Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Directory Server

B.2.3. 使用方法

rsearch ユーティリティーを使用すると、LDAP 操作のパフォーマンスを測定できます。以下の例は、さまざまな共通 テストシナリオに rsearch を使用する方法を示しています。
注記
rsearch には filter や scope などの検索パラメーターの引数が必要ですが、これらの引数は、他の種類の LDAP 操作のテストを実行するために空のままにすることができます。以下に例を示します。
# rsearch -D "cn=Directory Manager" -w secret -s "" -f ""

B.2.3.1. 許可された設定ファイル

多くの場合、rsearch ツールはコマンドラインで渡された情報を使用してサーバーに接続します。rsearch ツールは、渡された引数の代わりに使用する 2 つの異なる設定ファイルを受け入れます。
  • UID または UID のいずれかの一覧が含まれる DN または UID ファイル。DN/UID ファイルでは、rsearch は、複数のランダムに選択されているバインド ID を使用して接続することができます。任意の操作テストは、bind/unbind テストと組み合わせることができます。
    警告
    コマンドがディレクトリーからすでに削除された DN/UID ファイルのアイデンティティーでバインドしようとする可能性があるため、ランダムバインド ID は delete テストで使用しないでください。
    DN/UID ファイルは -B オプションとともに使用して、ファイルを渡してから操作オプション(-c、-d、-m、または - x)で使用されます。
  • 指定の LDAP フィルターの一部として使用する名前の一覧を含む名前 ファイル。ファイルのフィルターは、- f オプションで指定したものよりも複雑になります。フィルターファイルを使用して、複数の検索テストを実行できます。たとえば、フィルターの数だけがあると、ツールはキャッシュからの結果の取得を開始し、無効なフィルターを使用すると検索の失敗をテストできます。完全一致、複雑なフィルター、属性検索などのフィルターパフォーマンスをテストすることもできます。
    フィルターファイルを使用する場合は、-f オプションをプレースホルダーの値で渡す必要があります。プレースホルダーは cn=%s などの属性値のみを置き換えるために使用できます。これにより、フィルターファイルから属性値変数がプルするようにコマンドに指示します。プレースホルダーは、フィルター自体(-f "%s")を置き換えることで、ファイルからランダムに選択したフィルターを指定することもできます。
    -i オプションは、検索フィルターに使用する名前ファイルを渡します。ファイルのすべての行は、- f オプションで指定するフィルターに追加されます。これらの 2 つのオプションを一緒に使用できる方法は複数あります。
    • 最も簡単なシナリオでは、- f オプションを空のままにするため、プレースホルダーだけになります。この場合、フィルターは -i オプションで指定したファイルから直接取得されます。
    • または、ファイル内のエントリーは単に名前のリストになる可能性があり、- f オプションには部分的なフィルターを指定することもできます。たとえば、名前ファイルは UID(jsmith、bjensen、amorrow)の一覧を持ち、- f フィルターは "uid=" にすることができますrsearch は、検索フィルターを完了するための名前を自動的に追加します。