10.3. 関連資料

ltrace とその機能の詳細は、以下に挙げるリソースを参照してください。

インストールされているドキュメント

  • ltrace(1): ltrace ユーティリティーの man ページは、その使用方法に関する詳細情報を提供します。Red Hat Developer Toolset に含まれるバージョンの man ページを表示するには、次のコマンドを実行します。

    $ scl enable devtoolset-10 'man ltrace'

オンラインドキュメント

  • RHEL 6 および 7 の ltrace: Red Hat Developer Blog の記事では、アプリケーションのデバッグに ltrace を使用する方法について、詳細な情報 (実用的な例を含む) が提供されます。

以下も併せて参照してください。

  • 1章Red Hat Developer Toolset: Red Hat Developer Toolset の概要およびそのシステムへのインストール方法の詳細。
  • 9章strace: strace ツールを使用して、プログラムシステムコールを追跡する手順。
  • 8章GNU デバッガー (GDB): C、C++、および Fortran で書かれたデバッグプログラムの手順。
  • 11章memstomp: memstomp ユーティリティーを使用する手順で、さまざまな標準で使用できないメモリー領域が重複しているライブラリー関数への呼び出しを特定します。