Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Directory Server

9.4.6. パスワードなしの認証

認証の試行では、最初に、ユーザーアカウントに認証機能があるかどうかが評価されます。アカウントはアクティブである必要があり、ロックされてはならず、該当するパスワードポリシーに従って有効なパスワードを持っている必要があります (つまり、期限切れにならず、リセットする必要があります)。
ユーザーに認証を許可する必要があるかどうかの評価を実行する必要がある場合がありますが、ユーザーは実際には Directory Server にバインドするべきではありません (またはバインドできません)。たとえば、システムは PAM を使用してシステムアカウントを管理することができ、PAM は LDAP ディレクトリーをアイデンティティーストアとして使用するように設定されます。ただし、システムは SSH キーや RSA トークンなどのパスワードなしのクレデンシャルを使用しており、これらのクレデンシャルを渡して Directory Serve rに認証することはできません。
Red Hat Directory Server は、ldapsearchAccount Usability Extension Control をサポートします。このコントロールは、アカウントのステータスと有効なパスワードポリシー (リセットの要求、パスワード期限切れの警告、パスワード期限切れ後の猶予ログインの回数など) に関する情報を返します。これは、バインドの試行で返されるすべての情報ですが、ユーザーとして Directory Server には認証およびバインドされません。これにより、クライアントは Directory Server の設定と情報に基づいてユーザーに認証を許可するかどうかを決定できますが、実際の認証プロセスは Directory Server の外部で実行されます。
この制御を PAM などのシステムレベルのサービスで使用すると、パスワードなしのログインが可能になります。このログインでは、引き続き Directory Server を使用して ID を保存し、アカウントのステータスを制御します。
注記
Account Usability Extension Control は、デフォルトでは Directory Manager のみが使用できます。他のユーザーが制御を使用できるようにするには、サポートされるコントロールエントリーに適切な ACI を設定します (oid=1.3.6.1.4.1.42.2.27.9.5.8,cn=features,cn=config)。