はじめに

ビジネスルール開発者は、デシジョンエンジンを使用するコードで、複合イベント処理 (CAP: Complex Event Processing) など、高可用性イベント駆動型デシジョン機能を使用できます。高可用性イベント駆動型デシジョン機能は、Red Hat OpenShift Container Platform に実装できます。

『Operatorを使用した Red Hat OpenShift Container Platform への Red Hat Decision Manager 環境のデプロイメント』の記載のとおり、Red Hat OpenShift Container Platform では、Red Hat Decision Manager の標準デプロイメントを使用して、高可用性イベント駆動型デシジョン機能を実装することができません。理由は、標準デプロイメントは、ステートレス処理しかサポートしないためです。そのため、指定の参照実装を使用して、カスタム実装を作成する必要があります。

前提条件