Menu Close

第1章 統合オプション

Red Hat シングルサインオン (RH-SSO) は、ブラウザーアプリケーションと REST Web サービス、および Git へのアクセスのセキュリティーを確保するために使用できるシングルサインオンソリューションです。

Red Hat Decision Manager と RH-SSO を統合する際に、Red Hat Decision Manager 向けに SSO と IDM (アイデンティティー管理) を作成します。RH-SSO のセッション管理機能により、一度認証するだけで、Web 上でさまざまな Red Hat Decision Manager 環境を使用できます。

以下の章では、 Red Hat Decision Manager と RH-SSO を統合する方法を説明します。

  • 4章RH-SSO を使用した Business Central の認証

    RH-SSO サーバーを使用して Red Hat Decision Manager を認証するには、Red Hat Decision Manager Web クライアント (Business Central) とリモートサービスの両方を RH-SSO で保護する必要があります。この統合により、Business Central またはリモートサービスコンシューマーのいずれかから RH-SSO を介して Red Hat Decision Manager に接続できます。

  • 5章RH-SSO を使用した KIE Server の認証

    RH-SSO サーバーを使用して KIE Server を認証するには、KIE Server が提供するリモートサービスのセキュリティーを確保する必要があります。これにより、リモートの Red Hat Decision Manager サービスコンシューマー (ユーザーまたはサービス) が RH-SSO 経由で認証できるようになります。KIE Server には Web インターフェースがありません。

  • 6章RH-SSO を使用したサードパーティークライアントの認証

    Business Central または KIE Server が RH-SSO を使用している場合には、サードパーティークライアントは RH-SSO を使用して自己認証する必要があります。認証後は、Business Central および KIE Server が提供するリモートサービスのエンドポイント (REST API、リモートファイルシステムサービスなど) を使用できます。

Red Hat Decision Manager を使用して、LDAP の統合をスムーズに行うには、LDAP が含まれる RH-SSO の使用を検討してください。詳細は『Red Hat Single Sign-On Server Administration Guide』の「LDAP and Active Directory」の章を参照してください。