Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Directory Server

第4章 プラグイン実装サーバー機能に関するリファレンス

本章では、Red Hat Directory Server プラグインに関する参考情報を説明します。
Directory Server プラグイン機能の各部分の設定には、独自のエントリーと、サブツリー cn=plugins,cn=config 下の属性セットがあります。
dn: cn=Telephone Syntax,cn=plugins,cn=config
objectclass: top
objectclass: nsSlapdPlugin
objectclass: extensibleObject
cn: Telephone Syntax
nsslapd-pluginPath: libsyntax-plugin
nsslapd-pluginInitfunc: tel_init
nsslapd-pluginType: syntax
nsslapd-pluginEnabled: on
これらの属性の一部はすべてのプラグインに共通していますが、他の属性は特定のプラグインに固有のものである可能性があります。cn=config サブツリーで ldapsearch を実行して、特定のプラグインで現在使用されている属性を確認します。
すべてのプラグインは nsSlapdPlugin オブジェクトクラスのインスタンスであり、拡張可能なObject オブジェクトクラス を継承します。サーバーによって考慮されるプラグイン設定属性については、以下の例のように、これらのオブジェクトクラス( トップ オブジェクトクラスに加えて)の両方がエントリーに存在する必要があります。
dn:cn=ACL Plugin,cn=plugins,cn=config
objectclass:top
objectclass:nsSlapdPlugin
objectclass:extensibleObject

4.1. サーバープラグインの機能リファレンス

以下の表は、Directory Server で提供されるプラグインの概要と、設定可能なオプション、設定可能な引数、デフォルト設定、依存関係、一般的なパフォーマンス関連の情報、さらに読み取りを行います。この表は、プラグインのパフォーマンスが向上する上で、コストが上がり、デプロイメントに最適な設定を選択するのに役立ちます。Further Information セクションには、この利用可能なクロス参照(詳細は相互参照)のセクションがあります。

4.1.1. 7-bit Check プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID NS7bitAtt
設定エントリーの DN cn=7-bit check,cn=plugins,cn=config
詳細 特定の属性が 7 ビットのクリーニングであることを確認する
タイプ preoperation
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 on
設定可能な引数 その後にチェックが実行される属性(uidメールユーザーパスワード)の後に "," 接尾辞が続きます。
依存関係 データベース
パフォーマンス関連の情報 なし
追加情報 Directory Server が、日本語などの ASCII 以外の文字を使用する場合は、このプラグインをオフにします。

4.1.2. ACL プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID acl
設定エントリーの DN cn=ACL Plugin,cn=plugins,cn=config
詳細 ACL アクセスチェックプラグイン
タイプ accesscontrol
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 on
設定可能な引数 None
依存関係 データベース
パフォーマンス関連の情報 アクセス制御により、パフォーマンスが最小限に抑えられます。サーバーのアクセス制御の主な方法であるため、このプラグインを有効にしたままにしておきます。
追加情報 『Red 『Hat Directory Server 管理ガイド』の「アクセス制御の管理」の章を参照してください』。

4.1.3. ACL Preoperation プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID acl
設定エントリーの DN cn=ACL preoperation,cn=plugins,cn=config
詳細 ACL アクセスチェックプラグイン
タイプ preoperation
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 on
設定可能な引数 None
依存関係 データベース
パフォーマンス関連の情報 アクセス制御により、パフォーマンスが最小限に抑えられます。サーバーのアクセス制御の主な方法であるため、このプラグインを有効にしたままにしておきます。
追加情報 『Red 『Hat Directory Server 管理ガイド』の「アクセス制御の管理」の章を参照してください』。

4.1.4. Account Policy プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID なし
設定エントリーの DN cn=Account Policy Plugin,cn=plugins,cn=config
詳細 特定の有効期限または非アクティブ期間の後にユーザーアカウントをロックするポリシーを定義します。
タイプ object
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 off
設定可能な引数 グローバルアカウントポリシー設定を含む設定エントリーへのポインター。
依存関係 データベース
パフォーマンス関連の情報 なし
追加情報 このプラグイン設定は、アカウントの非アクティブ化および有効期限データのサーバー全体の設定に使用される設定エントリーを参照します。個別の(subtree-level または user-level)アカウントポリシーは、acctPolicySubentry オブジェクトクラスのインスタンスとしてディレクトリーエントリーとして定義できます。これらの設定エントリーは、サービスのクラスを使用してユーザーまたはロールに適用することができます。

4.1.5. Account Usability プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID acctusability
設定エントリーの DN cn=Account Usability Plugin,cn=plugins,cn=config
詳細 特定のユーザーとして実際に認証せずにアカウントの認証状態またはユーザビリティーをチェックします。
タイプ preoperation
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 on
依存関係 データベース
パフォーマンス関連の情報 None

4.1.6. AD DN プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID addn
設定エントリーの DN cn=addn,cn=plugins,cn=config
詳細 bind 操作に対して user _name や user_name @domain などの Active Directory 形式のユーザー名の使用を有効にします。
タイプ preoperation
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 off
設定可能な引数 addn_default_domain: ドメインなしで自動的にユーザー名に追加されるデフォルトのドメインを設定します。
依存関係 None
パフォーマンス関連の情報 None

4.1.7. Attribute Uniqueness プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID NSUniqueAttr
設定エントリーの DN cn=Attribute Uniqueness,cn=plugins,cn=config
詳細 指定の属性の値がエントリーで変更が実行されるたびに一意であることを確認します。たとえば、ほとんどのサイトではユーザー ID とメールアドレスが一意である必要があります。
タイプ preoperation
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 off
設定可能な引数 一覧表示されたすべてのサブツリーで UID 属性の一意性を確認するには、uid "DN" "DN"... を入力します。ただし、requiredObjectClass でエントリーを追加または更新する際に UID 属性の一意性をチェックするには、attribute ="uid" MarkerObjectclass = "ObjectClassName" を入力し、オプションで requiredObjectClass = "ObjectClassName" を入力します。これにより、MarkerObjectClass 属性で定義されているように ObjectClass を含む親エントリーからの必要なオブジェクトクラスの確認が開始されます。
依存関係 データベース
パフォーマンス関連の情報
Directory Server はデフォルトで UID Uniqueness プラグインを提供します。他の属性に一意の値を確保するには、属性に属性の Uniqueness Plug-in のインスタンスを作成します。属性の一意性プラグインに関する詳細は、『 『Red Hat Directory Server 管理ガイド』の「』 属性の一意性プラグインの使用」セクションを参照してください。
UID Uniqueness プラグインは、マルチマスターレプリケーション環境でプラグインを有効にする前に操作の制限に対応する必要があるため、デフォルトでオフになっています。プラグインをオンにすると、Directory Server のパフォーマンスが低下する可能性があります。
追加情報 『Red 『Hat Directory Server 管理ガイド』』 の「属性の一意性プラグインの使用」セクションを参照してください。

4.1.8. Auto Membership プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID 自動メンバーシップ
設定エントリーの DN cn=Auto Membership,cn=plugins,cn=config
詳細 automember 定義のコンテナーエントリー。automember 定義は新しいエントリーを検索し、定義した LDAP 検索フィルターと正規表現条件に一致する場合は、そのエントリーを指定されたグループに自動的に追加します。
タイプ preoperation
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 off
設定可能な引数 メインプラグインエントリーには none定義エントリーは、LDAP スコープ、LDAP フィルター、デフォルトグループ、およびメンバー属性形式を指定する必要があります。オプションの正規表現の子エントリーは、包含式と排他的な式と異なるターゲットグループを指定できます。
依存関係 データベース
パフォーマンス関連の情報 なし
追加情報 『Red 『Hat Directory Server 管理ガイド』の「グループへのエントリーの自動追加」セクションを参照してください』。

4.1.9. Binary Syntax プラグイン

警告
バイナリーの構文は非推奨になりました。代わりに Octet String 構文を使用してください。
プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID bin-syntax
設定エントリーの DN cn=Binary Syntax,cn=plugins,cn=config
詳細 バイナリーデータを処理する構文。
タイプ 構文
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 on
設定可能な引数 None
依存関係 None
パフォーマンス関連の情報 このプラグインの設定は変更しないでください。Red Hat は、このプラグインを常に実行することを推奨します。
追加情報

4.1.10. Bit String Syntax プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID bitstring-syntax
設定エントリーの DN cn=Bit String Syntax,cn=plugins,cn=config
詳細 ビット文字列構文の値および関連マッチングルールをサポートします (RFC 4517)
タイプ 構文
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 on
設定可能な引数 None
依存関係 None
パフォーマンス関連の情報 このプラグインの設定は変更しないでください。Red Hat は、このプラグインを常に実行することを推奨します。
追加情報 RFC 4517

4.1.11. Bitwise プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID bitwise
設定エントリーの DN cn=Bitwise Plugin,cn=plugins,cn=config
詳細 LDAP サーバーに対してビット単位操作を実行するためのマッチングルール
タイプ matchingrule
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 on
設定可能な引数 None
依存関係 None
パフォーマンス関連の情報 このプラグインの設定は変更しないでください。Red Hat は、このプラグインを常に実行することを推奨します。
追加情報 ビット単位のフィルターを使用した検索を実行するには、『 『管理ガイド』の「』 ディレクトリーエントリーの確認」の章を参照してください。

4.1.12. Boolean Syntax プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID boolean-syntax
設定エントリーの DN cn=Boolean Syntax,cn=plugins,cn=config
詳細 ブール値構文値(TRUE または FALSE)と関連するマッチングルールをサポートします (RFC 4517)
タイプ 構文
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 on
設定可能な引数 None
依存関係 None
パフォーマンス関連の情報 このプラグインの設定は変更しないでください。Red Hat は、このプラグインを常に実行することを推奨します。
追加情報 RFC 4517

4.1.13. Case Exact String Syntax 構文プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID ces-syntax
設定エントリーの DN cn=Case Exact String Syntax,cn=plugins,cn=config
詳細 大文字と小文字を区別しない一致または Directory String、IA5 String、および関連する構文をサポートします。これは大文字と小文字を区別する構文ではありません。このプラグインは、異なる文字列の構文に大文字と小文字を区別するルールを提供します。
タイプ 構文
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 on
設定可能な引数 None
依存関係 None
パフォーマンス関連の情報 このプラグインの設定は変更しないでください。Red Hat は、このプラグインを常に実行することを推奨します。
追加情報

4.1.14. Case Ignore String Syntax プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID directorystring-syntax
設定エントリーの DN cn=Case Ignore String Syntax,cn=plugins,cn=config
詳細 Directory String、IA5 String、および関連の構文で大文字と小文字を区別しないマッチングルールをサポートします。これは大文字と小文字を区別しない構文ではありません。このプラグインは、異なる文字列構文に大文字と小文字を区別するルールを提供します。
タイプ 構文
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 on
設定可能な引数 None
依存関係 None
パフォーマンス関連の情報 このプラグインの設定は変更しないでください。Red Hat は、このプラグインを常に実行することを推奨します。
追加情報

4.1.15. Chaining Database プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID chaining database
設定エントリーの DN cn=Chaining database,cn=plugins,cn=config
詳細 バックエンドデータベースをリンクできるようにします。
タイプ データベース
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 on
設定可能な引数 None
依存関係 None
パフォーマンス関連の情報 チェーンデータベースには、多くのパフォーマンス関連のチューニングパラメーターがあります。『Red 『Hat Directory Server 管理ガイド』の「データベースリンクの維持」セクションを参照してください』。
追加情報 チェーンデータベースは、データベースリンク とも呼ばれます。データベースリンクは、Red 『Hat Directory Server 管理ガイドの』 「ディレクトリーデータベースの設定」の章で説明されています。

4.1.16. Class of Service プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID cos
設定エントリーの DN cn=Class of Service,cn=plugins,cn=config
詳細 エントリー間で属性を共有可能
タイプ object
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 on
設定可能な引数 None
依存関係
タイプ: データベース
名前付き: 状態変更プラグイン
名前付き: ビュープラグイン
パフォーマンス関連の情報 このプラグインの設定は変更しないでください。このプラグインは常に稼働したままにしておきます。
追加情報 『Red 『Hat Directory Server 管理ガイド』の「動的属性の管理」の章を参照してください』。

4.1.17. Content Synchronization プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID content-sync-plugin
設定エントリーの DN cn=Content Synchronization,cn=plugins,cn=config
詳細 RFC 4533 に従って、Directory Server の SyncRepl プロトコルのサポートを有効にします。
タイプ object
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 off
設定可能な引数 None
依存関係 Retro Changelog プラグイン
パフォーマンス関連の情報 データを同期するためのバックエンドまたはサブツリーのクライアントアクセスを把握している場合は、それに応じて Retro Changelog プラグインの範囲を制限します。
追加情報 Red Hat Directory 管理ガイドの該当するセクションを参照してください

4.1.18. Country String Syntax プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID countrystring-syntax
設定エントリーの DN cn=Country String Syntax,cn=plugins,cn=config
詳細 国命名構文の値および関連マッチングルールをサポートします (RFC 4517)
タイプ 構文
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 on
設定可能な引数 None
依存関係 None
パフォーマンス関連の情報 このプラグインの設定は変更しないでください。Red Hat は、このプラグインを常に実行することを推奨します。
追加情報 RFC 4517

4.1.19. Delivery Method Syntax プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID delivery-syntax
設定エントリーの DN cn=Delivery Method Syntax,cn=plugins,cn=config
詳細 推奨される配信メソッドおよび関連マッチングルールのリストである値をサポートします (RFC 4517)
タイプ 構文
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 on
設定可能な引数 None
依存関係 None
パフォーマンス関連の情報 このプラグインの設定は変更しないでください。Red Hat は、このプラグインを常に実行することを推奨します。
追加情報 RFC 4517

4.1.20. deref プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID dereference
設定エントリーの DN cn=deref,cn=plugins,cn=config
詳細 ディレクトリー検索の逆参照コントロールの場合
タイプ preoperation
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 on
設定可能な引数 None
依存関係 データベース
パフォーマンス関連の情報 このプラグインの設定は変更しないでください。Red Hat は、このプラグインを常に実行することを推奨します。
追加情報 逆参照制御を使用した検索の実行については、『 『管理ガイド』の「』 ディレクトリーエントリーの確認」の章を参照してください。

4.1.21. Distinguished Name Syntax プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID dn-syntax
設定エントリーの DN cn=Distinguished Name Syntax,cn=plugins,cn=config
詳細 DN 値の構文および関連マッチングルールをサポートします (RFC 4517)
タイプ 構文
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 on
設定可能な引数 None
依存関係 None
パフォーマンス関連の情報 このプラグインの設定は変更しないでください。Red Hat は、このプラグインを常に実行することを推奨します。
追加情報 RFC 4517

4.1.22. Distributed Numeric Assignment プラグイン

プラグイン情報 詳細
プラグイン ID 分散数値割り当て
設定エントリー DN cn=Distributed Numeric Assignment Plugin,cn=plugins,cn=config
詳細 Distributed Numeric Assignmeプラグイン
タイプ preoperation
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 off
設定可能な引数
依存関係 データベース
パフォーマンス関連の情報 なし
追加情報

4.1.23. Enhanced Guide Syntax プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID enhancedguide-syntax
設定エントリーの DN cn=Enhanced Guide Syntax,cn=plugins,cn=config
詳細 検索を構築するために、属性およびフィルターに基づいて複雑な基準を作成するための 構文および関連マッチングルールをサポートします(RFC 4517)
タイプ 構文
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 on
設定可能な引数 None
依存関係 None
パフォーマンス関連の情報 このプラグインの設定は変更しないでください。Red Hat は、このプラグインを常に実行することを推奨します。
追加情報 RFC 4517

4.1.24. Facsimile Telephone Number Syntax プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID facsimile-syntax
設定エントリーの DN cn=Facsimile Telephone Number Syntax,cn=plugins,cn=config
詳細 fax 番号の構文および関連マッチングルールをサポートします (RFC 4517)
タイプ 構文
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 on
設定可能な引数 None
依存関係 None
パフォーマンス関連の情報 このプラグインの設定は変更しないでください。Red Hat は、このプラグインを常に実行することを推奨します。
追加情報 RFC 4517

4.1.25. Fax Syntax プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID fax-syntax
設定エントリーの DN cn=Fax Syntax,cn=plugins,cn=config
詳細 ファックスされたオブジェクトのイメージを保存する構文および関連マッチングルールをサポートします (RFC 4517)
タイプ 構文
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 on
設定可能な引数 None
依存関係 None
パフォーマンス関連の情報 このプラグインの設定は変更しないでください。Red Hat は、このプラグインを常に実行することを推奨します。
追加情報 RFC 4517

4.1.26. Generalized Time Syntax プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID time-syntax
設定エントリーの DN cn=Generalized Time Syntax,cn=plugins,cn=config
詳細 日付、時間、およびタイムゾーンを処理する 構文および関連マッチングルールをサポートします(RFC 4517)
タイプ 構文
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 on
設定可能な引数 None
依存関係 None
パフォーマンス関連の情報 このプラグインの設定は変更しないでください。Red Hat は、このプラグインを常に実行することを推奨します。
追加情報
一般化されている時間文字列は、4 桁の年数、たとえば 1 カ月(1 月 1 日)、2 桁 1 時間、2 桁 2 桁、2 桁 2 桁、2 桁目、オプション 10 桁の 2 桁、タイムゾーンの表示です。Red Hat は、グリニッジ標準時間を示す Z タイムゾーン表示を使用することを強く推奨します。
RFC 4517 も参照してください。

4.1.27. Guide Syntax プラグイン

警告
この構文は非推奨になりました。代わりに Enhanced Guide 構文を使用してください。
プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID guide-syntax
設定エントリーの DN cn=Guide Syntax,cn=plugins,cn=config
詳細 属性とフィルターに基づく複雑な基準を作成し、検索を構築する構文
タイプ 構文
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 on
設定可能な引数 None
依存関係 None
パフォーマンス関連の情報 このプラグインの設定は変更しないでください。Red Hat は、このプラグインを常に実行することを推奨します。
追加情報 この構文は廃止されました。代わりに Enhanced Guide 構文を使用する必要があります。

4.1.28. HTTP Client プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID http-client
設定エントリーの DN cn=HTTP Client,cn=plugins,cn=config
詳細 HTTP クライアントプラグイン
タイプ preoperation
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 on
設定可能な引数 None
依存関係 データベース
パフォーマンス関連の情報
追加情報

4.1.29. Integer Syntax プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID int-syntax
設定エントリーの DN cn=Integer Syntax,cn=plugins,cn=config
詳細 整数構文および関連マッチングルールをサポートします (RFC 4517)
タイプ 構文
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 on
設定可能な引数 None
依存関係 None
パフォーマンス関連の情報 このプラグインの設定は変更しないでください。Red Hat は、このプラグインを常に実行することを推奨します。
追加情報 RFC 4517

4.1.30. Internationalization プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID orderingrule
設定エントリーの DN cn=Internationalization Plugin,cn=plugins,cn=config
詳細 国際化された文字列をディレクトリーで順序付けできます。
タイプ matchingrule
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 on
設定可能な引数 Internationalization Plug-in には 1 つの引数がありますが、これは /etc/dirsrv/config/slapd-collations.conf ファイルの場所を指定します。このファイルは、国際語化プラグインによって使用されるコモンテーション順序とロケールを保存します。
依存関係 None
パフォーマンス関連の情報 このプラグインの設定は変更しないでください。Red Hat は、このプラグインを常に実行することを推奨します。
追加情報 Red Hat Directory Server 管理ガイドの付録の「国際化」と付録の「国際化されたディレクトリーの検索」のセクションを参照してください』。

4.1.31. JPEG Syntax プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID jpeg-syntax
設定エントリーの DN cn=JPEG Syntax,cn=plugins,cn=config
詳細 JPEG イメージデータの構文および関連マッチングルールをサポートします (RFC 4517)
タイプ 構文
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 on
設定可能な引数 None
依存関係 None
パフォーマンス関連の情報 このプラグインの設定は変更しないでください。Red Hat は、このプラグインを常に実行することを推奨します。
追加情報 RFC 4517

4.1.32. ldbm database プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID ldbm-backend
設定エントリーの DN cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config
詳細 ローカルデータベースの実装
タイプ データベース
設定可能な引数
デフォルト設定 on
設定可能な引数 None
依存関係
構文
matchingRule
パフォーマンス関連の情報 データベース設定の詳細は、「データベースプラグインの属性」 を参照してください。
追加情報 『Red 『Hat Directory Server 管理ガイド』の「ディレクトリーデータベースの設定」の章を参照してください』。

4.1.33. Linked Attributes プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID リンクされた属性
設定エントリーの DN cn=Linked Attributes,cn=plugins,cn=config
詳細 リンクされた管理属性設定エントリーのコンテナーエントリー。コンテナー内の各設定エントリーは、ある属性を別の属性にリンクするため、あるエントリー(マネージャーエントリーなど)を更新すると、そのエントリーに関連付けられたエントリー(カスタム directReports 属性など)が自動的にユーザー指定の対応する属性で自動的に更新されます。
タイプ preoperation
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 off
設定可能な引数 メインプラグインエントリーには none各プラグインインスタンスには、3 つの可能な属性があります。
linkType - プラグインが監視するプライマリー属性を設定します。
managedType - linkType の属性が変更されるたびにプラグインによって動的に管理される属性を設定します。
linkScope - ディレクトリーツリー内の特定のサブツリーにプラグインのアクティビティーを制限します。
依存関係 データベース
パフォーマンス関連の情報 linkType の属性セットは、DN 形式の値のみを許可する必要があります。managedType の属性セットは多値でなければなりません。
追加情報 『Red 『Hat Directory Server 管理ガイド』の「属性の管理」の章および「 「Linked Attributes 属性プラグインの属性」 」を参照してください』。

4.1.34. Managed Entries プラグイン

プラグイン情報 詳細
プラグイン ID 管理対象エントリー
設定エントリー DN cn=Managed Entries,cn=plugins,cn=config
詳細 自動生成されたディレクトリーエントリーのコンテナーエントリー。各設定エントリーは、ターゲットサブツリーとテンプレートエントリーを定義します。ターゲットサブツリーに一致するエントリーが作成されると、プラグインはテンプレートに基づいて新規に関連するエントリーを自動的に作成します。
タイプ preoperation
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 off
設定可能な引数 メインプラグインエントリーには none各プラグインインスタンスには、以下の 4 つの属性があります。
originScope - 検索ベースを設定します。
originFilter - 一致するエントリーの検索ベースを設定します。
managedScope - 新しい管理エントリーを作成するサブツリーを設定します。
managedTemplate - 管理エントリーの作成に使用されるテンプレートエントリー
依存関係 データベース
パフォーマンス関連の情報 なし
追加情報

4.1.35. MemberOf プラグイン

プラグイン情報 詳細
プラグイン ID memberOf
設定エントリー DN cn=MemberOf Plugin,cn=plugins,cn=config
詳細 グループエントリーの memberOf 属性に基づいて、ユーザーエントリーの member 属性を管理します。
タイプ postoperation
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 off
設定可能な引数
memberOfAttr グループメンバーシップを表示する人のエントリーで生成する属性を設定します。
memberOfGroupAttr グループメンバーの DN を識別するのに使用する属性を設定します。
依存関係 データベース
パフォーマンス関連の情報 なし
追加情報

4.1.36. Multi-master Replication プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID replication-multimaster
設定エントリーの DN cn=Multimaster Replication plugin,cn=plugins,cn=config
詳細 現在の 2 つの Directory Server 間のレプリケーションを有効にします。
タイプ object
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 on
設定可能な引数 None
依存関係
名前付き: ldbm データベース
名前付き: DES
Named: サービスのクラス
パフォーマンス関連の情報
追加情報 1 つのサーバーが複製されない場合は、このプラグインをオフにします。『Red 『Hat Directory Server 管理ガイド』の「レプリケーションの管理」の章を参照してください』。

4.1.37. Name and Optional UID Syntax プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID nameoptuid-syntax
設定エントリーの DN cn=Name And Optional UID Syntax,cn=plugins,cn=config
詳細 任意の一意の ID で DN を保存し、検索する 構文および関連マッチングルールをサポートします(RFC 4517)
タイプ 構文
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 on
設定可能な引数 None
依存関係 None
パフォーマンス関連の情報 このプラグインの設定は変更しないでください。Red Hat は、このプラグインを常に実行することを推奨します。
追加情報
任意の UID は、DN 属性または命名属性を持つ可能性があるエントリーを区別するために使用されます。
RFC 4517 も参照してください。

4.1.38. Numeric String Syntax プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID numstr-syntax
設定エントリーの DN cn=Numeric String Syntax,cn=plugins,cn=config
詳細 番号およびスペースの文字列の構文および関連 マッチングルールをサポートします(RFC 4517)
タイプ 構文
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 on
設定可能な引数 None
依存関係 None
パフォーマンス関連の情報 このプラグインの設定は変更しないでください。Red Hat は、このプラグインを常に実行することを推奨します。
追加情報 RFC 4517

4.1.39. Octet String Syntax プラグイン

注記
非推奨の Binary の代わりに Octet String 構文を使用してください。
プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID octetstring-syntax
設定エントリーの DN cn=Octet String Syntax,cn=plugins,cn=config
詳細 オクテット文字列構文および関連マッチングルールをサポートします (RFC 4517)
タイプ 構文
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 on
設定可能な引数 None
依存関係 None
パフォーマンス関連の情報 このプラグインの設定は変更しないでください。Red Hat は、このプラグインを常に実行することを推奨します。
追加情報 RFC 4517

4.1.40. OID Syntax プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID oid-syntax
設定エントリーの DN cn=OID Syntax,cn=plugins,cn=config
詳細 オブジェクト識別子(OID)構文および関連マッチングルールをサポートします (RFC 4517)
タイプ 構文
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 on
設定可能な引数 None
依存関係 None
パフォーマンス関連の情報 このプラグインの設定は変更しないでください。Red Hat は、このプラグインを常に実行することを推奨します。
追加情報 RFC 4517

4.1.41. PAM Pass Through Auth プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID pam_passthruauth
設定エントリーの DN cn=PAM Pass Through Auth,cn=plugins,cn=config
詳細 PAM のパススルー認証を有効にします。つまり、PAM サービスは Directory Server をユーザー認証ストアとして使用することができます。
タイプ preoperation
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 on
設定可能な引数 None
依存関係 データベース
パフォーマンス関連の情報
追加情報 『Red 『Hat Directory Server 管理ガイド』の「PAM パススルー認証の使用」セクションを参照してください』。

4.1.42. Pass Through Authentication プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID passthruauth
設定エントリーの DN cn=Pass Through Authentication,cn=plugins,cn=config
詳細 パススルー認証を有効にする (あるディレクトリーが別のディレクトリーによるバインド要求を認証できるようにするメカニズム)。
タイプ preoperation
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 off
設定可能な引数 ldap://example.com:389/o=example
依存関係 データベース
パフォーマンス関連の情報 パススルー認証は、リモートサーバーに追加のホップを作成する必要があるため、バインド要求がほとんど低下するためです。『Red 『Hat Directory Server 管理ガイド』の「パススルー認証の使用」の章を参照してください』。
追加情報 『Red 『Hat Directory Server 管理ガイド』の「パススルー認証プラグインの使用」の章を参照してください』。

4.1.43. パスワードストレージスキーム

Directory Server は、パスワードストレージスキームをプラグインとして実装します。ただし、cn =Password Storage Schemes,cn=plugins,cn=config エントリー自体はプラグインエントリーではなく、コンテナーではありません。パスワードストレージスキームプラグインは、このコンテナーのサブエントリーとして保存されます。
パスワードストレージのスキームをすべて表示するには、次のコマンドを実行します。
# ldapsearch -D "cn=Directory Manager" -W -p 389 -h server.example.com -x \
     -b "cn=Password Storage Schemes,cn=plugins,cn=config" -s sub "(objectclass=*)" dn
警告
Red Hat は、パスワードスキームプラグインを無効にし、予測不可能な認証動作を防ぐためにプラグインの設定を変更しないことを推奨します。

強力なパスワードストレージスキーム

Red Hat は、以下の強固なパスワードストレージスキームのみを使用することを推奨しています(最初は最も強い)。
  • PBKDF2_SHA256
    パスワードベースの鍵派生関数 2(PBKDF2)は、ブルートフォース攻撃をカウンターするためにリソースを展開するように設計されています。PBKDF2 は、ハッシュアルゴリズムを適用する変数の数に対応します。反復が高いほどセキュリティーが強化されますが、より多くのハードウェアリソースが必要になります。Directory Server では、30,000 の反復を使用して SHA 256 アルゴリズムを適用する PBKDF2_SHA 256 スキームが実装されます。この値はハードコーディングされ、管理者が対話せずに Directory Server の今後のバージョンで増加します。
    注記
    Red Hat Enterprise Linux 6 のネットワークセキュリティーサービス(NSS)データベースは、PBKDF2 をサポートしません。したがって、Directory Server 9 のレプリケーショントポロジーでは、このパスワードスキームを使用することはできません。
  • SSHA512 (デフォルト)
    salted secure hashing algorithm(SSHA)は、無作為に生成される salt を使用してハッシュ化されたパスワードのセキュリティーを強化するために、安全なハッシュアルゴリズム(SHA)の強化されたバージョンを実装します。SSHA512 は、512 ビットを使用してハッシュアルゴリズムを実装します。

脆弱なパスワード保存スキーム

Directory Server は、推奨の強力なパスワードストレージスキームのほかに、後方互換性のために、以下の弱いスキームに対応します。
AES
消去
CRYPT
CRYPT-MD5
CRYPT-SHA256
CRYPT-SHA512
DES
MD5
NS-MTA-MD5
[a]
SHA
[b]
SHA256
SHA384
SHA512
SMD5
SSHA
[b]
SSHA256
SSHA384
[a] Directory Server は、このスキームを使用した認証のみをサポートします。パスワードの暗号化に使用することはできません。
[b] 160 ビット
重要
セキュリティーリスクが高まるため、短期間で弱いスキームのみを引き続き使用します。

4.1.44. Posix Winsync API プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID posix-winsync-plugin
設定エントリーの DN cn=Posix Winsync API,cn=plugins,cn=config
詳細 Active Directory ユーザーおよびグループエントリーに設定された Posix 属性の Windows 同期を有効にして設定します。
タイプ preoperation
設定可能な引数
  • on | off
  • memberUID マッピング (グループ)
  • 小文字 (グループ) での memberUID 値の変換およびソート
  • 同期操作による memberOf 修正タスク
  • Windows 2003 Posix スキーマの使用
デフォルト設定 off
設定可能な引数 None
依存関係 データベース

4.1.45. Postal Address String Syntax プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID postaladdress-syntax
設定エントリーの DN cn=Postal Address Syntax,cn=plugins,cn=config
詳細 住所構文および関連マッチングルールをサポートします (RFC 4517)
タイプ 構文
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 on
設定可能な引数 None
依存関係 None
パフォーマンス関連の情報 このプラグインの設定は変更しないでください。Red Hat は、このプラグインを常に実行することを推奨します。
追加情報 RFC 4517

4.1.46. Printable String Syntax プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID printablestring-syntax
設定エントリーの DN cn=Printable String Syntax,cn=plugins,cn=config
詳細 英数字および選択句読点文字列( RFC 4517で定義されている印刷可能な文字列に準拠する文字列の場合)の構文およびマッチングルールをサポートします。
タイプ 構文
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 on
設定可能な引数 None
依存関係 None
パフォーマンス関連の情報 このプラグインの設定は変更しないでください。Red Hat は、このプラグインを常に実行することを推奨します。
追加情報 RFC 4517

4.1.47. Referential Integrity Postoperation プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID referint
設定エントリーの DN cn=Referential Integrity Postoperation,cn=plugins,cn=config
詳細 サーバーが参照の整合性を確保できるようにします。
タイプ postoperation
設定可能な引数 すべての設定および on | off
デフォルト設定 off
設定可能な引数 有効にすると、操作後の整合性プラグインは、削除または名前変更の操作直後に memberuniquememberowner、および seeAlso 属性で整合性の更新を実行します。プラグインを設定して、他のすべての属性に対して整合性チェックを実行できます。詳細は、『 Directory Server 管理ガイド』の該当するセクションを参照してください
依存関係 データベース
パフォーマンス関連の情報 Referential Integrity プラグインは、競合解決ループを避けるために、マルチマスターレプリケーション環境の 1 つのマスターでのみ有効にする必要があります。チェーンされたサーバーでプラグインを有効にする場合は、パフォーマンスリソースと時間分析が必要となり、整合性チェックはメモリーおよび CPU での時間の消費と要求になります。指定された属性はすべて存在および等価性の両方についてインデックス化する必要があります。
追加情報 詳細は、『Red 『Hat Directory Server 管理ガイド』の「参照整合性の確認に使用する属性とディレクトリーデータベースの設定」の章の「インデックスの管理」の章を参照してください』。

4.1.48. Retro Changelog プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID retrocl
設定エントリーの DN cn=Retro Changelog Plugin,cn=plugins,cn=config
詳細 Directory Server 4.x バージョンとアプリケーションの互換性を維持するために LDAP クライアントによって使用されます。Directory Server に発生したすべての変更のログを維持します。retro changelog は、Directory Server の 4.x バージョンの changelog と同じ機能を提供します。このプラグインは cn=changelog 接尾辞をクライアントに公開するため、クライアントは簡単な同期アプリケーションの永続的な検索の有無に関わらずこのサフィックスを使用できます。
タイプ object
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 off
設定可能な引数 このプラグインの設定属性の詳細は、「Retro Changelog プラグイン属性」 を参照してください。
依存関係
タイプ: データベース
Named: サービスのクラス
パフォーマンス関連の情報 Directory Server の更新パフォーマンスが低下する可能性があります。
追加情報 『Red 『Hat Directory Server 管理ガイド』の「レプリケーションの管理」の章を参照してください』。

4.1.49. Roles プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID roles
設定エントリーの DN cn=Roles Plugin,cn=plugins,cn=config
詳細 Directory Server でのロールの使用の有効化
タイプ object
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 on
設定可能な引数 None
依存関係
タイプ: データベース
名前付き: 状態変更プラグイン
名前付き: ビュープラグイン
パフォーマンス関連の情報 このプラグインの設定は変更しないでください。Red Hat は、このプラグインを常に実行することを推奨します。
追加情報 『Red 『Hat Directory Server 管理ガイド』の「詳細エントリー管理」の章を参照してください』。

4.1.50. RootDN Access Control プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID rootdn-access-control
設定エントリーの DN cn=RootDN Access Control,cn=plugins,cn=config
詳細 ルート DN エントリーに使用するアクセス制御を有効にし、設定します。
タイプ internalpreoperation
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 off
設定可能な属性
  • 時間ベースのアクセス制御のための rootdn-open-time および rootdn-close-time
  • rootdn-days-allowed for day-based access controls
  • ホストベースのアクセス制御の場合、rootdn-allow-host、rootdn-deny-host、rootdn-allow-ip、および rootdn-deny-ip
依存関係 None
追加情報 『Red 『Hat Directory Server 管理ガイド』の「アクセス制御」セクションを参照してください』。

4.1.51. Schema Reload プラグイン

プラグイン情報 詳細
プラグイン ID schemareload
設定エントリー DN cn=Schema Reload,cn=plugins,cn=config
詳細 スキーマファイルを再ロードするタスクプラグイン
タイプ object
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 on
設定可能な引数 None
依存関係 None
パフォーマンス関連の情報
追加情報

4.1.52. Space Insensitive String Syntax プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID なし
設定エントリーの DN cn=Space Insensitive String Syntax,cn=plugins,cn=config
詳細 スペースの区別のない値を処理する構文
タイプ 構文
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 off
設定可能な引数 None
依存関係 None
パフォーマンス関連の情報 このプラグインの設定は変更しないでください。Red Hat は、このプラグインを常に実行することを推奨します。
追加情報
このプラグインを使用すると、Directory Server は スペースと大文字と小文字を区別しない 値をサポートできるようになります。これにより、アプリケーションは ASCII 空白文字を持つエントリーを使用してディレクトリーを検索できます。
たとえば、j OHN Doe を使用する検索または比較操作は、john doe、johndoe、John Doe (属性のスキーマがスペースの区別のない構文を使用するよう設定されている場合)が含まれるエントリーに一致します。
ディレクトリーエントリーの検索に関する詳細は、『Red 『Hat Directory Server 管理ガイド』の「ディレクトリーエントリーの追加」の章を参照してください』。

4.1.53. State Change プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID statechange
設定エントリーの DN cn=State Change Plugin,cn=plugins,cn=config
詳細 state-change-notification service サービスを有効にします。
タイプ postoperation
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 on
設定可能な引数 None
依存関係 None
パフォーマンス関連の情報
追加情報

4.1.54. Syntax Validation Task プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID なし
設定エントリーの DN cn=Syntax Validation Task,cn=plugins,cn=config
詳細 属性値の構文検証を有効にします
タイプ object
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 on
設定可能な引数 None
依存関係 None
パフォーマンス関連の情報
追加情報 このプラグインは構文検証タスクを実装します。構文の検証を実行する実際のプロセスは、各特定の構文プラグインによって実行されます。

4.1.55. Telephone Syntax プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID tele-syntax
設定エントリーの DN cn=Telephone Syntax,cn=plugins,cn=config
詳細 電話番号構文および関連マッチングルールをサポートします (RFC 4517)
タイプ 構文
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 on
設定可能な引数 None
依存関係 None
パフォーマンス関連の情報 このプラグインの設定は変更しないでください。Red Hat は、このプラグインを常に実行することを推奨します。
追加情報 RFC 4517

4.1.56. Teletex Terminal Identifier Syntax プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID teletextermid-syntax
設定エントリーの DN cn=Teletex Terminal Identifier Syntax,cn=plugins,cn=config
詳細 国際電話番号構文および関連マッチングルールをサポートします (RFC 4517)
タイプ 構文
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 on
設定可能な引数 None
依存関係 None
パフォーマンス関連の情報 このプラグインの設定は変更しないでください。Red Hat は、このプラグインを常に実行することを推奨します。
追加情報 RFC 4517

4.1.57. Telex Number Syntax プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID telex-syntax
設定エントリーの DN cn=Telex Number Syntax,cn=plugins,cn=config
詳細 テレックス端末のテレックス番号、国コード、およびアンサーバックコードの 構文および関連マッチングルールをサポートします(RFC 4517)
タイプ 構文
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 on
設定可能な引数 None
依存関係 None
パフォーマンス関連の情報 このプラグインの設定は変更しないでください。Red Hat は、このプラグインを常に実行することを推奨します。
追加情報 RFC 4517

4.1.58. URI Syntax プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID なし
設定エントリーの DN cn=URI Syntax,cn=plugins,cn=config
詳細 一意のリソースロケーター(URL)を含む一意のリソース識別子(URI)の構文および関連マッチングルールをサポートします( RFC 4517)
タイプ 構文
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 off
設定可能な引数 None
依存関係 None
パフォーマンス関連の情報 このプラグインの設定は変更しないでください。有効な場合は、このプラグインを常に実行したままにすることを推奨します。
追加情報 RFC 4517

4.1.59. USN プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID USN
設定エントリーの DN cn=USN,cn=plugins,cn=config
詳細 エントリーの追加や削除、属性値の変更など、ディレクトリー内のすべてのエントリーに対して、エントリーの更新シーケンス番号(USN)を設定します。
タイプ object
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 off
設定可能な引数 None
依存関係 データベース
パフォーマンス関連の情報 レプリケーションでは、一部レプリケーションを使用して entryUSN 設定属性を除外しておくことが推奨されます。
追加情報

4.1.60. Views プラグイン

プラグインパラメーター 説明
プラグイン ID ビュー
設定エントリーの DN cn=Views,cn=plugins,cn=config
詳細 Directory Server データベースでビューを使用できるようにします。
タイプ object
設定可能な引数 on | off
デフォルト設定 on
設定可能な引数 None
依存関係
タイプ: データベース
名前付き: 状態変更プラグイン
パフォーマンス関連の情報 このプラグインの設定は変更しないでください。Red Hat は、このプラグインを常に実行することを推奨します。
追加情報