Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Directory Server

16.4.6. ステップ 6: 同期用の Directory Server データベースの設定

レプリケーションと同様に、ディレクトリーの変更を追跡し、送信するには changelog が利用可能でなければなりません。また、同期する Directory Server データベースをレプリカとして設定する必要があります。
注記
Directory Server データベースがレプリケーション用に設定されている場合は、この手順は必要ありません。
レプリケーション用のデータベースの設定は、「サプライヤーサーバーでの読み書きレプリカの設定」 に記載されています。

16.4.6.1. コンソールからの同期用の Directory Server の設定

まず、changelog を有効にします。
  1. Directory Server コンソールで、Configuration タブを選択します。
  2. 左側のナビゲーションツリーで、Replication フォルダーをクリックします
  3. メインウィンドウで、Supplier Settings タブをクリックします。
  4. Enable Changelog データベースを確認します。

    図16.3 Configuration タブ

    Configuration タブ
  5. changelog データベースディレクトリーを設定します。Use default ボタンをクリックして、デフォルトまたは Browse... を使用してカスタムディレクトリーを選択します。
  6. changelog 設定を保存します。
changelog の設定後に、レプリカとして同期するデータベースを設定します。レプリカロールは、単一マスターまたはマルチマスターレプリケーションのいずれかである必要があります。
重要
ハブサーバーで同期合意を設定することは可能ですが、Red Hat Directory Server から AD への一方向の同期のみが許可されます。AD サーバーは、変更内容をハブに同期できません。
同期合意を設定するために、マルチマスターレプリケーションのマスターのみを使用することが強く推奨されます。
  1. Directory Server コンソールで、Configuration タブを選択します。
  2. 左側のナビゲーションツリーで Replication フォルダーをクリックし、同期するデータベースの名前をクリックします。
    デフォルトでは、ディレクトリー設定用の NetscapeRoot とディレクトリーエントリー用の userRoot の 2 つのデータベースがあります。Directory Server に追加されているその他のデータベースは、一覧表示できます。
  3. Enable Replica チェックボックスを選択し、データベースが存在するレプリカのタイプでラジオボタンを選択します。

    図16.4 Enable Replica チェックボックス

    Enable Replica チェックボックス
  4. Update Settings セクションで、サプライヤー DN を選択または追加します。これは、同期プロセスが実行されるユーザーアカウントです。「ステップ 3: 同期 ID を選択または作成」 で説明されているように、このユーザーは Directory Server 上に配置し、同期される全ユーザーの userPassword 属性に対するアクセス権が必要です。

    図16.5 Update Settings セクション

    Update Settings セクション
  5. データベースのレプリケーション設定を保存します。
注記
レプリケーション設定の詳細は、15章レプリケーションの管理 を参照してください。