B.5. SystemTap の変更点

Red Hat Developer Toolset 10.1 には SystemTap 4.4 が同梱されています。

以下の機能は、Red Hat Developer Toolset の以前のリリース以降に追加または変更されています。

  • ユーザー空間のプローブにパフォーマンスおよび安定性が改善されました。
  • ユーザーは、IBM Power Systems のリトルエンディアンバリアントである AMD64、Intel 64、IBM Z、およびアーキテクチャーで暗黙的なスレッドローカルストレージ変数にアクセスできるようになりました。
  • 浮動小数点値処理の初期サポート。
  • グローバル変数を使用するスクリプトの同時実行が改善されました。グローバル変数への同時アクセスを保護するのに必要なロックが最適化され、可能な最低限のリージョンまで超過されました。
  • 述語とエピローグの両方を持つエイリアスを定義する新しい構文。
  • 新しい @probewrite 述語。
  • syscall の引数は、再度書き込み可能です。

主な変更の詳細は、SystemTap を更新する前にアップストリームの SystemTap 4.4 リリースノート を参照してください。