10.2.3. タイムスタンプの表示

トレースの各行を、時間、分、および秒で正確な時刻にプレフィックスするには、-t コマンドラインオプションを指定して ltrace ユーティリティーを実行します。

$ scl enable devtoolset-10 'ltrace -t program argument...'

ミリ秒を表示するには、-t オプションを 2 回指定します。

$ scl enable devtoolset-10 'ltrace -tt program argument...'

トレースの各行を、各システムコールの実行に必要な時間にプレフィックスを付けるには、-r コマンドラインオプションを使用します。

$ scl enable devtoolset-10 'ltrace -r program argument...'

例10.3 タイムスタンプの表示

pwd コマンドを考慮します。このプログラムで ltrace ユーティリティーを実行し、出力にタイムスタンプを含めます。

$ scl enable devtoolset-10 'ltrace -tt pwd'
13:27:19.631371 __libc_start_main([ "pwd" ] <unfinished ...>
13:27:19.632240 getenv("POSIXLY_CORRECT")                        = nil
13:27:19.632520 strrchr("pwd", '/')                              = nil
13:27:19.632786 setlocale(LC_ALL, "")                            = "en_US.UTF-8"
13:27:19.633220 bindtextdomain("coreutils", "/usr/share/locale") = "/usr/share/locale"
13:27:19.633471 textdomain("coreutils")                          = "coreutils"
(...)
13:27:19.637110  exited (status 0)