Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Directory Server

4.3. ディレクトリーエントリーのグループ化

必要なエントリーを作成したら、管理を容易にするためにそれらをグループ化します。Directory Server は、エントリーをグループ化するための複数の方法をサポートします。
  • グループの使用
  • ロールの使用

4.3.1. グループについて

グループは、名前が示すように、ユーザーのコレクションです。Directory Server にはいくつかの異なるタイプのグループがあり、証明書グループ、URL グループ、および一意のグループ (各メンバーが一意でなければならない) など、許可されるメンバーシップのタイプを反映します。それぞれのグループタイプは、オブジェクトクラス (groupOfUniqueNames など) および対応するメンバー属性 (uniqueMemberなど) で定義されます。
グループのタイプは、メンバーのタイプを識別します。グループの設定は、それらのメンバーをグループに追加する方法によって異なります。Directory Server には 2 種類のグループがあります。
  • 静的グループ には、グループエントリーに手動で追加されるメンバーの、有限な定義済みのリストがあります。
  • 動的グループ は、フィルターを使用してグループのメンバーであるエントリーを認識します。したがって、グループメンバーシップはグループフィルターに一致するエントリーが変わるにつれて絶えず変更されます。
グループは、Directory Server におけるエントリーを整理する最も単純な形態です。これらは主に手動で設定され、組織の方法以外に機能や動作がありません。(実際、操作を実行するために LDAP クライアントはグループを操作することはできますが、グループはディレクトリーエントリーに対してなにも「実行」しません。)

4.3.1.1. ユーザーエントリーにおけるグループメンバーシップの一覧表示

グループは基本的にユーザー DN のリストです。デフォルトでは、グループメンバーシップはユーザーエントリーにではなく、グループエントリー自体にのみ反映されます。ただし、memberOf プラグインでは、グループメンバーエントリーを使用してユーザーエントリーを動的に更新し、ユーザーエントリーで ユーザーが所属するグループを反映させます。MemberOf プラグインは、指定されたメンバー属性を持つグループエントリーを自動的にスキャンし、すべてのユーザー DN のトレースを行い、名前とグループでユーザーエントリーに対応する memberOf 属性を作成します。
グループメンバーシップは、グループエントリーのメンバー属性によって 決定されます が、ユーザーのすべてのグループのグループメンバーシップは、memberOf 属性のユーザーのエントリーに 反映されます。ユーザーが属するすべてのグループの名前は memberOf 属性として一覧表示されます。これらの memberOf 属性の値は、Directory Server によって管理されます。
注記
「複数のデータベースの使用について」で概説するように、異なるデータベースに異なる接尾辞を保存することができます。
デフォルトでは、MemberOf プラグインは、グループと同じデータベースにあるユーザーのメンバーのみを検索します。ユーザーがグループとは異なるデータベースに保存されている場合は、プラグインはその関係を認定できないため、ユーザーエントリーは memberOf 属性で更新されません。
memberOfAllBackends 属性を有効にすると、設定されたすべてのデータベースを検索するように MemberOf プラグインを設定できます。
プラグインエントリーに複数値の memberofgroupattr を設定することで、複数のメンバー属性を識別するように MemberOf プラグインの 1 つのインスタンスを設定できます。そのため、MemberOf プラグインは複数のグループタイプを管理できます。

4.3.1.2. グループへの新規エントリーの自動追加

グループ管理は、特に Directory Server データおよび組織を使用するクライアントや、グループを使用してエントリーに機能を適用するクライアントなど、ディレクトリーデータを管理する上で重要な要素となります。グループにより、ディレクトリー全体で一貫して、信頼できるポリシーの適用が容易になります。パスワードポリシー、アクセス制御リスト、その他のルールはすべてグループメンバーシップに基づいて設定できます。
アカウントの作成時に、新しいエントリーをグループに自動的に割り当てることができるため、管理者の介入なしに、適切なポリシーと機能がそれらのエントリーに即座に適用されるようにします。
自動メンバーシッププラグイン により、基本的に、静的グループが動的グループのように動作できるようにします。これは、(エントリー属性、ディレクトリーの場所、正規表現に基づく) ルールのセットを使用して、ユーザーを自動的に指定されたグループに割り当てます。
他の属性の値によっては、LDAP 検索フィルターに一致するエントリーを異なるグループに追加する必要がある場合があります。たとえば、IP アドレスや物理的な場所に応じて、異なるグループにマシンを追加しないといけない場合があります。ユーザーは、従業員 ID 番号に応じて異なるグループに置かなければならない場合があります。
自動メンバー定義は、自動メンバーシッププラグインコンテナー、次に自動メンバー定義、次にその定義の正規表現条件による、ネスティングされたエントリーのセットです。

図4.13 正規表現の条件

正規表現の条件
注記
自動メンバーシップの割り当ては、エントリーが Directory Server に追加される場合にのみ自動的に行われます。
自動メンバールールを満たすように編集される既存のエントリーの場合、適切なグループメンバーシップを割り当てるために実行できる修正タスクがあります。