Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Directory Server

3.4.2. オブジェクト識別子の取得と割り当て

各 LDAP オブジェクトクラスまたは属性には、一意の名前と オブジェクト識別子 (OID)を割り当てる必要があります。スキーマが定義されている場合、要素には組織に固有のベース OID が必要です。すべてのスキーマニーズを満たすのに、1 つの OID で十分です。別の階層レベルを追加して、属性とオブジェクトクラスの新規ブランチを作成します。スキーマで OID を取得して割り当てるには、以下のステップが必要です。
  1. Internet Assigned Numbers Authority (IANA) または国際的な組織から OID を取得します。
    国によっては、企業に OID がすでに割り当てられています。組織に OID がない場合は、IANA から取得できます。詳細は、IANA の Web サイト (http://www.iana.org/cgi-bin/enterprise.pl) にアクセスしてください。
  2. OID 割り当てを追跡する OID レジストリーを作成します。
    OID レジストリーは、OID と、ディレクトリースキーマで使用される OID の説明のリストです。これにより、OID が複数の目的に使用されないようにします。次に、スキーマに OID レジストリーをパブリッシュします。
  3. スキーマ要素に対応するために OID ツリーでブランチを作成します。
    属性用に OID.1 を、オブジェクトクラス用に OID.2 を、それぞれ使用して、OID ブランチまたはディレクトリースキーマに 2 つ以上のブランチを作成します。カスタムマッチングルールまたは制御を定義するには、必要に応じて新規ブランチを追加します (例: OID.3)。