Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Directory Server

4.16. Retro Changelog プラグイン属性

Directory Server では、2 種類の changelogs が維持されます。changelog と呼ばれる最初のタイプは、マルチマスターレプリケーションによって使用され、2 番目の changelog( Retro Changelog と呼ばれるプラグイン)は、 Directory Server 4.x バージョンとの互換性を維持するために LDAP クライアントによって使用されます。
Retro Changelog プラグインを使用すると、サプライヤーサーバーに加えられた変更の記録に使用されます。サプライヤーサーバーのディレクトリーが変更されると、エントリーは以下の両方が含まれる Retro Changelog に書き込まれます。
  • 変更を一意に識別する数字。この数字は、changelog の他のエントリーに関連して順番に実行されます。
  • 変更アクション。つまり、ディレクトリーの変更方法になります。
これは、cn =changelog 接尾辞の検索を使用して、Directory Server に加えられた変更がアクセスする Retro Changelog プラグインを介して行われます。

4.16.1. isReplicated

このオプションの属性では、変更がサーバーで新たに作成されるか、または別のサーバーからレプリケートされたかどうかに関係なく、変更ログを示すフラグを設定します。
パラメーター 説明
OID 2.16.840.1.113730.3.1.2085
エントリー DN cn=Retro Changelog Plugin,cn=plugins,cn=config
有効な値 true | false
デフォルト値 なし
構文 ブール値
isReplicated: true