Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Directory Server

3.5.3. 一貫性のあるデータフォーマットの選択

LDAP スキーマを使用すると、任意の属性値に任意のデータを配置できます。ただし、LDAP クライアントアプリケーションおよびディレクトリーユーザーに適した形式を選択して、一貫性を維持してディレクトリーツリーでデータを保存することが重要になります。
LDAP プロトコルおよび Directory Server では、データは RFC 2252 で指定されたデータ形式で示される必要があります。たとえば、電話番号に関する正しい LDAP 形式は、2 つの ITU-T 推奨ドキュメントで定義されます。
  • ITU-T Recommendation E.123: 国内およびおよび国際電話番号の記法
  • ITU-T Recommendation E.163: 国際的な電話サービスの番号付けプランたとえば、米国の電話番号は、+1 555 222 1717 の形式になります。
別の例として、postalAddress 属性は、ドル記号 ($) を行区切り文字として使用する複数行文字列の形式の属性値を想定します。適切にフォーマットされたディレクトリーエントリーは以下のように表示されます。
postalAddress: 1206 Directory Drive$Pleasant View, MN$34200
属性には、文字列、バイナリー入力、整数その他の形式が必要になる場合があります。使用できる形式は、属性のスキーマ定義に設定されます。