Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Directory Server

1.4.2. ディレクトリーのデプロイ

Directory Server 導入の最初のステップは、テストサーバーインスタンスをインストールし、サービスがユーザーの負荷を処理できるようにすることです。初期設定でサービスが適切でない場合には、デザインを調整して再度テストします。自信を持ってエンタープライズ環境に導入できる堅牢なサービスになるまで、設計を調整します。
パイロット版ディレクトリーの作成と実装に関する包括的な概要は、『「Understanding and Deploying LDAP Directory Services」』(T. Howes, M. Smith, G. Good, Macmillan Technical Publishing, 1999) を参照してください。
適切なテスト用 Directory Server インスタンスを作成して調整した後に、ディレクトリーサービスを実稼働環境に移行するための計画を作成します。計画には、以下の考慮事項を含めます。
  • 必須リソースの推定
  • 達成すべき事項および時期に関するスケジュール
  • 導入の成功を測定するための基準セット
ディレクトリーサービスのインストールに関する情報は『Red Hat Directory Server インストールガイド』を、ディレクトリーの管理および維持に関する情報は『Red Hat Directory Server 管理ガイド』を、それぞれを参照してください。