Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Directory Server

第9章 コマンドラインユーティリティー

本章では、Red Hat Directory Server(Directory Server)で使用するコマンドラインユーティリティーの参考情報を紹介します。このようなコマンドラインユーティリティーを使用すると、Directory Server で管理タスクを簡単に実行できます。

9.1. コマンドラインユーティリティーのクイックリファレンス

以下の表は、Directory Server 向けに提供されるコマンドラインユーティリティーの概要を示しています。

表9.1 一般的に使用されるコマンドラインユーティリティー

コマンドラインユーティリティー 詳細
ldif LDIF ファイルを自動的にフォーマットし、base 64 でエンコードされた属性値を作成します。このツールの詳細は、『Red 『Hat Directory Server 管理ガイド』の付録 A を参照してください』。
dbscan Directory Server データベースファイルから情報を分析して抽出します。
ds-logpipe.py Directory Server ログデータを名前付きパイプに書き込みます。
dn2rdn 9.0 よりも古いバージョンからアップグレードされた Directory Server インスタンスでは、id 2entry.db4 データベースおよび entrydn インデックス(完全なエントリー DN でフォーマット)を、entry rdn インデックス(RDN でフォーマット)を使用して id2entry.db データベースに変換されます。