Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Directory Server

5.4. 更新間隔の変更

デフォルトでは、サーバーは、delete または modrdn の操作直後に参照整合性の更新を実行します。操作の量によっては、パフォーマンスに影響する可能性があります。パフォーマンスへの影響を軽減するために、更新間の時間を増やすことができます。
間隔を秒単位で設定します。あるいは、以下の値を設定できます。
  • 0: 参照整合性の確認は即座に実行されます。
  • -1: 参照整合性の確認は実行されません。
重要
更新間隔を 0 に設定すると、Referential Integrity Postoperation プラグインの更新間隔を 0 に設定する場合に限り、マルチマスターレプリケーション環境のすべてのマスターでプラグインを有効にすることができます。ただし、1 つのマスターに正の値を設定する場合は、レプリケーションループとディレクトリーの不整合を防ぐために、他のマスターでプラグインを有効にしないでください。
マルチマスターレプリケーション環境でプラグインを有効にする場合、Red Hat は更新間隔を 0 に設定し、すべてのマスターでプラグインを有効にすることを推奨します。

5.4.1. コマンドラインを使用した更新間隔の変更

たとえば、コマンドラインを使用して更新間隔を即座更新に設定するには、次を実行します。
  1. referint-update-delay パラメーターで間隔を秒単位で設定します。
    # ldapmodify -D "cn=Directory Manager" -W -x
    dn: cn=referential integrity postoperation,cn=plugins,cn=config
    changetype: modify
    replace: referint-update-delay
    referint-update-delay: 0
  2. Directory Server インスタンスを再起動します。
    # systemctl restart dirsrv@instance_name
参照整合性 は 1 つのマスターでのみ有効にできます。この間隔を 0 に設定すると、Directory Server は上記の変更をすべてのコンシューマーに即座に複製します。間隔を 0 よりも大きい値に設定し、Referential Integrity が有効なマスターがオフラインである場合は、このマスターが再び起動する前に参照はクリーンアップされません。