Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Directory Server

9.4.2. コンソールから Directory Server への接続に TLS を有効化

本セクションでは、TLS を使用してディレクトリーにアクセスするために Directory Server コンソールを設定する方法を説明します。
重要
コンソールで TLS を有効にする前に、「Directory Server での TLS の有効化」 に従って Directory Server で暗号化を有効にし、インスタンスを再起動します。
Red Hat Identity Management コンソールへの暗号化された接続を設定するには、「管理サーバーでの TLS の有効化」 を参照してください。

9.4.2.1. コマンドラインを使用したコンソールから Directory Server への接続に対する TLS の有効化

コンソールから Directory Server への接続に TLS を有効にするには、以下を実行します。
# ldapmodify -D "cn=Directory Manager" -W -p 636 -h server.example.com -x
dn: cn=slapd-instance_name,cn=Red Hat Directory Server,
 cn=Server Group,cn=server.example.com,ou=example.com,o=NetscapeRoot
changetype: modify
replace: nsServerSecurity
nsServerSecurity: on
次回コンソールを開始すると、Directory Server への接続に TLS を自動的に使用します。