Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Directory Server

5.3.3. Classic CoS について

従来の CoS は、DN とターゲットエントリーのいずれかの属性の値の両方で、テンプレートエントリー を特定します。Classic CoS には、他の CoS テンプレートに属していないエントリーに適用されるデフォルトの CoS テンプレートなどの複数のテンプレートエントリーを持つことができます。

図5.3 Classic CoS のサンプル

Classic CoS のサンプル
この例では、CoS 定義エントリーの cosSpecifier 属性は、employeeType 属性を指定しています。この属性は、テンプレート DN と組み合わせて、テンプレートエントリーを cn=sales,cn=exampleUS,cn=data として特定します。その後、テンプレートエントリーは、postalCode 属性値をターゲットエントリーに提供します。