Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Directory Server

4.4. データベースプラグインの属性

データベースプラグインは、図4.1「データベースプラグイン」 に示されるように、情報ツリーでも整理されています。

図4.1 データベースプラグイン

データベースプラグイン
データベースインスタンスが使用するすべてのプラグインテクノロジーは、cn=ldbm データベース プラグインノードに保存されます。このセクションでは、cn =ldbm database,cn=plugins,cn=config 情報ツリーの太字のノードの追加属性情報を表示しています。

4.4.1. cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config 下のデータベース属性

このセクションでは、すべてのインスタンスに共通するグローバル設定属性を cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config ツリーノードに格納します。

4.4.1.1. nsslapd-backend-opt-level

このパラメーターは、実験コードをトリガーして、書き込みパフォーマンスを向上させます。
以下の値を使用できます。
  • 0: パラメーターを無効にします。
  • 1: トランザクション時にレプリケーション更新ベクトルがデータベースに書き込まれることはありません。
  • 2: バックエンドロックの取得順序を変更し、トランザクションを開始します。
  • 4: コードをトランザクションから移動します。
すべてのパラメーターを組み合わせることができます。たとえば 7 の場合、すべての最適化機能が有効になります。
警告
このパラメーターは実験的なものです。Red Hat サポートから特に指示されない限り、値を変更 しないでください
パラメーター 説明
エントリー DN cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config
有効な値 0 | 1 | 2 | 4
デフォルト値 0
構文 整数
nsslapd-backend-opt-level: 0

4.4.1.2. nsslapd-cache-autosize

このパフォーマンスチューニング関連の属性は、データベースおよびエントリーキャッシュの合計に使用される空きメモリーの割合を設定します。たとえば、値が 10 に設定される場合、システムの空き RAM の 10% が両方のキャッシュに使用されます。この値を 0 よりも大きな値に設定すると、データベースおよびエントリーキャッシュに対して自動調整が有効になります。
パフォーマンスを最適化するために、Red Hat は自動サイズを無効にしないことを推奨します。ただし、特定の状況では、自動調整を無効にする必要がある場合があります。この場合は、nsslapd-cache-autosize 属性を 0 に設定し、手動で設定します。
  • nsslapd-dbcachesize 属性のデータベースキャッシュ。
  • nsslapd-cachememsize 属性のエントリーキャッシュ。
注記
nsslapd-cache-autosize 属性と nsslapd-cache-autosize-split 属性がいずれも 100 などの高い値に設定されると、Directory Server は起動に失敗します。この問題を修正するには、両方のパラメーターをより妥当な値に設定します。以下に例を示します。
nsslapd-cache-autosize: 10
nsslapd-cache-autosize-split: 40
パラメーター 説明
エントリー DN cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config
有効な範囲 0 から 1000 を設定すると、代わりにデフォルト値が使用されます。
デフォルト値 10
構文 整数
nsslapd-cache-autosize: 10

4.4.1.3. nsslapd-cache-autosize-split

このパフォーマンスチューニング関連の属性は、データベースキャッシュに使用される RAM の割合を設定します。残りの割合はエントリーキャッシュに使用されます。たとえば、値が 40 に設定されている場合、データベースキャッシュは 40% を使用し、エントリーキャッシュが nsslapd-cache-autosize 属性に予約されている空き RAM の残りの 60% をキャッシュします。
注記
nsslapd-cache-autosize 属性と nsslapd-cache-autosize-split 属性がいずれも 100 などの高い値に設定されると、Directory Server は起動に失敗します。この問題を修正するには、両方のパラメーターをより妥当な値に設定します。以下に例を示します。
nsslapd-cache-autosize: 10
nsslapd-cache-autosize-split: 40
パラメーター 説明
エントリー DN cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config
有効な範囲 0 から 990 を設定すると、代わりにデフォルト値が使用されます。
デフォルト値 40
構文 整数
nsslapd-cache-autosize-split: 40

4.4.1.4. nsslapd-dbcachesize

このパフォーマンスチューニング関連の属性は、データベースインデックスキャッシュサイズをバイト単位で指定します。これは、ディレクトリーサーバーが使用する物理 RAM の量を制御するうえで最も重要な値の 1 つです。
これはエントリーキャッシュではありません。これは、Berkeley データベースバックエンドがインデックス( .db ファイル)や他のファイルをキャッシュするのに使用するメモリー量です。この値は Berkeley DB API 関数 set_cachesize に渡されます。キャッシュの自動サイズ変更がアクティブ化されると、サーバーが、サーバー起動の後の段階でそれらの値を独自の推測された値に置き換えるときにこの属性が上書きされます。
この属性に関する技術的な情報は、Berkeley DB リファレンスガイドのキャッシュサイズセクションを参照してください https://docs.oracle.com/cd/E17076_04/html/programmer_reference/general_am_conf.html#am_conf_cachesize
数値ではない場合や、32 ビットの符号付き整数に大きすぎる値を設定しようとすると、LDAP_UNWILLING_TO_PERFORM エラーメッセージが返され、問題を説明する追加のエラー情報が示されます。
注記
データベースキャッシュのサイズは手動で設定しないでください。Red Hat は、パフォーマンスの最適化にデータベースキャッシュサイズの自動調整機能を使用することを推奨します。詳細は、『Red Hat Directory Server パフォーマンスチューニングガイド』の該当するセクションを参照してください
この属性の変更を反映するには、サーバーを再起動する必要があります。
パラメーター 説明
エントリー DN cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config
有効な範囲 32 ビットプラットフォームの場合、500 キロバイトから 4 ギガバイトになり、64 ビットプラットフォームの場合は 500 キロバイトを 2^64-1 にします。
デフォルト値
構文 整数
nsslapd-dbcachesize: 10000000

4.4.1.5. nsslapd-db-checkpoint-interval

これにより、Directory Server がチェックポイントエントリーをデータベーストランザクションログに送信するまでの時間(秒単位)を設定します。データベーストランザクションログには、最近の全データベース操作の連続リストが含まれ、データベースリカバリーのみに使用されます。チェックポイントエントリーは、ディレクトリーデータベースに物理的に書き込まれたデータベース操作を示します。チェックポイントエントリーは、システム障害後に復元を開始する場所を判断するために使用されます。nsslapd-db-checkpoint-interval 属性は dse.ldif にありません。チェックポイント間隔を変更するには、属性を dse.ldif に追加します。この属性は ldapmodify を使用して動的に変更できます。この属性の変更に関する詳細は、『Red 『Hat Directory Server 管理ガイド』の「Directory Server パフォーマンスの調整」の章を参照してください』。
この属性は、システムの変更/診断のためにのみ提供されており、Red Hat テクニカルサポートまたは Red Hat Consulting のガイダンスがある場合にのみ変更する必要があります。この属性およびその他の設定属性の設定に一貫性がないと、Directory Server が不安定になる可能性があります。
データベーストランザクションのロギングの詳細は、『Red 『Hat Directory Server 管理ガイド』の「サーバーおよびデータベースアクティビティーの監視」の章を参照してください』。
パラメーター 説明
エントリー DN cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config
有効な範囲 10 から 300 秒
デフォルト値 60
構文 整数
nsslapd-db-checkpoint-interval: 120

4.4.1.6. nsslapd-db-circular-logging

この属性は、トランザクションログファイルの循環ロギングを指定します。この属性を切り替えないと、古いトランザクションログファイルが削除されず、古いログトランザクションファイルとして変更されます。循環ロギングをオフにすると、サーバーのパフォーマンスが大幅に低下する可能性があります。そのため、Red Hat テクニカルサポートまたは Red Hat コンサルティングのガイダンスでのみ変更してください。
パラメーター 説明
エントリー DN cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config
有効な値 on | off
デフォルト値 on
構文 DirectoryString
nsslapd-db-circular-logging: on

4.4.1.7. nsslapd-db-compactdb-interval

データベースが明示的に圧縮されない限り、Berkeley データベースは空きページを再利用しません。compact 操作は未使用のページをファイルシステムに返し、データベースファイルサイズを縮小します。このパラメーターは、データベースが圧縮される間隔(秒単位)を定義します。データベース圧縮はリソース集約型であるため、頻繁には実行しないでください。
この設定を有効にするためにサーバーを再起動する必要はありません。
パラメーター 説明
エントリー DN cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config
有効な値 0 (圧縮なし) から 2147483647 秒
デフォルト値 2592000 (30 日)
構文 整数
nsslapd-compactdb-interval: 2592000

4.4.1.8. nsslapd-db-debug

この属性は、Directory Server に追加のエラー情報を報告するかどうかを指定します。エラー情報を報告するには、パラメーターを on に設定します。このパラメーターはトラブルシューティング用です。パラメーターを有効にすると、Directory Server が低下する可能性があります。
パラメーター 説明
エントリー DN cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config
有効な値 on | off
デフォルト値 off
構文 DirectoryString
nsslapd-db-debug: off

4.4.1.9. nsslapd-db-durable-transactions

この属性は、データベーストランザクションのログエントリーがすぐにディスクに書き込まれるかどうかを設定します。データベーストランザクションログには、最近の全データベース操作の連続リストが含まれ、データベースリカバリーのみに使用されます。永続トランザクションを有効にすると、すべてのディレクトリーの変更が常にログファイルに物理的に記録されるため、システム障害時に毎回復旧できます。ただし、永続トランザクション機能では、Directory Server のパフォーマンスが遅くなる可能性があります。永続トランザクションが無効になっていると、すべてのトランザクションが論理的にデータベーストランザクションログに書き込まれますが、即座にディスクに物理的に書き込まれない場合があります。ディレクトリー変更がディスクに物理的に書き込まれた前にシステム障害が発生した場合、その変更は回復できません。nsslapd-db-durable-transactions 属性は dse.ldif にありません。永続トランザクションを無効にするには、属性を dse.ldif に追加します。
この属性は、システムの変更/診断のためにのみ提供されており、Red Hat テクニカルサポートまたは Red Hat Consulting のガイダンスがある場合にのみ変更する必要があります。この属性およびその他の設定属性の設定に一貫性がないと、Directory Server が不安定になる可能性があります。
データベーストランザクションのロギングの詳細は、『Red 『Hat Directory Server 管理ガイド』の「サーバーおよびデータベースアクティビティーの監視」の章を参照してください』。
パラメーター 説明
エントリー DN cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config
有効な値 on | off
デフォルト値 on
構文 DirectoryString
nsslapd-db-durable-transactions: on

4.4.1.10. nsslapd-db-home-directory

パフォーマンス上の理由から、別の物理的な場所にデータベースを移動するには、このパラメーターを使用してホームディレクトリーを指定します。
このような状況は、データベースキャッシュサイズ、物理メモリーのサイズ、およびカーネルチューニング属性の組み合わせにおいてのみ発生します。特に、データベースキャッシュのサイズが 100 メガバイト未満の場合、この状況は発生しません。
  • ディスクは大きく使用されます(データ転送のうち 1 秒あたり 1 バイト以上)。
  • サービス時間が長い(100ms 未満)あります。
  • 多くの書き込みアクティビティーがあります。
これらはすべて true の場合、nsslapd-db-home-directory 属性を使用して tempfs タイプのファイルシステムのサブディレクトリーを指定します。
nsslapd-db-home-directory 属性によって参照されるディレクトリーは、タイプ tempfs のファイルシステムのサブディレクトリー( /tmpなど)である必要があります。ただし、Directory Server は、この属性によって参照されるサブディレクトリーを作成しません。このディレクトリーは、手動またはスクリプトを使用して作成する必要があります。nsslapd-db-home-directory 属性によって参照されるディレクトリーを作成できないと、Directory Server は起動できなくなります。
また、同じマシンに複数の Directory Server がある場合は、nsslapd-db-home-directory 属性を異なるディレクトリーで設定する必要があります。これを行わないと、両方のディレクトリーが破損しているようになります。
この属性を使用すると、内部 Directory Server データベースファイルが属性によって参照されるディレクトリーに移動します。十分なメモリーを割り当てることができないため、ファイルの移動後にサーバーは起動できなくなります。これは、サーバーに設定されている非常に大きなデータベースキャッシュサイズの現象です。この場合は、データベースキャッシュサイズのサイズを、サーバーが再び起動する値に減らします。
パラメーター 説明
エントリー DN cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config
有効な値 tempfs ファイルシステム内の有効なディレクトリー名(例: /tmp
デフォルト値
構文 DirectoryString
nsslapd-db-home-directory: /tmp/slapd-phonebook

4.4.1.11. nsslapd-db-idl-divisor

この属性は、データベースページごとのブロック数に関してインデックスブロックサイズを指定します。ブロックサイズは、この属性の値でデータベースページサイズを除算して計算されます。値が 1 の場合は、ブロックサイズがページサイズと全く同じになります。デフォルト値の 0 はブロックサイズをページサイズに設定し、内部データベースのオーバーヘッドの推定範囲を引いたします。ほとんどのインストールでは、特定のチューニングが必要でない限り、デフォルト値を変更するべきではありません。
この属性の値を変更する前に、db 2ldif スクリプトを使用してすべてのデータベースをエクスポートします。変更が完了したら、ldif2db スクリプトを使用してデータベースを再読み込みします。
警告
このパラメーターは、非常に高度なユーザーでのみ使用してください。
パラメーター 説明
エントリー DN cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config
有効な範囲 0 から 8
デフォルト値 0
構文 整数
nsslapd-db-idl-divisor: 2

4.4.1.12. nsslapd-db-locks

Directory Server のロックメカニズムは、同時に実行できる Directory Server プロセスのコピー数を制御します。nsslapd-db-locks パラメーターは、ロックの最大数を設定します。
Directory Server がロックが不足し、libdb : Lock テーブルが利用可能なロックメッセージからなくなった場合に、 このパラメーターを高い値に設定します。必要なしに高い値を設定すると、利点なしで /var/lib/dirsrv/slapd-instance_name/db__db.* ファイルのサイズが増加します。ログの監視および現実的な値の決定に関する詳細は、『 Directory Server パフォーマンスチューニングガイド』の該当するセクションを参照してください
この属性への変更を反映するには、サービスを再起動する必要があります。
パラメーター 説明
エントリー DN cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config
有効な範囲 0 - 2147483647
デフォルト値 10000
構文 整数
nsslapd-db-locks: 10000

4.4.1.13. nsslapd-db-logbuf-size

この属性は、ログ情報バッファーサイズを指定します。ログ情報は、バッファーが一杯か、トランザクションコミットがディスクに書き込みされるまでメモリーに保存されます。バッファーサイズが大きいと、長時間実行されるトランザクション、高同時アプリケーション、または大量のデータを生成するトランザクションの存在においてスループットが大幅に向上します。ログ情報バッファーサイズは 4 つのトランザクションログサイズです。
nsslapd-db-logbuf-size 属性は、nsslapd-db-durable-transactions 属性が on に設定されている場合のみ有効です。
パラメーター 説明
エントリー DN cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config
有効な範囲 32 ビット最大整数(マシンで利用可能なメモリー容量に制限)
デフォルト値 32K
構文 整数
nsslapd-db-logbuf-size: 32K

4.4.1.14. nsslapd-db-logdirectory

この属性は、データベーストランザクションログが含まれるディレクトリーへのパスを指定します。データベーストランザクションログには、最新のデータベース操作の連続リストが含まれます。Directory Server はこの情報を使用して、インスタンスが予期せずにシャットダウンした後にデータベースを復元します。
デフォルトでは、データベーストランザクションログはディレクトリーデータベースと同じディレクトリーに保存されます。このパラメーターを更新するには、/etc/dirsrv/slapd-instance_name/dse.ldif ファイルを手動で更新する必要があります。詳細は、『Red Hat 『Directory Server 管理ガイド』の「トランザクションログディレクトリーの変更』 」セクションを参照してください
パラメーター 説明
エントリー DN cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config
有効な値 有効なパス
デフォルト値
構文 DirectoryString
nsslapd-db-logdirectory: /var/lib/dirsrv/slapd-instance_name/db/

4.4.1.15. nsslapd-db-logfile-size

この属性は、ログ内の単一ファイルの最大サイズをバイト単位で指定します。デフォルトでは、または値が 0 に設定される場合、または 10 メガバイトの最大サイズが使用されます。最大サイズは、符号なし 4 バイトの値です。
パラメーター 説明
エントリー DN cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config
有効な範囲 0: 署名なし 4 バイトの整数
デフォルト値 10MB
構文 整数
nsslapd-db-logfile-size: 10 MB

4.4.1.16. nsslapd-db-page-size

この属性は、データベースのアイテムを保持するために使用されるページのサイズ(バイト単位)を指定します。最小サイズは 512 バイトで、最大サイズは 64 キロバイトです。ページサイズが明示的に設定されていない場合、Directory Server はデフォルトで 8 キロバイトのページサイズに設定されます。このデフォルト値を変更すると、パフォーマンスが大幅に低下する可能性があります。ページサイズが小さすぎると、ページ分割とコピーが過剰になりますが、ページサイズが大きすぎると、ディスク領域が書き込まれます。
この属性の値を変更する前に、db 2ldif スクリプトを使用してすべてのデータベースをエクスポートします。変更が完了したら、ldif2db スクリプトを使用してデータベースを再読み込みします。
パラメーター 説明
エントリー DN cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config
有効な範囲 512 バイトから 64 キロバイト
デフォルト値 8KB
構文 整数
nsslapd-db-page-size: 8KB

4.4.1.17. nsslapd-db-spin-count

この属性は、test-and-set mutexes がブロックせずにスピンを実行する回数を指定します。
警告
Berkeley DB の内側の動作に十分に慣れたり、Red Hat サポートが Red Hat サポートから指示したことが分からない場合は、この値 を考慮しないでください。
デフォルト値の 0 を指定すると、BDB は、(the nproc ユーティリティーまたは sysconf(_SC_NPROCESSORS_ONLN) 呼び出しを 50 で乗算して、利用可能な CPU コアの数を掛けて実際の値を計算します。たとえば、8 の論理コアを持つプロセッサーでは、この属性を 0 に設定したままにすることは 、400 に設定するのと同じです。電源がオフになっていません。test-and-set mutexes がブロックせずに起動される時間を最小限に抑える場合は、この属性を 1 に設定します。
パラメーター 説明
エントリー DN cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config
有効な範囲 0 から 2147483647 (2^31-1)
デフォルト値 0
構文 整数
nsslapd-db-spin-count: 0

4.4.1.18. nsslapd-db-transaction-batch-max-wait

nsslapd-db-transaction-batch-val が設定されている場合、set batch 値に達したときにトランザクションのフラッシュが別のスレッドによって行われます。ただし、更新が少ない場合は、このプロセスに時間がかかる場合があります。このパラメーターは、トランザクションをバッチ数とは別にフラッシュするタイミングを制御します。値はミリ秒単位で定義されます。
警告
このパラメーターは実験的なものです。Red Hat サポートから特に指示されない限り、値を変更 しないでください
パラメーター 説明
エントリー DN cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config
有効な範囲 0 - 2147483647 (ミリ秒単位)
デフォルト値 50
構文 整数
nsslapd-db-transaction-batch-max-wait: 50

4.4.1.19. nsslapd-db-transaction-batch-min-wait

nsslapd-db-transaction-batch-val が設定されている場合、set batch 値に達したときにトランザクションのフラッシュが別のスレッドによって行われます。ただし、更新が少ない場合は、このプロセスに時間がかかる場合があります。このパラメーターは、トランザクションがバッチ数に関係なく、最も早期にフラッシュされるタイミングを制御します。値はミリ秒単位で定義されます。
警告
このパラメーターは実験的なものです。Red Hat サポートから特に指示されない限り、値を変更 しないでください
パラメーター 説明
エントリー DN cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config
有効な範囲 0 - 2147483647 (ミリ秒単位)
デフォルト値 50
構文 整数
nsslapd-db-transaction-batch-min-wait: 50

4.4.1.20. nsslapd-db-transaction-batch-val

この属性は、コミットする前にバッチ処理を行うトランザクション数を指定します。この属性は、完全なトランザクションの持続性が必要ない場合に更新パフォーマンスを向上できます。この属性は ldapmodify を使用して動的に変更できます。この属性の変更に関する詳細は、『Red 『Hat Directory Server 管理ガイド』の「Directory Server パフォーマンスの調整」の章を参照してください』。
警告
この値を設定すると、データの一貫性が下がり、データが失われることがあります。これは、サーバーがバッチのトランザクションをフラッシュする前に電源が停止すると、バッチ内のトランザクションが失われるためです。
Red Hat サポートから特に要求されない限り、この値を設定しないでください。
この属性が定義されていないか、または 0 の値に設定されていると、トランザクションのバッチはオフになります。また、LDAP を使用してこの属性にリモートを変更することはできません。ただし、この属性を 0 よりも大きい値に設定すると、キューに置かれたトランザクションの数が属性値と等しいまで、サーバーはトランザクションのコミットを遅延します。0 より大きい値を指定すると、LDAP を使用してこの属性をリモートで変更することもできます。この属性の値を 1 に設定すると、LDAP を使用してリモートで属性設定を変更できますが、操作はバッチ処理されません。そのため、サーバー起動時に 1 の値は通常の持続性を維持するのに便利です。また、必要に応じてトランザクションのバッチ処理をオン/オフにすることを許可することも可能です。この属性の値は、nsslapd-db-logbuf-size 属性を変更して、バッチトランザクションを強制するのに十分なログバッファーサイズを確認する必要があることに注意してください。
注記
nsslapd-db-transaction-batch-val 属性は、nsslapd-db-durable-transaction 属性が on に設定されている場合のみ有効です。
データベーストランザクションのロギングの詳細は、『Red 『Hat Directory Server 管理ガイド』の「サーバーおよびデータベースアクティビティーの監視」の章を参照してください』。
パラメーター 説明
エントリー DN cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config
有効な範囲 0 から 30
デフォルト値 0 (またはオフ)
構文 整数
nsslapd-db-transaction-batch-val: 5

4.4.1.21. nsslapd-db-trickle-percentage

この属性は、ダーティーページをバッキングファイルに書き込むことで、少なくとも shared-memory プールに指定したページの割合がクリーンであるように設定します。これは、書き込みを待たずに、ページが新しい情報の読み取りを常に利用できるようにするためです。
パラメーター 説明
エントリー DN cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config
有効な範囲 0 から 100
デフォルト値 40
構文 整数
nsslapd-db-trickle-percentage: 40

4.4.1.22. nsslapd-db-verbose

この属性は、チェックポイントのログを検索し、デッドロック検出を実行してリカバリーを実行する場合に、追加の情報およびデバッグメッセージを記録するかどうかを指定します。このパラメーターはトラブルシューティングを目的としており、パラメーターを有効にすると Directory Server の速度が低下する可能性があります。
パラメーター 説明
エントリー DN cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config
有効な値 on | off
デフォルト値 off
構文 DirectoryString
nsslapd-db-verbose: off

4.4.1.23. nsslapd-dbncache

この属性は、LDBM キャッシュを同等に大きなメモリーに分割できます。大量のキャッシュを指定して、一部のアーキテクチャーで連続して割り当てることができないため、キャッシュを指定できます。たとえば、システムによっては、プロセスで連続的に割り当てる可能性のあるメモリー量が限定される可能性があります。nsslapd-dbncache0 または 1 の場合、キャッシュにはメモリーに連続的に割り当てられます。1 より大きい場合、キャッシュは ncache に分割されます。これは、別のメモリーのサイズと同じサイズになります。
dbcache サイズを 4 ギガバイトより大きいように設定するには、nsslapd-dbncache 属性と nsslapd-dbcachesize 属性行の間に nsslapd-db-logdirectory 属性を cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config に追加します。
この値を 1 四半期(1/4)のメモリー量(ギガバイト単位)に設定します。たとえば、12 ギガバイトのシステムでは、nsslapd-dbncache の値を 3 に設定します。8 ギガバイトのシステムの場合は 、2 に設定します。
この属性は、システム変更/検出に依存しない場合にのみ提供され、Red Hat テクニカルサポートまたは Red Hat の技術サポートまたは Red Hat の技術系サービスに関するガイダンスでのみ変更する必要があります。この属性およびその他の設定属性の設定に一貫性がないと、Directory Server が不安定になる可能性があります。
この属性の変更を反映するには、サーバーを再起動する必要があります。
パラメーター 説明
エントリー DN cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config
有効な値 1 から 4
デフォルト値 1
構文 整数
nsslapd-dbncache: 1

4.4.1.24. nsslapd-directory

この属性は、データベースインスタンスへの絶対パスを指定します。データベースインスタンスを手動で作成する場合、この属性を含めるようにしてください。これは、Directory Server コンソールのデフォルトで設定されるもの(および変更可能)です。データベースインスタンスを作成したら、このパスを変更しないでください。そのため、サーバーがデータにアクセスできなくなります。
パラメーター 説明
エントリー DN cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config
有効な値 データベースインスタンスへの有効な絶対パス
デフォルト値
構文 DirectoryString
nsslapd-directory: /var/lib/dirsrv/slapd-instance/db

4.4.1.25. nsslapd-exclude-from-export

この属性には、データベースのエクスポート時にエントリーから除外する属性名のスペース区切りの一覧が含まれます。これは主に、サーバーインスタンスに固有の設定および運用属性に使用されます。
サーバーパフォーマンスに影響する可能性があるので、この属性のデフォルト値は削除しないでください。
パラメーター 説明
エントリー DN cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config
有効な値 有効な属性
デフォルト値 entrydn entryid dncomp parentid numSubordinates entryusn
構文 DirectoryString
nsslapd-exclude-from-export: entrydn entryid dncomp parentid numSubordinates entryusn

4.4.1.26. nsslapd-idlistscanlimit

デフォルトでは、このパフォーマンス関連の属性は、検索操作時に検索するエントリー ID の数を指定します。数字ではない値の設定を試行するか、32 ビットの符号付き整数の大きさが大きすぎると、問題を説明する追加のエラー情報と共に LDAP_UNWILLING_TO_PERFORM エラーメッセージが返されます。検索パフォーマンスを向上させるために、デフォルト値を維持することが推奨されます。
詳細は、以下の該当するセクションを参照してください。
このパラメーターはサーバーの実行中に変更でき、新しい値は後続の検索に影響します。
対応するユーザーレベルの属性は nsIDListScanLimit です。
パラメーター 説明
エントリー DN cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config
有効な範囲 100 から 32 ビットの最大の整数値(2147483647)エントリー ID
デフォルト値 4000
構文 整数
nsslapd-idlistscanlimit: 4000

4.4.1.27. nsslapd-import-cache-autosize

このパフォーマンスチューニング関連の属性は、LDIF ファイルのコマンドラインベースのインポートプロセス中に使用されるインポートキャッシュ(importCache)のサイズを自動的にデータベースに設定します( ldif2db 操作)。
Directory Server では、インポート操作はサーバータスクとして実行することも、コマンドラインでのみ実行できます。タスクモードでは、インポート操作は 一般的な Directory Server 操作として実行されます。nsslapd-import-cache-autosize 属性を使用すると、コマンドラインでインポート操作を実行すると、インポートキャッシュを事前に決定したサイズに自動的に設定できます。属性は、インポートキャッシュに指定の空きメモリーを割り当てるタスクモードのインポート中に Directory Server で使用することもできます。
デフォルトでは、nsslapd-import-cache-autosize 属性は有効になり、-1 の値に設定されます。この値は、ldif2db 操作のみのインポートキャッシュを自動生成し、インポートキャッシュの空き物理メモリーの fifty パーセント(50%)を自動的に割り当てます。パーセント値(50%)はハードコーディングされており、変更はできません。
属性値を 50 (nsslapd-import-cache-autosize: 50)に設定すると、ldif2db 操作時にパフォーマンスに同様の影響があります。ただし、このような設定は、import 操作が Directory Server タスクとして実行される場合のパフォーマンスにも影響を与えます。-1 の値は、ldif2db 操作のみのインポートキャッシュを autosize します。インポート、一般的な Directory Server タスクなど、何も実行しません。
注記
-1 設定の目的は、フリー物理メモリーから利益を得るために ldif2db 操作を有効にすることですが、同時には、エントリーキャッシュで貴重なメモリーに競合しません。これは、Directory Server の一般的な操作に使用されます。
nsslapd-import-cache-autosize 属性の値を 0 に設定すると、インポートキャッシュの自動調整機能をオフにします。つまり、インポート操作のいずれのモードで自動調整は行われません。代わりに、Directory Server は、インポートキャッシュサイズに nsslapd-import-cachesize 属性を使用し、デフォルト値は 20000000 です。
Directory Server のコンテキストでは、データベースキャッシュ、エントリーキャッシュ、およびインポートキャッシュの 3 つのキャッシュがあります。インポートキャッシュは、インポート操作時にのみ使用されます。エントリーキャッシュおよびデータベースキャッシュの自動調整に使用される nsslapd-cache-autosize 属性は、Directory Server の操作時にのみ使用され、ldif2db コマンドライン操作中には使用されません。属性値は、エントリーキャッシュおよびデータベースキャッシュに割り当てられる空き物理メモリーの割合です。
自動調整属性 nsslapd-cache-autosizensslapd-import-cache-autosize の両方が有効になっている場合は、合計が 100 未満であることを確認します。
パラメーター 説明
エントリー DN cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config
有効な範囲 -1。0(インポートキャッシュの自動調整を 100 にします)
デフォルト値 -1(インポートキャッシュは ldif2db に対してのみ自動処理を切り替え、キャッシュをインポートする空き物理メモリーの 50% を割り当てます)
構文 整数
nsslapd-import-cache-autosize: -1

4.4.1.28. nsslapd-import-cachesize

このパフォーマンスチューニング関連の属性は、一括インポートプロセスで使用されるデータベースキャッシュのサイズ(バイト単位)を決定します。一括インポート中にデータベースキャッシュに使用できる最大システムの物理メモリーが、一括インポート速度を最適化するために、この属性値を設定します。数字ではない値の設定を試行するか、32 ビットの符号付き整数の大きさが大きすぎると、問題を説明する追加のエラー情報と共に LDAP_UNWILLING_TO_PERFORM エラーメッセージが返されます。
注記
発生する負荷ごとにキャッシュが作成されます。たとえば、ユーザーが nsslapd-import-cachesize 属性を 1 ギガバイトに設定すると、1 ギガバイトのデータベースの読み込み時に 1 ギガバイトが使用され、データベースの読み込み時に 2 ギガバイトが使用されます。スワップの発生を防ぐのに十分な物理メモリーがあることを確認します。これにより、パフォーマンスが低下する可能性があります。
パラメーター 説明
エントリー DN cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config
有効な範囲 32 ビットプラットフォームの場合、500 キロバイトから 4 ギガバイトになり、64 ビットプラットフォームの場合は 500 キロバイトを 2^64-1 にします。
デフォルト値 20000000
構文 整数
nsslapd-import-cachesize: 20000000

4.4.1.29. nsslapd-lookthroughlimit

このパフォーマンス関連の属性は、検索要求への応答で候補エントリーを調査する際に Directory Server がチェックする最大エントリー数を指定します。ただし、Directory Manager の DN は、デフォルトでは無制限となり、ここで指定した他の設定が上書きされます。binder ベースのリソース制限がこの制限に対して機能することに注意してください。つまり、操作属性の値 nsLookThroughLimit が、ユーザーがバインドするエントリーに存在する場合に、デフォルトの制限がオーバーライドされます。数値ではない場合や、32 ビットの符号付き整数に大きすぎる値を設定しようとすると、LDAP_UNWILLING_TO_PERFORM エラーメッセージが返され、問題を説明する追加のエラー情報が示されます。
パラメーター 説明
エントリー DN cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config
有効な範囲 エントリーの -1 から最大 32 ビット整数までです (-1 は無制限)。
デフォルト値 5000
構文 整数
nsslapd-lookthroughlimit: 5000

4.4.1.30. nsslapd-mode

この属性は、新規作成されたインデックスファイルに使用されるパーミッションを指定します。
パラメーター 説明
エントリー DN cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config
有効な値 4 桁の 8 進数。ただし、mode 0600 が推奨されます。これにより、インデックスファイルの所有者(ns -slapd の実行ユーザー)の所有者に対する読み取り/書き込みアクセスが可能になり、他のユーザーにアクセスできなくなります。
デフォルト値 600
構文 整数
nsslapd-mode: 0600

4.4.1.31. nsslapd-pagedidlistscanlimit

このパフォーマンス関連の属性は、簡単なページ化された結果制御を使用して検索操作に対して、検索されるエントリー ID の数を指定します。
この属性は nsslapd-idlistscanlimit 属性と同じですが、簡単なページ結果制御を使用した検索にのみ適用されます。
この属性が存在しない場合や、ゼロに設定されている場合は、ページングされた検索と非ページ検索に nsslapd-idlistscanlimit が使用されます。
対応するユーザーレベルの属性は nsPagedIDListScanLimit です。
パラメーター 説明
エントリー DN cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config
有効な範囲 エントリーの -1 から最大 32 ビット整数までです (-1 は無制限)。
デフォルト値 0
構文 整数
nsslapd-pagedidlistscanlimit: 5000

4.4.1.32. nsslapd-pagedlookthroughlimit

このパフォーマンス関連の属性は、シンプルなページの結果制御を使用する検索候補のエントリーを調べる際に Directory Server がチェックする最大エントリー数を指定します。
この属性は nsslapd-lookthroughlimit 属性と同じですが、簡単なページ結果制御を使用した検索にのみ適用されます。
この属性が存在しない場合や、ゼロに設定されている場合は、ページングされた検索と非ページ検索に nsslapd-lookthroughlimit が使用されます。
対応するユーザーレベルの属性は nsPagedLookThroughLimit です。
パラメーター 説明
エントリー DN cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config
有効な範囲 エントリーの -1 から最大 32 ビット整数までです (-1 は無制限)。
デフォルト値 0
構文 整数
nsslapd-pagedlookthroughlimit: 25000

4.4.1.33. nsslapd-rangelookthroughlimit

このパフォーマンス関連の属性は、範囲検索要求への応答で候補エントリーを調査する際に Directory Server がチェックする最大エントリー数を指定します。
範囲検索は演算子を使用して括弧を設定して検索し、ディレクトリー内のエントリーのサブセット全体を返します。たとえば、これにより 1 月 1 日の午前 0 時以降に変更されたすべてのエントリーを検索します。
(modifyTimestamp>=20200101010101Z)
範囲検索の性質は、ディレクトリー内のすべてのエントリーを評価して、その範囲内にあるかどうかを確認する必要があることです。基本的に、範囲検索は常に ID 検索です。
ほとんどのユーザーの場合は、ルックスルーの制限が開始され、範囲の検索が全 ID 検索に変換するのを防ぎます。これにより、全体的なパフォーマンスが向上し、さまざまな検索結果を加速します。ただし、Directory Manager などの一部のクライアントまたは管理ユーザーには、ルックスルー制限が設定されていない場合があります。この場合は、範囲検索が完了するまで数分かかるか、無限に続行することがあります。
nsslapd-rangelookthroughlimit 属性は、Directory Manager を含むすべてのユーザーに適用される個別の範囲のルックスルー制限を設定します。
これにより、クライアントや管理者ユーザーは、パフォーマンスが低下する可能性のある範囲検索に合理的な制限を設けながらも、高いルックスルー制限を設定することができます。
注記
その他のリソース制限とは異なり、Directory Manager、通常ユーザー、およびその他の LDAP クライアントなどのユーザーによる検索が対象となります。
パラメーター 説明
エントリー DN cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config
有効な範囲 エントリーの -1 から最大 32 ビット整数までです (-1 は無制限)。
デフォルト値 5000
構文 整数
nsslapd-rangelookthroughlimit: 5000

4.4.1.34. nsslapd-subtree-rename-switch

すべてのディレクトリーエントリーは、エントリーインデックスファイルにキーとして保存されます。インデックスキーは、現在のエントリー DN をインデックスのメタエントリーにマップします。このマッピングは、エントリーの RDN またはエントリーの完全な DN のいずれかで行われます。
サブツリーエントリーの名前(つまり子エントリーを持つエントリー、つまり子エントリーを持つエントリーの変更)が許可されると、そのエントリーは entryrdn.db インデックスに保存されます。このエントリーは、DN ではなく割り当てられた ID で親および子エントリーを関連付けます。サブツリーの名前変更操作が許可されない場合、entry rdn.db インデックスが無効になり、entrydn.db インデックスが使用されます。これは単に、暗黙的な親子関係とともに完全な DN を使用します。
パラメーター 説明
エントリー DN cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config
有効な値 off | on
デフォルト値 on
構文 DirectoryString
nsslapd-subtree-rename-switch: on