第5章 Red Hat Decision Manager のインストール環境オプション

Red Hat Decision Manager を使用して、ビジネスアプリケーションを開発する開発環境、デシジョンをサポートするアプリケーションを実行するランタイム環境、またはその両方を設定できます。

  • 開発環境: 通常、Business Central インストール 1 つと KIE Server インストール 1 つ以上で構成されます。開発者は Business Central を使用して、デシジョンやその他のアーティファクトを作成できるほか、KIE Server を使用して、作成したアーティファクトをテストできます。
  • ランタイム環境: 1 つ以上の KIE Server で構成されており、Business Central が含まれる場合と、含まれない場合があります。Business Central には Decision Manager コントローラーが組み込まれています。Business Central をインストールしている場合は、MenuDeployExecution servers ページを使用してコンテナーを作成および維持します。Business Central なしで Decision Server の管理を自動化するには、ヘッドレス Decision Manager コントローラーを使用することで可能になります。

開発環境もランタイム環境も、クラスター化することが可能です。クラスター化した開発環境またはランタイム環境は、2 台以上のコンピューターのクラスターで構成されます。Red Hat Decision Manager の開発環境をクラスター化すると、高可用性、コラボレーションの強化という利点があり、ランタイム環境のクラスター化では、高可用性と負荷分散の利点が得られます。高可用性により、1 台のサーバーで障害が発生したときにデータが損失する可能性を減らすことができます。障害が発生したサーバーにあるデータのコピーを提供することで、サーバーに障害が発生したときに、別のサーバーが不足を補います。障害が発生したサーバーが再度オンラインになったら、クラスターに戻ります。負荷分散はクラスターのノード間でコンピューティング負荷を共有します。これにより、パフォーマンスが改善します。

注記

ランタイム環境のクラスター化は、Red Hat JBoss EAP 7.3 および Red Hat OpenShift Container Platform でのみサポートされています。Business Central のクラスタリングは現在テクノロジープレビューとなっており、実稼働での使用はまだ想定されていません。Red Hat のテクノロジープレビューの詳しい情報は「テクノロジプレビュー機能のサポート範囲」を参照してください。