判断します。
    たとえば、電話番号は、従業員の電話番号と会議部屋の電話番号を記述できます。ディレクトリースキーマで、これらの異なるデータを異なるオブジェクトとして見なす必要があるかどうかを判断します。
  2. デフォルトスキーマから類似のオブジェクトクラスを選択する。
    グループ、ユーザー、組織など、共通のオブジェクトクラスを使用すると良いでしょう。
  3. マッチするオブジェクトクラスから類似の属性を選択する。
    マッチするオブジェクトクラスから、サイト調査で特定されたデータと最もマッチする属性を選択します。
  4. サイト調査からマッチしないデータを特定する。
    デフォルトのディレクトリースキーマで定義されたオブジェクトクラスおよび属性とマッチしないデータがある場合には、スキーマをカスタマイズします。詳細は、「スキーマのカスタマイズ」を参照してください。
たとえば、以下の表では、ディレクトリースキーマ要素を「2章ディレクトリーデータのプランニング」のサイト調査中に特定されたデータにマッピングしています。

表3.1 デフォルトのディレクトリースキーマにマッピングされるデータ

データ 所有者 オブジェクトクラス 属性
従業員名 HR person cn (commonName)
ユーザーパスワード IS person userPassword
自宅電話番号 HR inetOrgPerson homePhone
従業員のロケーション IS inetOrgPerson localityName
オフィスの電話番号 ファシリティー person telephoneNumber
表3.1「デフォルトのディレクトリースキーマにマッピングされるデータ」では、従業員名はユーザーを説明しています。デフォルトのディレクトリースキーマには、top オブジェクトクラスから継承する person オブジェクトクラスがあります。このオブジェクトクラスは、複数の属性 (そのうちの 1 つは cn または commonName 属性) がユーザーのフルネームを記述することを許可します。この属性は、従業員名データを含めるのに最もマッチします。
ユーザーパスワードも、person オブジェクトクラスの要素を記述し、userPassword 属性は person オブジェクトクラスの許可される属性に一覧表示されます。
自宅の電話番号は、person の要素を記述します。ただし、person オブジェクトクラスに関連付けられたリストには関連する属性はありません。自宅電話番号は、組織のエンタープライズネットワークにおける person の要素を記述します。このオブジェクトは、ディレクトリースキーマの inetOrgPerson オブジェクトクラスに対応します。TheinetOrgPerson オブジェクトクラスは、person オブジェクトクラスから継承する organizationPerson オブジェクトクラスから継承します。inetOrgPerson オブジェクトの許可される属性には、従業員の自宅電話番号を含めるのに適した homePhone 属性があります。
注記
Red Hat Directory Server 10 Configuration, Command, and File Reference』は、データで利用可能な属性を判断するのに役に立ちます。各属性はそれを受け入れるオブジェクトクラスと共に一覧表示され、各オブジェクトクラスは必要な属性および許可される属性と共に相互リストされます。