Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Directory Server

15.15. Changelog の削除

changelog は、サプライヤーがコンシューマーサーバー (マルチマスターレプリケーションの場合はサプライヤー) のレプリカにこれらの変更を再生するために使用する特定のレプリカに対するすべての変更の記録です。
サプライヤーサーバーがオフラインになると、すべての変更の true レコードを保持しなくなったため、変更ログを削除することが重要です。そのため、レプリケーションのベースとして使用することはできません。ログファイルを削除して、changelog を効果的に削除できます。

15.15.1. コマンドラインを使用した Changelog の削除

サプライヤーサーバーから変更ログを削除するには、次のコマンドを実行します。
# ldapmodify -D "cn=Directory Manager" -W -p 389 -h server.example.com -x

dn: cn=changelog5,cn=config
changetype: delete
Directory Server は、cn=changelog 5,cn=config エントリーを削除した後に、changelog ディレクトリーのコンテンツを自動的に削除します。