第5章 OpenShift テンプレートの参考資料

Red Hat Decision Manager は以下の OpenShift テンプレートを提供します。テンプレートにアクセスするには、Red Hat カスタマーポータルの Software Downloads ページから、rhdm-7.6.0-openshift-templates.zip の製品配信可能ファイルをダウンロードし、これを展開します。

  • rhdm76-authoring.yaml は Business Central と Business Central に接続された Decision Server を提供します。この環境を使用してサービスや他のビジネスアセットをオーサリングしたり、それらをステージングや実稼働環境で実行することができます。このテンプレートについての詳細は、「rhdm76-authoring.yaml テンプレート」を参照してください。
  • rhdm76-authoring-ha.yaml は高可用性 Business Central と Business Central に接続された Decision Server を提供します。この環境を使用してサービスや他のビジネスアセットをオーサリングしたり、それらをステージングや実稼働環境で実行することができます。このテンプレートについての詳細は、「rhdm76-authoring-ha.yaml テンプレート」を参照してください。
  • rhdm76-kieserver.yaml は Decision Server を提供します。Decision Server を Business Central に接続するように設定できます。これにより、1 つの Business Central が複数の別個の Decision Server を管理するステージングまたは実稼働環境をセットアップできます。このテンプレートについての詳細は、「rhdm76-kieserver.yaml テンプレート」 を参照してください。

5.1. rhdm76-authoring.yaml テンプレート

Red Hat Decision Manager 7.6 の HA 以外の永続的なオーサリング環境向けのアプリケーションテンプレート (非推奨)

5.1.1. パラメーター

テンプレートを使用すると、値を取るパラメーターを定義できます。この値は、パラメーターが参照される際に置き換えられます。参照はオブジェクト一覧フィールドの任意のテキストフィールドで定義できます。詳細情報は、Openshift ドキュメントを参照してください。

変数名イメージの環境変数説明値の例必須

APPLICATION_NAME

 — 

アプリケーションの名前

myapp

True

KIE_ADMIN_USER

KIE_ADMIN_USER

KIE 管理者のユーザー名

adminUser

False

KIE_ADMIN_PWD

KIE_ADMIN_PWD

KIE 管理者のパスワード

 — 

False

KIE_SERVER_CONTROLLER_USER

KIE_SERVER_CONTROLLER_USER

KIE Server コントローラーのユーザー名 (org.kie.server.controller.user システムプロパティーを設定します)

controllerUser

False

KIE_SERVER_CONTROLLER_PWD

KIE_SERVER_CONTROLLER_PWD

KIE Server コントローラーのパスワード (org.kie.server.controller.pwd システムプロパティーを設定します)

 — 

False

KIE_SERVER_CONTROLLER_TOKEN

KIE_SERVER_CONTROLLER_TOKEN

Bearer 認証用の KIE Server コントローラーのトークン (org.kie.server.controller.token システムプロパティーを設定します)

 — 

False

KIE_SERVER_USER

KIE_SERVER_USER

KIE サーバーのユーザー名 (org.kie.server.user システムプロパティーを設定します)

executionUser

False

KIE_SERVER_PWD

KIE_SERVER_PWD

KIE Server のパスワード (org.kie.server.pwd システムプロパティーを設定します)

 — 

False

KIE_SERVER_BYPASS_AUTH_USER

KIE_SERVER_BYPASS_AUTH_USER

KIE Server による、クエリーなどのタスク関連の操作についての認証済みユーザーのバイパスを許可 (org.kie.server.bypass.auth.user システムプロパティーを設定します)

false

False

KIE_SERVER_MODE

KIE_SERVER_MODE

KIE Server モード。有効な値は 'DEVELOPMENT' または 'PRODUCTION' です。実稼働モードでは、アーティファクトの SNAPSHOT バージョンを KIE サーバーにデプロイできず、既存コンテナーでアーティファクトのバージョンを変更することはできません (org.kie.server.mode システムプロパティーを設定します)。

DEVELOPMENT

False

KIE_MBEANS

KIE_MBEANS

KIE Server mbeans の有効化/無効化 (kie.mbeans and kie.scanner.mbeans システムプロパティーを設定します)

有効

False

DROOLS_SERVER_FILTER_CLASSES

DROOLS_SERVER_FILTER_CLASSES

KIE Server クラスフィルター (org.drools.server.filter.classes システムプロパティーを設定します)

true

False

PROMETHEUS_SERVER_EXT_DISABLED

PROMETHEUS_SERVER_EXT_DISABLED

false に設定されている場合には、Prometheus サーバーの拡張は有効にされます (org.kie.prometheus.server.ext.disabled システムプロパティーを設定します)。

false

False

DECISION_CENTRAL_HOSTNAME_HTTP

HOSTNAME_HTTP

Decision Central の http サービスのカスタムホスト名。デフォルトホスト名は空白にします (例: insecure-<application-name>-rhdmcentr-<project>.<default-domain-suffix>)。

 — 

False

DECISION_CENTRAL_HOSTNAME_HTTPS

HOSTNAME_HTTPS

Decision Central の https サービスルートのカスタムホスト名。デフォルトホスト名は空白にします (例: <application-name>-rhdmcentr-<project>.<default-domain-suffix>)。

 — 

False

KIE_SERVER_HOSTNAME_HTTP

HOSTNAME_HTTP

KIE Server の http サービスルートのカスタムホスト名。デフォルトホスト名の場合は空白にします (例: insecure-<application-name>-kieserver-<project>.<default-domain-suffix>)。

 — 

False

KIE_SERVER_HOSTNAME_HTTPS

HOSTNAME_HTTPS

KIE Server の https サービスルートのカスタムホスト名。デフォルトホスト名の場合は空白にします (例: <application-name>-kieserver-<project>.<default-domain-suffix>)。

 — 

False

DECISION_CENTRAL_HTTPS_SECRET

 — 

KIE Server のキーストアファイルが含まれるシークレットの名前

decisioncentral-app-secret

True

DECISION_CENTRAL_HTTPS_KEYSTORE

HTTPS_KEYSTORE

シークレット内のキーストアファイル名

keystore.jks

False

DECISION_CENTRAL_HTTPS_NAME

HTTPS_NAME

サーバー証明書に関連付けられている名前

jboss

False

DECISION_CENTRAL_HTTPS_PASSWORD

HTTPS_PASSWORD

キーストアおよび証明書のパスワード

mykeystorepass

False

KIE_SERVER_HTTPS_SECRET

 — 

キーストアファイルを含むシークレット名

kieserver-app-secret

True

KIE_SERVER_HTTPS_KEYSTORE

HTTPS_KEYSTORE

シークレット内のキーストアファイル名

keystore.jks

False

KIE_SERVER_HTTPS_NAME

HTTPS_NAME

サーバー証明書に関連付けられている名前

jboss

False

KIE_SERVER_HTTPS_PASSWORD

HTTPS_PASSWORD

キーストアおよび証明書のパスワード

mykeystorepass

False

KIE_SERVER_CONTROLLER_OPENSHIFT_GLOBAL_DISCOVERY_ENABLED

KIE_SERVER_CONTROLLER_OPENSHIFT_GLOBAL_DISCOVERY_ENABLED

true に設定すると、KIE Server のグローバル検出機能はオンになります (org.kie.server.controller.openshift.global.discovery.enabled システムプロパティーを設定します)。

false

False

KIE_SERVER_CONTROLLER_OPENSHIFT_PREFER_KIESERVER_SERVICE

KIE_SERVER_CONTROLLER_OPENSHIFT_PREFER_KIESERVER_SERVICE

Business Central の OpenShift 統合がオンの場合、このパラメーターを true に設定すると、OpenShift 内部サービスエンドポイント経由での KIE Server への接続が有効になります (org.kie.server.controller.openshift.prefer.kieserver.service システムプロパティーを設定します)。

true

False

KIE_SERVER_CONTROLLER_TEMPLATE_CACHE_TTL

KIE_SERVER_CONTROLLER_TEMPLATE_CACHE_TTL

KIE ServerTemplate Cache TTL (ミリ秒単位)(org.kie.server.controller.template.cache.ttl システムプロパティーを設定します)。

60000

False

IMAGE_STREAM_NAMESPACE

 — 

Red Hat Decision Manager イメージの ImageStream がインストールされている namespace。これらの ImageStreams は通常 OpenShift の namespace にインストールされています。ImageStreams を別の namespace/プロジェクトにインストールしている場合には、これを変更するだけで結構です。

openshift

True

KIE_SERVER_IMAGE_STREAM_NAME

 — 

KIE Server に使用するイメージストリームの名前。デフォルトは「rhdm-kieserver-rhel8」です。

rhdm-kieserver-rhel8

True

IMAGE_STREAM_TAG

 — 

イメージストリーム内のイメージへの名前付きのポインター。デフォルトは「7.6.0」です。

7.6.0

True

MAVEN_MIRROR_URL

MAVEN_MIRROR_URL

Decision Central および KIE サーバーが使用する必要のある Maven ミラー。ミラーを設定する場合、このミラーにはサービスのビルドおよびデプロイに必要なすべてのアーティファクトを含める必要があります。

 — 

False

MAVEN_MIRROR_OF

MAVEN_MIRROR_OF

KIE Server の Maven ミラー設定

external:*,!repo-rhdmcentr

False

MAVEN_REPO_ID

MAVEN_REPO_ID

Maven リポジトリーに使用する ID。これが設定されている場合には、MAVEN_MIRROR_OF に追加して、オプションで設定したミラーから除外できます (例: external:*,!repo-rhdmcentr,!repo-custom)。MAVEN_MIRROR_URL が設定されているが MAVEN_MIRROR_ID が設定されていない場合には、ID は無作為に生成され、MAVEN_MIRROR_OF では使用できません。

repo-custom

False

MAVEN_REPO_URL

MAVEN_REPO_URL

Maven リポジトリーまたはサービスへの完全修飾 URL

http://nexus.nexus-project.svc.cluster.local:8081/nexus/content/groups/public/

False

MAVEN_REPO_USERNAME

MAVEN_REPO_USERNAME

Maven リポジトリーにアクセスするためのユーザー名 (必要な場合)。

 — 

False

MAVEN_REPO_PASSWORD

MAVEN_REPO_PASSWORD

Maven リポジトリーにアクセスするパスワード (必要な場合)

 — 

False

DECISION_CENTRAL_MAVEN_USERNAME

KIE_MAVEN_USER

EAP 内の Decision Central がホストする Maven サービスにアクセスするためのパスワード

mavenUser

True

DECISION_CENTRAL_MAVEN_PASSWORD

KIE_MAVEN_PWD

EAP 内の Decision Central がホストする Maven サービスにアクセスするためのパスワード

 — 

True

GIT_HOOKS_DIR

GIT_HOOKS_DIR

git フックに使用するディレクトリー (必要な場合)

/opt/kie/data/git/hooks

False

DECISION_CENTRAL_VOLUME_CAPACITY

 — 

Decision Central のランタイムデータに向けた永続ストレージのサイズ

1Gi

True

DECISION_CENTRAL_MEMORY_LIMIT

 — 

Decision Central コンテナーのメモリー制限

2Gi

False

KIE_SERVER_MEMORY_LIMIT

 — 

KIE Server コンテナーのメモリー制限

1Gi

False

SSO_URL

SSO_URL

RH-SSO URL

https://rh-sso.example.com/auth

False

SSO_REALM

SSO_REALM

RH-SSO レルム名

 — 

False

DECISION_CENTRAL_SSO_CLIENT

SSO_CLIENT

Decision Central RH-SSO クライアント名

 — 

False

DECISION_CENTRAL_SSO_SECRET

SSO_SECRET

Decision Central RH-SSO クライアントシークレット

252793ed-7118-4ca8-8dab-5622fa97d892

False

KIE_SERVER_SSO_CLIENT

SSO_CLIENT

KIE Server RH-SSO クライアント名

 — 

False

KIE_SERVER_SSO_SECRET

SSO_SECRET

KIE Server RH-SSO クライアント名

252793ed-7118-4ca8-8dab-5622fa97d892

False

SSO_USERNAME

SSO_USERNAME

クライアント作成に使用する RH-SSO レルムの管理者ユーザー名 (存在しない場合)

 — 

False

SSO_PASSWORD

SSO_PASSWORD

クライアント作成に使用する RH-SSO レルムの管理者パスワード

 — 

False

SSO_DISABLE_SSL_CERTIFICATE_VALIDATION

SSO_DISABLE_SSL_CERTIFICATE_VALIDATION

RH-SSO Disable SSL 証明書の検証

false

False

SSO_PRINCIPAL_ATTRIBUTE

SSO_PRINCIPAL_ATTRIBUTE

ユーザー名として使用する RH-SSO プリンシパル属性

preferred_username

False

AUTH_LDAP_URL

AUTH_LDAP_URL

認証用に接続する LDAP エンドポイント

ldap://myldap.example.com

False

AUTH_LDAP_BIND_DN

AUTH_LDAP_BIND_DN

認証に使用するバインド DN

uid=admin,ou=users,ou=example,ou=com

False

AUTH_LDAP_BIND_CREDENTIAL

AUTH_LDAP_BIND_CREDENTIAL

認証に使用する LDAP 認証情報

Password

False

AUTH_LDAP_JAAS_SECURITY_DOMAIN

AUTH_LDAP_JAAS_SECURITY_DOMAIN

パスワードの復号化に使用する JaasSecurityDomain の JMX ObjectName

 — 

False

AUTH_LDAP_BASE_CTX_DN

AUTH_LDAP_BASE_CTX_DN

ユーザー検索の開始に使用する最上位コンテキストの LDAP ベース DN

ou=users,ou=example,ou=com

False

AUTH_LDAP_BASE_FILTER

AUTH_LDAP_BASE_FILTER

認証するユーザーのコンテキストの検索に使用する LDAP 検索フィルター。{0} 式を使用しているフィルターに、入力ユーザー名またはログインモジュールコールバックから取得される userDN が置換されます。検索フィルターの一般的な例は (uid={0}) です。

(uid={0})

False

AUTH_LDAP_SEARCH_SCOPE

AUTH_LDAP_SEARCH_SCOPE

使用する検索範囲。

SUBTREE_SCOPE

False

AUTH_LDAP_SEARCH_TIME_LIMIT

AUTH_LDAP_SEARCH_TIME_LIMIT

ユーザーまたはロール検索のタイムアウト (ミリ秒単位)。

10000

False

AUTH_LDAP_DISTINGUISHED_NAME_ATTRIBUTE

AUTH_LDAP_DISTINGUISHED_NAME_ATTRIBUTE

ユーザーの DN を含むユーザーエントリーの属性の名前。これは、ユーザー自身の DN に正しいユーザーマッピングを妨げる特殊文字 (バックスラッシュなど) が含まれる場合に必要になることがあります。属性が存在しない場合は、エントリーの DN が使用されます。

distinguishedName

False

AUTH_LDAP_PARSE_USERNAME

AUTH_LDAP_PARSE_USERNAME

DN がユーザー名に対して解析されるかどうかを示すフラグ。true に設定されている場合には、 DN はユーザー名に対して解析されます。false に設定されている場合には、 DN はユーザー名に対して解析されません。このオプションは usernameBeginString および usernameEndString と共に使用されます。

true

False

AUTH_LDAP_USERNAME_BEGIN_STRING

AUTH_LDAP_USERNAME_BEGIN_STRING

ユーザー名を公開するため、DN の最初から削除される文字列を定義します。このオプションは usernameEndString と併用され、parseUsername が true に設定されている場合にのみ考慮されます。

 — 

False

AUTH_LDAP_USERNAME_END_STRING

AUTH_LDAP_USERNAME_END_STRING

ユーザー名を公開するため、DN の最後から削除される文字列を定義します。このオプションは usernameEndString と合わせて使用し、parseUsername が true に設定されている場合にのみ考慮されます。

 — 

False

AUTH_LDAP_ROLE_ATTRIBUTE_ID

AUTH_LDAP_ROLE_ATTRIBUTE_ID

ユーザーロールを含む属性の名前

memberOf

False

AUTH_LDAP_ROLES_CTX_DN

AUTH_LDAP_ROLES_CTX_DN

ユーザーロールを検索するコンテキストの固定 DN。これは、実際のロールが存在する DN ではなく、ユーザーロールを含むオブジェクトが存在する DN です。たとえば、Microsoft Active Directory サーバーでは、これは、ユーザーアカウントが存在する DN です。

ou=groups,ou=example,ou=com

False

AUTH_LDAP_ROLE_FILTER

AUTH_LDAP_ROLE_FILTER

認証済みユーザーと関連付けられたロールを検索するために使用される検索フィルター。入力ユーザー名またはログインモジュールコールバックから取得される userDN は、{0} 式が使用されたフィルターに置換されます。認証済み userDN は {1} が使用されたフィルターに置換されます。入力ユーザー名に一致する検索フィルター例は (member={0}) です。認証済み userDN に一致する他の例は (member={1}) です。

(memberOf={1})

False

AUTH_LDAP_ROLE_RECURSION

AUTH_LDAP_ROLE_RECURSION

ロール検索が一致するコンテキストで行われる再帰のレベル数。再帰を無効にするには、これを 0 に設定します。

1

False

AUTH_LDAP_DEFAULT_ROLE

AUTH_LDAP_DEFAULT_ROLE

認証された全ユーザーに対して含まれるロール

user

False

AUTH_LDAP_ROLE_NAME_ATTRIBUTE_ID

AUTH_LDAP_ROLE_NAME_ATTRIBUTE_ID

ロール名を含む roleCtxDN コンテキスト内の属性の名前。roleAttributeIsDN プロパティーが true に設定されている場合には、このプロパティーはロールオブジェクトの名前属性の検索に使用されます。

name

False

AUTH_LDAP_PARSE_ROLE_NAME_FROM_DN

AUTH_LDAP_PARSE_ROLE_NAME_FROM_DN

クエリーによって返された DN に roleNameAttributeID が含まれるかどうかを示すフラグ。true に設定されている場合には、DN は roleNameATtributeID に対してチェックされます。false に設定されている場合、DN は roleNameATtributeID に対してチェックされません。このフラグは LDAP クエリーのパフォーマンスを向上できます。

false

False

AUTH_LDAP_ROLE_ATTRIBUTE_IS_DN

AUTH_LDAP_ROLE_ATTRIBUTE_IS_DN

roleAttributeID にロールオブジェクトの完全修飾 DN が含まれるかどうか。false の場合は、コンテキスト名の roleNameAttributeId 属性の値からロール名が取得されます。Microsoft Active Directory などの特定のディレクトリースキーマでは、この属性を true に設定する必要があります。

false

False

AUTH_LDAP_REFERRAL_USER_ATTRIBUTE_ID_TO_CHECK

AUTH_LDAP_REFERRAL_USER_ATTRIBUTE_ID_TO_CHECK

リファーラル (referral) を使用しない場合はこのオプションを無視してもかまいません。リファーラルを使用し、ロールオブジェクトがリファーラル内にある場合、このオプションは特定のロール (例: member) に対して定義されたユーザーが含まれる属性名を示します。ユーザーはこの属性名の内容に対してチェックされます。このオプションが設定されていないとチェックは常に失敗するため、ロールオブジェクトはリファーラルツリーに保存できません。

 — 

False

AUTH_ROLE_MAPPER_ROLES_PROPERTIES

AUTH_ROLE_MAPPER_ROLES_PROPERTIES

このパラメーターがある場合には、RoleMapping ログインモジュールが指定したファイルを使用するように設定されます。このパラメーターは、ロールを置換ロールにマップするプロパティーファイルまたはリソースの完全修飾ファイルパスまたは名前を定義します。形式は original_role=role1,role2,role3 になります。

 — 

False

AUTH_ROLE_MAPPER_REPLACE_ROLE

AUTH_ROLE_MAPPER_REPLACE_ROLE

現在のロールを追加するか、マップされたロールに現在のマップを置き換えるか。true に設定されている場合は、置き換えられます。

 — 

False

5.1.2. オブジェクト

CLI はさまざまなオブジェクトタイプをサポートします。これらのオブジェクトタイプの一覧や略語については、Openshift ドキュメント を参照してください。

5.1.2.1. サービス

サービスは、Pod の論理セットや、Pod にアクセスするためのポリシーを定義する抽象概念です。詳細は、コンテナーエンジンのドキュメント を参照してください。

サービスポート名前説明

${APPLICATION_NAME}-rhdmcentr

8080

http

全 Decision Central の Web サーバーのポート

8443

https

${APPLICATION_NAME}-kieserver

8080

http

すべての KIE Server Web サーバーのポート

8443

https

5.1.2.2. ルート

ルートは、www.example.com などの外部から到達可能なホスト名を指定してサービスを公開する 1 つの手段です。ルーターは、定義したルートやサービスで特定したエンドポイントを使用して、外部のクライアントからアプリケーションに名前付きの接続を提供します。各ルートは、ルート名、サービスセレクター、セキュリティー設定 (オプション) で構成されます。詳細は、Openshift ドキュメント を参照してください。

サービスセキュリティーホスト名

insecure-${APPLICATION_NAME}-rhdmcentr-http

なし

${DECISION_CENTRAL_HOSTNAME_HTTP}

${APPLICATION_NAME}-rhdmcentr-https

TLS パススルー

${DECISION_CENTRAL_HOSTNAME_HTTPS}

insecure-${APPLICATION_NAME}-kieserver-http

なし

${KIE_SERVER_HOSTNAME_HTTP}

${APPLICATION_NAME}-kieserver-https

TLS パススルー

${KIE_SERVER_HOSTNAME_HTTPS}

5.1.2.3. デプロイメント設定

OpenShift のデプロイメントは、デプロイメント設定と呼ばれるユーザー定義のテンプレートをベースとするレプリケーションコントローラーです。デプロイメントは手動で作成されるか、またはトリガーされるイベントに対応して作成されます。詳細は、Openshift ドキュメントを参照してください。

5.1.2.3.1. トリガー

トリガーは OpenShift 内外を問わず、イベントが発生すると新規デプロイメントを作成するように促します。詳細は、Openshift ドキュメントを参照してください。

デプロイメントトリガー

${APPLICATION_NAME}-rhdmcentr

ImageChange

${APPLICATION_NAME}-kieserver

ImageChange

5.1.2.3.2. レプリカ

レプリケーションコントローラーは、指定した数の Pod の「レプリカ」が一度に実行されるようにします。レプリカが増えると、レプリケーションコントローラーが Pod の一部を強制終了します。レプリカが足りない場合には、追加で起動します。詳細は、コンテナーエンジンのドキュメントを参照してください。

デプロイメントレプリカ

${APPLICATION_NAME}-rhdmcentr

1

${APPLICATION_NAME}-kieserver

1

5.1.2.3.3. Pod テンプレート
5.1.2.3.3.1. サービスアカウント

サービスアカウントは、各プロジェクト内に存在する API オブジェクトです。他の API オブジェクトのように作成し、削除できます。詳細は、Openshift ドキュメントを参照してください。

デプロイメントサービスアカウント

${APPLICATION_NAME}-rhdmcentr

${APPLICATION_NAME}-rhdmsvc

${APPLICATION_NAME}-kieserver

${APPLICATION_NAME}-rhdmsvc

5.1.2.3.3.2. イメージ
デプロイメントイメージ

${APPLICATION_NAME}-rhdmcentr

rhdm-decisioncentral-rhel8

${APPLICATION_NAME}-kieserver

${KIE_SERVER_IMAGE_STREAM_NAME}

5.1.2.3.3.3. Readiness プローブ

${APPLICATION_NAME}-rhdmcentr

Http Get on http://localhost:8080/rest/ready

${APPLICATION_NAME}-kieserver

Http Get on http://localhost:8080/services/rest/server/readycheck

5.1.2.3.3.4. Liveness プローブ

${APPLICATION_NAME}-rhdmcentr

Http Get on http://localhost:8080/rest/healthy

${APPLICATION_NAME}-kieserver

Http Get on http://localhost:8080/services/rest/server/healthcheck

5.1.2.3.3.5. 公開されたポート
デプロイメント名前ポートプロトコル

${APPLICATION_NAME}-rhdmcentr

jolokia

8778

TCP

http

8080

TCP

https

8443

TCP

${APPLICATION_NAME}-kieserver

jolokia

8778

TCP

http

8080

TCP

https

8443

TCP

5.1.2.3.3.6. イメージの環境変数
デプロイメント変数名説明値の例

${APPLICATION_NAME}-rhdmcentr

APPLICATION_USERS_PROPERTIES

 — 

/opt/kie/data/configuration/application-users.properties

APPLICATION_ROLES_PROPERTIES

 — 

/opt/kie/data/configuration/application-roles.properties

KIE_ADMIN_USER

KIE 管理者のユーザー名

${KIE_ADMIN_USER}

KIE_ADMIN_PWD

KIE 管理者のパスワード

${KIE_ADMIN_PWD}

KIE_MBEANS

KIE Server mbeans の有効化/無効化 (kie.mbeans and kie.scanner.mbeans システムプロパティーを設定します)

${KIE_MBEANS}

KIE_SERVER_CONTROLLER_OPENSHIFT_GLOBAL_DISCOVERY_ENABLED

true に設定すると、KIE Server のグローバル検出機能はオンになります (org.kie.server.controller.openshift.global.discovery.enabled システムプロパティーを設定します)。

${KIE_SERVER_CONTROLLER_OPENSHIFT_GLOBAL_DISCOVERY_ENABLED}

KIE_SERVER_CONTROLLER_OPENSHIFT_PREFER_KIESERVER_SERVICE

Business Central の OpenShift 統合がオンの場合、このパラメーターを true に設定すると、OpenShift 内部サービスエンドポイント経由での KIE Server への接続が有効になります (org.kie.server.controller.openshift.prefer.kieserver.service システムプロパティーを設定します)。

${KIE_SERVER_CONTROLLER_OPENSHIFT_PREFER_KIESERVER_SERVICE}

KIE_SERVER_CONTROLLER_TEMPLATE_CACHE_TTL

KIE ServerTemplate Cache TTL (ミリ秒単位)(org.kie.server.controller.template.cache.ttl システムプロパティーを設定します)。

${KIE_SERVER_CONTROLLER_TEMPLATE_CACHE_TTL}

KIE_WORKBENCH_CONTROLLER_OPENSHIFT_ENABLED

 — 

true

KIE_SERVER_CONTROLLER_USER

KIE Server コントローラーのユーザー名 (org.kie.server.controller.user システムプロパティーを設定します)

${KIE_SERVER_CONTROLLER_USER}

KIE_SERVER_CONTROLLER_PWD

KIE Server コントローラーのパスワード (org.kie.server.controller.pwd システムプロパティーを設定します)

${KIE_SERVER_CONTROLLER_PWD}

KIE_SERVER_CONTROLLER_TOKEN

Bearer 認証用の KIE Server コントローラーのトークン (org.kie.server.controller.token システムプロパティーを設定します)

${KIE_SERVER_CONTROLLER_TOKEN}

KIE_SERVER_USER

KIE サーバーのユーザー名 (org.kie.server.user システムプロパティーを設定します)

${KIE_SERVER_USER}

KIE_SERVER_PWD

KIE Server のパスワード (org.kie.server.pwd システムプロパティーを設定します)

${KIE_SERVER_PWD}

WORKBENCH_ROUTE_NAME

 — 

${APPLICATION_NAME}-rhdmcentr

MAVEN_MIRROR_URL

Decision Central および KIE サーバーが使用する必要のある Maven ミラー。ミラーを設定する場合、このミラーにはサービスのビルドおよびデプロイに必要なすべてのアーティファクトを含める必要があります。

${MAVEN_MIRROR_URL}

MAVEN_REPO_ID

Maven リポジトリーに使用する ID。これが設定されている場合には、MAVEN_MIRROR_OF に追加して、オプションで設定したミラーから除外できます (例: external:*,!repo-rhdmcentr,!repo-custom)。MAVEN_MIRROR_URL が設定されているが MAVEN_MIRROR_ID が設定されていない場合には、ID は無作為に生成され、MAVEN_MIRROR_OF では使用できません。

${MAVEN_REPO_ID}

MAVEN_REPO_URL

Maven リポジトリーまたはサービスへの完全修飾 URL

${MAVEN_REPO_URL}

MAVEN_REPO_USERNAME

Maven リポジトリーにアクセスするためのユーザー名 (必要な場合)。

${MAVEN_REPO_USERNAME}

MAVEN_REPO_PASSWORD

Maven リポジトリーにアクセスするパスワード (必要な場合)

${MAVEN_REPO_PASSWORD}

KIE_MAVEN_USER

EAP 内の Decision Central がホストする Maven サービスにアクセスするためのパスワード

${DECISION_CENTRAL_MAVEN_USERNAME}

KIE_MAVEN_PWD

EAP 内の Decision Central がホストする Maven サービスにアクセスするためのパスワード

${DECISION_CENTRAL_MAVEN_PASSWORD}

GIT_HOOKS_DIR

git フックに使用するディレクトリー (必要な場合)

${GIT_HOOKS_DIR}

HTTPS_KEYSTORE_DIR

 — 

/etc/decisioncentral-secret-volume

HTTPS_KEYSTORE

シークレット内のキーストアファイル名

${DECISION_CENTRAL_HTTPS_KEYSTORE}

HTTPS_NAME

サーバー証明書に関連付けられている名前

${DECISION_CENTRAL_HTTPS_NAME}

HTTPS_PASSWORD

キーストアおよび証明書のパスワード

${DECISION_CENTRAL_HTTPS_PASSWORD}

SSO_URL

RH-SSO URL

${SSO_URL}

SSO_OPENIDCONNECT_DEPLOYMENTS

 — 

ROOT.war

SSO_REALM

RH-SSO レルム名

${SSO_REALM}

SSO_SECRET

Decision Central RH-SSO クライアントシークレット

${DECISION_CENTRAL_SSO_SECRET}

SSO_CLIENT

Decision Central RH-SSO クライアント名

${DECISION_CENTRAL_SSO_CLIENT}

SSO_USERNAME

クライアント作成に使用する RH-SSO レルムの管理者ユーザー名 (存在しない場合)

${SSO_USERNAME}

SSO_PASSWORD

クライアント作成に使用する RH-SSO レルムの管理者パスワード

${SSO_PASSWORD}

SSO_DISABLE_SSL_CERTIFICATE_VALIDATION

RH-SSO Disable SSL 証明書の検証

${SSO_DISABLE_SSL_CERTIFICATE_VALIDATION}

SSO_PRINCIPAL_ATTRIBUTE

ユーザー名として使用する RH-SSO プリンシパル属性

${SSO_PRINCIPAL_ATTRIBUTE}

HOSTNAME_HTTP

Decision Central の http サービスのカスタムホスト名。デフォルトホスト名は空白にします (例: insecure-<application-name>-rhdmcentr-<project>.<default-domain-suffix>)。

${DECISION_CENTRAL_HOSTNAME_HTTP}

HOSTNAME_HTTPS

Decision Central の https サービスルートのカスタムホスト名。デフォルトホスト名は空白にします (例: <application-name>-rhdmcentr-<project>.<default-domain-suffix>)。

${DECISION_CENTRAL_HOSTNAME_HTTPS}

AUTH_LDAP_URL

認証用に接続する LDAP エンドポイント

${AUTH_LDAP_URL}

AUTH_LDAP_BIND_DN

認証に使用するバインド DN

${AUTH_LDAP_BIND_DN}

AUTH_LDAP_BIND_CREDENTIAL

認証に使用する LDAP 認証情報

${AUTH_LDAP_BIND_CREDENTIAL}

AUTH_LDAP_JAAS_SECURITY_DOMAIN

パスワードの復号化に使用する JaasSecurityDomain の JMX ObjectName

${AUTH_LDAP_JAAS_SECURITY_DOMAIN}

AUTH_LDAP_BASE_CTX_DN

ユーザー検索の開始に使用する最上位コンテキストの LDAP ベース DN

${AUTH_LDAP_BASE_CTX_DN}

AUTH_LDAP_BASE_FILTER

認証するユーザーのコンテキストの検索に使用する LDAP 検索フィルター。{0} 式を使用しているフィルターに、入力ユーザー名またはログインモジュールコールバックから取得される userDN が置換されます。検索フィルターの一般的な例は (uid={0}) です。

${AUTH_LDAP_BASE_FILTER}

AUTH_LDAP_SEARCH_SCOPE

使用する検索範囲。

${AUTH_LDAP_SEARCH_SCOPE}

AUTH_LDAP_SEARCH_TIME_LIMIT

ユーザーまたはロール検索のタイムアウト (ミリ秒単位)。

${AUTH_LDAP_SEARCH_TIME_LIMIT}

AUTH_LDAP_DISTINGUISHED_NAME_ATTRIBUTE

ユーザーの DN を含むユーザーエントリーの属性の名前。これは、ユーザー自身の DN に正しいユーザーマッピングを妨げる特殊文字 (バックスラッシュなど) が含まれる場合に必要になることがあります。属性が存在しない場合は、エントリーの DN が使用されます。

${AUTH_LDAP_DISTINGUISHED_NAME_ATTRIBUTE}

AUTH_LDAP_PARSE_USERNAME

DN がユーザー名に対して解析されるかどうかを示すフラグ。true に設定されている場合には、 DN はユーザー名に対して解析されます。false に設定されている場合には、 DN はユーザー名に対して解析されません。このオプションは usernameBeginString および usernameEndString と共に使用されます。

${AUTH_LDAP_PARSE_USERNAME}

AUTH_LDAP_USERNAME_BEGIN_STRING

ユーザー名を公開するため、DN の最初から削除される文字列を定義します。このオプションは usernameEndString と併用され、parseUsername が true に設定されている場合にのみ考慮されます。

${AUTH_LDAP_USERNAME_BEGIN_STRING}

AUTH_LDAP_USERNAME_END_STRING

ユーザー名を公開するため、DN の最後から削除される文字列を定義します。このオプションは usernameEndString と合わせて使用し、parseUsername が true に設定されている場合にのみ考慮されます。

${AUTH_LDAP_USERNAME_END_STRING}

AUTH_LDAP_ROLE_ATTRIBUTE_ID

ユーザーロールを含む属性の名前

${AUTH_LDAP_ROLE_ATTRIBUTE_ID}

AUTH_LDAP_ROLES_CTX_DN

ユーザーロールを検索するコンテキストの固定 DN。これは、実際のロールが存在する DN ではなく、ユーザーロールを含むオブジェクトが存在する DN です。たとえば、Microsoft Active Directory サーバーでは、これは、ユーザーアカウントが存在する DN です。

${AUTH_LDAP_ROLES_CTX_DN}

AUTH_LDAP_ROLE_FILTER

認証済みユーザーと関連付けられたロールを検索するために使用される検索フィルター。入力ユーザー名またはログインモジュールコールバックから取得される userDN は、{0} 式が使用されたフィルターに置換されます。認証済み userDN は {1} が使用されたフィルターに置換されます。入力ユーザー名に一致する検索フィルター例は (member={0}) です。認証済み userDN に一致する他の例は (member={1}) です。

${AUTH_LDAP_ROLE_FILTER}

AUTH_LDAP_ROLE_RECURSION

ロール検索が一致するコンテキストで行われる再帰のレベル数。再帰を無効にするには、これを 0 に設定します。

${AUTH_LDAP_ROLE_RECURSION}

AUTH_LDAP_DEFAULT_ROLE

認証された全ユーザーに対して含まれるロール

${AUTH_LDAP_DEFAULT_ROLE}

AUTH_LDAP_ROLE_NAME_ATTRIBUTE_ID

ロール名を含む roleCtxDN コンテキスト内の属性の名前。roleAttributeIsDN プロパティーが true に設定されている場合には、このプロパティーはロールオブジェクトの名前属性の検索に使用されます。

${AUTH_LDAP_ROLE_NAME_ATTRIBUTE_ID}

AUTH_LDAP_PARSE_ROLE_NAME_FROM_DN

クエリーによって返された DN に roleNameAttributeID が含まれるかどうかを示すフラグ。true に設定されている場合には、DN は roleNameATtributeID に対してチェックされます。false に設定されている場合、DN は roleNameATtributeID に対してチェックされません。このフラグは LDAP クエリーのパフォーマンスを向上できます。

${AUTH_LDAP_PARSE_ROLE_NAME_FROM_DN}

AUTH_LDAP_ROLE_ATTRIBUTE_IS_DN

roleAttributeID にロールオブジェクトの完全修飾 DN が含まれるかどうか。false の場合は、コンテキスト名の roleNameAttributeId 属性の値からロール名が取得されます。Microsoft Active Directory などの特定のディレクトリースキーマでは、この属性を true に設定する必要があります。

${AUTH_LDAP_ROLE_ATTRIBUTE_IS_DN}

AUTH_LDAP_REFERRAL_USER_ATTRIBUTE_ID_TO_CHECK

リファーラル (referral) を使用しない場合はこのオプションを無視してもかまいません。リファーラルを使用し、ロールオブジェクトがリファーラル内にある場合、このオプションは特定のロール (例: member) に対して定義されたユーザーが含まれる属性名を示します。ユーザーはこの属性名の内容に対してチェックされます。このオプションが設定されていないとチェックは常に失敗するため、ロールオブジェクトはリファーラルツリーに保存できません。

${AUTH_LDAP_REFERRAL_USER_ATTRIBUTE_ID_TO_CHECK}

AUTH_ROLE_MAPPER_ROLES_PROPERTIES

このパラメーターがある場合には、RoleMapping ログインモジュールが指定したファイルを使用するように設定されます。このパラメーターは、ロールを置換ロールにマップするプロパティーファイルまたはリソースの完全修飾ファイルパスまたは名前を定義します。形式は original_role=role1,role2,role3 になります。

${AUTH_ROLE_MAPPER_ROLES_PROPERTIES}

AUTH_ROLE_MAPPER_REPLACE_ROLE

現在のロールを追加するか、マップされたロールに現在のマップを置き換えるか。true に設定されている場合は、置き換えられます。

${AUTH_ROLE_MAPPER_REPLACE_ROLE}

${APPLICATION_NAME}-kieserver

WORKBENCH_SERVICE_NAME

 — 

${APPLICATION_NAME}-rhdmcentr

KIE_ADMIN_USER

KIE 管理者のユーザー名

${KIE_ADMIN_USER}

KIE_ADMIN_PWD

KIE 管理者のパスワード

${KIE_ADMIN_PWD}

KIE_SERVER_MODE

KIE Server モード。有効な値は 'DEVELOPMENT' または 'PRODUCTION' です。実稼働モードでは、アーティファクトの SNAPSHOT バージョンを KIE サーバーにデプロイできず、既存コンテナーでアーティファクトのバージョンを変更することはできません (org.kie.server.mode システムプロパティーを設定します)。

${KIE_SERVER_MODE}

KIE_MBEANS

KIE Server mbeans の有効化/無効化 (kie.mbeans and kie.scanner.mbeans システムプロパティーを設定します)

${KIE_MBEANS}

DROOLS_SERVER_FILTER_CLASSES

KIE Server クラスフィルター (org.drools.server.filter.classes システムプロパティーを設定します)

${DROOLS_SERVER_FILTER_CLASSES}

PROMETHEUS_SERVER_EXT_DISABLED

false に設定されている場合には、Prometheus サーバーの拡張は有効にされます (org.kie.prometheus.server.ext.disabled システムプロパティーを設定します)。

${PROMETHEUS_SERVER_EXT_DISABLED}

KIE_SERVER_BYPASS_AUTH_USER

KIE Server による、クエリーなどのタスク関連の操作についての認証済みユーザーのバイパスを許可 (org.kie.server.bypass.auth.user システムプロパティーを設定します)

${KIE_SERVER_BYPASS_AUTH_USER}

KIE_SERVER_ID

 — 

 — 

KIE_SERVER_ROUTE_NAME

 — 

${APPLICATION_NAME}-kieserver

KIE_SERVER_STARTUP_STRATEGY

 — 

OpenShiftStartupStrategy

KIE_SERVER_USER

KIE サーバーのユーザー名 (org.kie.server.user システムプロパティーを設定します)

${KIE_SERVER_USER}

KIE_SERVER_PWD

KIE Server のパスワード (org.kie.server.pwd システムプロパティーを設定します)

${KIE_SERVER_PWD}

MAVEN_MIRROR_URL

Decision Central および KIE サーバーが使用する必要のある Maven ミラー。ミラーを設定する場合、このミラーにはサービスのビルドおよびデプロイに必要なすべてのアーティファクトを含める必要があります。

${MAVEN_MIRROR_URL}

MAVEN_MIRROR_OF

KIE Server の Maven ミラー設定

${MAVEN_MIRROR_OF}

MAVEN_REPOS

 — 

RHDMCENTR,EXTERNAL

RHDMCENTR_MAVEN_REPO_ID

 — 

repo-rhdmcentr

RHDMCENTR_MAVEN_REPO_SERVICE

 — 

${APPLICATION_NAME}-rhdmcentr

RHDMCENTR_MAVEN_REPO_PATH

 — 

/maven2/

RHDMCENTR_MAVEN_REPO_USERNAME

EAP 内の Decision Central がホストする Maven サービスにアクセスするためのパスワード

${DECISION_CENTRAL_MAVEN_USERNAME}

RHDMCENTR_MAVEN_REPO_PASSWORD

EAP 内の Decision Central がホストする Maven サービスにアクセスするためのパスワード

${DECISION_CENTRAL_MAVEN_PASSWORD}

EXTERNAL_MAVEN_REPO_ID

Maven リポジトリーに使用する ID。これが設定されている場合には、MAVEN_MIRROR_OF に追加して、オプションで設定したミラーから除外できます (例: external:*,!repo-rhdmcentr,!repo-custom)。MAVEN_MIRROR_URL が設定されているが MAVEN_MIRROR_ID が設定されていない場合には、ID は無作為に生成され、MAVEN_MIRROR_OF では使用できません。

${MAVEN_REPO_ID}

EXTERNAL_MAVEN_REPO_URL

Maven リポジトリーまたはサービスへの完全修飾 URL

${MAVEN_REPO_URL}

EXTERNAL_MAVEN_REPO_USERNAME

Maven リポジトリーにアクセスするためのユーザー名 (必要な場合)。

${MAVEN_REPO_USERNAME}

EXTERNAL_MAVEN_REPO_PASSWORD

Maven リポジトリーにアクセスするパスワード (必要な場合)

${MAVEN_REPO_PASSWORD}

HTTPS_KEYSTORE_DIR

 — 

/etc/kieserver-secret-volume

HTTPS_KEYSTORE

シークレット内のキーストアファイル名

${KIE_SERVER_HTTPS_KEYSTORE}

HTTPS_NAME

サーバー証明書に関連付けられている名前

${KIE_SERVER_HTTPS_NAME}

HTTPS_PASSWORD

キーストアおよび証明書のパスワード

${KIE_SERVER_HTTPS_PASSWORD}

SSO_URL

RH-SSO URL

${SSO_URL}

SSO_OPENIDCONNECT_DEPLOYMENTS

 — 

ROOT.war

SSO_REALM

RH-SSO レルム名

${SSO_REALM}

SSO_SECRET

KIE Server RH-SSO クライアント名

${KIE_SERVER_SSO_SECRET}

SSO_CLIENT

KIE Server RH-SSO クライアント名

${KIE_SERVER_SSO_CLIENT}

SSO_USERNAME

クライアント作成に使用する RH-SSO レルムの管理者ユーザー名 (存在しない場合)

${SSO_USERNAME}

SSO_PASSWORD

クライアント作成に使用する RH-SSO レルムの管理者パスワード

${SSO_PASSWORD}

SSO_DISABLE_SSL_CERTIFICATE_VALIDATION

RH-SSO Disable SSL 証明書の検証

${SSO_DISABLE_SSL_CERTIFICATE_VALIDATION}

SSO_PRINCIPAL_ATTRIBUTE

ユーザー名として使用する RH-SSO プリンシパル属性

${SSO_PRINCIPAL_ATTRIBUTE}

HOSTNAME_HTTP

KIE Server の http サービスルートのカスタムホスト名。デフォルトホスト名の場合は空白にします (例: insecure-<application-name>-kieserver-<project>.<default-domain-suffix>)。

${KIE_SERVER_HOSTNAME_HTTP}

HOSTNAME_HTTPS

KIE Server の https サービスルートのカスタムホスト名。デフォルトホスト名の場合は空白にします (例: <application-name>-kieserver-<project>.<default-domain-suffix>)。

${KIE_SERVER_HOSTNAME_HTTPS}

AUTH_LDAP_URL

認証用に接続する LDAP エンドポイント

${AUTH_LDAP_URL}

AUTH_LDAP_BIND_DN

認証に使用するバインド DN

${AUTH_LDAP_BIND_DN}

AUTH_LDAP_BIND_CREDENTIAL

認証に使用する LDAP 認証情報

${AUTH_LDAP_BIND_CREDENTIAL}

AUTH_LDAP_JAAS_SECURITY_DOMAIN

パスワードの復号化に使用する JaasSecurityDomain の JMX ObjectName

${AUTH_LDAP_JAAS_SECURITY_DOMAIN}

AUTH_LDAP_BASE_CTX_DN

ユーザー検索の開始に使用する最上位コンテキストの LDAP ベース DN

${AUTH_LDAP_BASE_CTX_DN}

AUTH_LDAP_BASE_FILTER

認証するユーザーのコンテキストの検索に使用する LDAP 検索フィルター。{0} 式を使用しているフィルターに、入力ユーザー名またはログインモジュールコールバックから取得される userDN が置換されます。検索フィルターの一般的な例は (uid={0}) です。

${AUTH_LDAP_BASE_FILTER}

AUTH_LDAP_SEARCH_SCOPE

使用する検索範囲。

${AUTH_LDAP_SEARCH_SCOPE}

AUTH_LDAP_SEARCH_TIME_LIMIT

ユーザーまたはロール検索のタイムアウト (ミリ秒単位)。

${AUTH_LDAP_SEARCH_TIME_LIMIT}

AUTH_LDAP_DISTINGUISHED_NAME_ATTRIBUTE

ユーザーの DN を含むユーザーエントリーの属性の名前。これは、ユーザー自身の DN に正しいユーザーマッピングを妨げる特殊文字 (バックスラッシュなど) が含まれる場合に必要になることがあります。属性が存在しない場合は、エントリーの DN が使用されます。

${AUTH_LDAP_DISTINGUISHED_NAME_ATTRIBUTE}

AUTH_LDAP_PARSE_USERNAME

DN がユーザー名に対して解析されるかどうかを示すフラグ。true に設定されている場合には、 DN はユーザー名に対して解析されます。false に設定されている場合には、 DN はユーザー名に対して解析されません。このオプションは usernameBeginString および usernameEndString と共に使用されます。

${AUTH_LDAP_PARSE_USERNAME}

AUTH_LDAP_USERNAME_BEGIN_STRING

ユーザー名を公開するため、DN の最初から削除される文字列を定義します。このオプションは usernameEndString と併用され、parseUsername が true に設定されている場合にのみ考慮されます。

${AUTH_LDAP_USERNAME_BEGIN_STRING}

AUTH_LDAP_USERNAME_END_STRING

ユーザー名を公開するため、DN の最後から削除される文字列を定義します。このオプションは usernameEndString と合わせて使用し、parseUsername が true に設定されている場合にのみ考慮されます。

${AUTH_LDAP_USERNAME_END_STRING}

AUTH_LDAP_ROLE_ATTRIBUTE_ID

ユーザーロールを含む属性の名前

${AUTH_LDAP_ROLE_ATTRIBUTE_ID}

AUTH_LDAP_ROLES_CTX_DN

ユーザーロールを検索するコンテキストの固定 DN。これは、実際のロールが存在する DN ではなく、ユーザーロールを含むオブジェクトが存在する DN です。たとえば、Microsoft Active Directory サーバーでは、これは、ユーザーアカウントが存在する DN です。

${AUTH_LDAP_ROLES_CTX_DN}

AUTH_LDAP_ROLE_FILTER

認証済みユーザーと関連付けられたロールを検索するために使用される検索フィルター。入力ユーザー名またはログインモジュールコールバックから取得される userDN は、{0} 式が使用されたフィルターに置換されます。認証済み userDN は {1} が使用されたフィルターに置換されます。入力ユーザー名に一致する検索フィルター例は (member={0}) です。認証済み userDN に一致する他の例は (member={1}) です。

${AUTH_LDAP_ROLE_FILTER}

AUTH_LDAP_ROLE_RECURSION

ロール検索が一致するコンテキストで行われる再帰のレベル数。再帰を無効にするには、これを 0 に設定します。

${AUTH_LDAP_ROLE_RECURSION}

AUTH_LDAP_DEFAULT_ROLE

認証された全ユーザーに対して含まれるロール

${AUTH_LDAP_DEFAULT_ROLE}

AUTH_LDAP_ROLE_NAME_ATTRIBUTE_ID

ロール名を含む roleCtxDN コンテキスト内の属性の名前。roleAttributeIsDN プロパティーが true に設定されている場合には、このプロパティーはロールオブジェクトの名前属性の検索に使用されます。

${AUTH_LDAP_ROLE_NAME_ATTRIBUTE_ID}

AUTH_LDAP_PARSE_ROLE_NAME_FROM_DN

クエリーによって返された DN に roleNameAttributeID が含まれるかどうかを示すフラグ。true に設定されている場合には、DN は roleNameATtributeID に対してチェックされます。false に設定されている場合、DN は roleNameATtributeID に対してチェックされません。このフラグは LDAP クエリーのパフォーマンスを向上できます。

${AUTH_LDAP_PARSE_ROLE_NAME_FROM_DN}

AUTH_LDAP_ROLE_ATTRIBUTE_IS_DN

roleAttributeID にロールオブジェクトの完全修飾 DN が含まれるかどうか。false の場合は、コンテキスト名の roleNameAttributeId 属性の値からロール名が取得されます。Microsoft Active Directory などの特定のディレクトリースキーマでは、この属性を true に設定する必要があります。

${AUTH_LDAP_ROLE_ATTRIBUTE_IS_DN}

AUTH_LDAP_REFERRAL_USER_ATTRIBUTE_ID_TO_CHECK

リファーラル (referral) を使用しない場合はこのオプションを無視してもかまいません。リファーラルを使用し、ロールオブジェクトがリファーラル内にある場合、このオプションは特定のロール (例: member) に対して定義されたユーザーが含まれる属性名を示します。ユーザーはこの属性名の内容に対してチェックされます。このオプションが設定されていないとチェックは常に失敗するため、ロールオブジェクトはリファーラルツリーに保存できません。

${AUTH_LDAP_REFERRAL_USER_ATTRIBUTE_ID_TO_CHECK}

AUTH_ROLE_MAPPER_ROLES_PROPERTIES

このパラメーターがある場合には、RoleMapping ログインモジュールが指定したファイルを使用するように設定されます。このパラメーターは、ロールを置換ロールにマップするプロパティーファイルまたはリソースの完全修飾ファイルパスまたは名前を定義します。形式は original_role=role1,role2,role3 になります。

${AUTH_ROLE_MAPPER_ROLES_PROPERTIES}

AUTH_ROLE_MAPPER_REPLACE_ROLE

現在のロールを追加するか、マップされたロールに現在のマップを置き換えるか。true に設定されている場合は、置き換えられます。

${AUTH_ROLE_MAPPER_REPLACE_ROLE}

5.1.2.3.3.7. ボリューム
デプロイメント名前mountPath目的readOnly

${APPLICATION_NAME}-rhdmcentr

decisioncentral-keystore-volume

/etc/decisioncentral-secret-volume

ssl certs

True

${APPLICATION_NAME}-kieserver

kieserver-keystore-volume

/etc/kieserver-secret-volume

ssl certs

True

5.1.2.4. 外部の依存関係

5.1.2.4.1. ボリューム要求

PersistentVolume オブジェクトは、OpenShift クラスターのストレージリソースです。管理者が GCE Persistent Disks、AWS Elastic Block Store (EBS) および NFS マウントなどのソースから PersistentVolume オブジェクトを作成して、ストレージをプロビジョニングします。詳細情報は、Openshift ドキュメント を参照してください。

名前アクセスモード

${APPLICATION_NAME}-rhdmcentr-claim

ReadWriteOnce

5.1.2.4.2. シークレット

このテンプレートでは、アプリケーションを実行するために以下のシークレットをインストールする必要があります。

decisioncentral-app-secret kieserver-app-secret

5.2. rhdm76-authoring-ha.yaml テンプレート

Red Hat Decision Manager 7.6 の HA の永続的なオーサリング環境向けのアプリケーションテンプレート (非推奨)

5.2.1. パラメーター

テンプレートを使用すると、値を取るパラメーターを定義できます。この値は、パラメーターが参照される際に置き換えられます。参照はオブジェクト一覧フィールドの任意のテキストフィールドで定義できます。詳細情報は、Openshift ドキュメントを参照してください。

変数名イメージの環境変数説明値の例必須

APPLICATION_NAME

 — 

アプリケーションの名前

myapp

True

KIE_ADMIN_USER

KIE_ADMIN_USER

KIE 管理者のユーザー名

adminUser

False

KIE_ADMIN_PWD

KIE_ADMIN_PWD

KIE 管理者のパスワード

 — 

False

KIE_SERVER_CONTROLLER_USER

KIE_SERVER_CONTROLLER_USER

KIE Server コントローラーのユーザー名 (org.kie.server.controller.user システムプロパティーを設定します)

controllerUser

False

KIE_SERVER_CONTROLLER_PWD

KIE_SERVER_CONTROLLER_PWD

KIE Server コントローラーのパスワード (org.kie.server.controller.pwd システムプロパティーを設定します)

 — 

False

KIE_SERVER_CONTROLLER_TOKEN

KIE_SERVER_CONTROLLER_TOKEN

Bearer 認証用の KIE Server コントローラーのトークン (org.kie.server.controller.token システムプロパティーを設定します)

 — 

False

KIE_SERVER_USER

KIE_SERVER_USER

KIE サーバーのユーザー名 (org.kie.server.user システムプロパティーを設定します)

executionUser

False

KIE_SERVER_PWD

KIE_SERVER_PWD

KIE Server のパスワード (org.kie.server.pwd システムプロパティーを設定します)

 — 

False

KIE_SERVER_BYPASS_AUTH_USER

KIE_SERVER_BYPASS_AUTH_USER

KIE Server による、クエリーなどのタスク関連の操作についての認証済みユーザーのバイパスを許可 (org.kie.server.bypass.auth.user システムプロパティーを設定します)

false

False

KIE_SERVER_MODE

KIE_SERVER_MODE

KIE Server モード。有効な値は 'DEVELOPMENT' または 'PRODUCTION' です。実稼働モードでは、アーティファクトの SNAPSHOT バージョンを KIE サーバーにデプロイできず、既存コンテナーでアーティファクトのバージョンを変更することはできません (org.kie.server.mode システムプロパティーを設定します)。

DEVELOPMENT

False

KIE_MBEANS

KIE_MBEANS

KIE Server mbeans の有効化/無効化 (kie.mbeans and kie.scanner.mbeans システムプロパティーを設定します)

有効

False

DROOLS_SERVER_FILTER_CLASSES

DROOLS_SERVER_FILTER_CLASSES

KIE Server クラスフィルター (org.drools.server.filter.classes システムプロパティーを設定します)

true

False

PROMETHEUS_SERVER_EXT_DISABLED

PROMETHEUS_SERVER_EXT_DISABLED

false に設定されている場合には、Prometheus サーバーの拡張は有効にされます (org.kie.prometheus.server.ext.disabled システムプロパティーを設定します)。

false

False

DECISION_CENTRAL_HOSTNAME_HTTP

HOSTNAME_HTTP

Decision Central の http サービスのカスタムホスト名。デフォルトホスト名は空白にします (例: insecure-<application-name>-rhdmcentr-<project>.<default-domain-suffix>)。

 — 

False

DECISION_CENTRAL_HOSTNAME_HTTPS

HOSTNAME_HTTPS

Decision Central の https サービスルートのカスタムホスト名。デフォルトホスト名は空白にします (例: <application-name>-rhdmcentr-<project>.<default-domain-suffix>)。

 — 

False

KIE_SERVER_HOSTNAME_HTTP

HOSTNAME_HTTP

KIE Server の http サービスルートのカスタムホスト名。デフォルトホスト名の場合は空白にします (例: insecure-<application-name>-kieserver-<project>.<default-domain-suffix>)。

 — 

False

KIE_SERVER_HOSTNAME_HTTPS

HOSTNAME_HTTPS

KIE Server の https サービスルートのカスタムホスト名。デフォルトホスト名の場合は空白にします (例: <application-name>-kieserver-<project>.<default-domain-suffix>)。

 — 

False

DECISION_CENTRAL_HTTPS_SECRET

 — 

KIE Server のキーストアファイルが含まれるシークレットの名前

decisioncentral-app-secret

True

DECISION_CENTRAL_HTTPS_KEYSTORE

HTTPS_KEYSTORE

Decision Central のシークレット内のキーストアファイルの名前

keystore.jks

False

DECISION_CENTRAL_HTTPS_NAME

HTTPS_NAME

Decision Central のサーバー証明書に関連付けられている名前

jboss

False

DECISION_CENTRAL_HTTPS_PASSWORD

HTTPS_PASSWORD

Decision Central のキーストアおよび証明書のパスワード

mykeystorepass

False

KIE_SERVER_HTTPS_SECRET

 — 

KIE Server のキーストアファイルが含まれるシークレットの名前

kieserver-app-secret

True

KIE_SERVER_HTTPS_KEYSTORE

HTTPS_KEYSTORE

KIE Server のシークレット内のキーストアファイルの名前

keystore.jks

False

KIE_SERVER_HTTPS_NAME

HTTPS_NAME

KIE Server のサーバー証明書に関連付けられている名前

jboss

False

KIE_SERVER_HTTPS_PASSWORD

HTTPS_PASSWORD

KIE Server のキーストアおよび証明書のパスワード

mykeystorepass

False

APPFORMER_JMS_BROKER_USER

APPFORMER_JMS_BROKER_USER

JMS ブローカーに接続するためのユーザー名

jmsBrokerUser

True

APPFORMER_JMS_BROKER_PASSWORD

APPFORMER_JMS_BROKER_PASSWORD

JMS ブローカーに接続するためのパスワード

 — 

True

DATAGRID_IMAGE

 — 

DataGrid イメージ

registry.redhat.io/jboss-datagrid-7/datagrid73-openshift:1.3

True

DATAGRID_CPU_LIMIT

 — 

DataGrid Container の CPU 制限

1000m

True

DATAGRID_MEMORY_LIMIT

 — 

DataGrid コンテナーのメモリー制限

2Gi

True

DATAGRID_VOLUME_CAPACITY

 — 

DataGrid のランタイムデータの永続ストレージのサイズ

1Gi

True

AMQ_BROKER_IMAGE

 — 

AMQ ブローカーイメージ

registry.redhat.io/amq7/amq-broker:7.5

True

AMQ_ROLE

 — 

標準ブローカーユーザーのユーザーロール

admin

True

AMQ_NAME

 — 

ブローカーの名前

ブローカー

True

AMQ_GLOBAL_MAX_SIZE

 — 

メッセージデータが使用可能な最大メモリー量を指定します。値が指定されていない場合には、システムのメモリーの半分が割り当てられます。

10 gb

False

AMQ_VOLUME_CAPACITY

 — 

AMQ ブローカーボリュームの永続ストレージのサイズ

1Gi

True

AMQ_REPLICAS

 — 

クラスターのブローカーレプリカ数

2

True

KIE_SERVER_CONTROLLER_OPENSHIFT_GLOBAL_DISCOVERY_ENABLED

KIE_SERVER_CONTROLLER_OPENSHIFT_GLOBAL_DISCOVERY_ENABLED

true に設定すると、KIE Server のグローバル検出機能はオンになります (org.kie.server.controller.openshift.global.discovery.enabled システムプロパティーを設定します)。

false

False

KIE_SERVER_CONTROLLER_OPENSHIFT_PREFER_KIESERVER_SERVICE

KIE_SERVER_CONTROLLER_OPENSHIFT_PREFER_KIESERVER_SERVICE

Business Central の OpenShift 統合がオンの場合、このパラメーターを true に設定すると、OpenShift 内部サービスエンドポイント経由での KIE Server への接続が有効になります (org.kie.server.controller.openshift.prefer.kieserver.service システムプロパティーを設定します)。

true

False

KIE_SERVER_CONTROLLER_TEMPLATE_CACHE_TTL

KIE_SERVER_CONTROLLER_TEMPLATE_CACHE_TTL

KIE ServerTemplate Cache TTL (ミリ秒単位)(org.kie.server.controller.template.cache.ttl システムプロパティーを設定します)。

60000

False

IMAGE_STREAM_NAMESPACE

 — 

Red Hat Decision Manager イメージの ImageStream がインストールされている namespace。これらの ImageStreams は通常 OpenShift の namespace にインストールされています。ImageStreams を別の namespace/プロジェクトにインストールしている場合には、これを変更するだけで結構です。

openshift

True

DECISION_CENTRAL_IMAGE_STREAM_NAME

 — 

Decision Central に使用するイメージストリームの名前。デフォルトは「rhdm-decisioncentral-rhel8」です。

rhdm-decisioncentral-rhel8

True

KIE_SERVER_IMAGE_STREAM_NAME

 — 

KIE Server に使用するイメージストリームの名前。デフォルトは「rhdm-kieserver-rhel8」です。

rhdm-kieserver-rhel8

True

IMAGE_STREAM_TAG

 — 

イメージストリーム内のイメージへの名前付きのポインター。デフォルトは「7.6.0」です。

7.6.0

True

MAVEN_MIRROR_URL

MAVEN_MIRROR_URL

Decision Central および KIE サーバーが使用する必要のある Maven ミラー。ミラーを設定する場合、このミラーにはサービスのビルドおよびデプロイに必要なすべてのアーティファクトを含める必要があります。

 — 

False

MAVEN_MIRROR_OF

MAVEN_MIRROR_OF

KIE Server の Maven ミラー設定

external:*,!repo-rhdmcentr

False

MAVEN_REPO_ID

MAVEN_REPO_ID

Maven リポジトリーに使用する ID。これが設定されている場合には、MAVEN_MIRROR_OF に追加して、オプションで設定したミラーから除外できます (例: external:*,!repo-rhdmcentr,!repo-custom)。MAVEN_MIRROR_URL が設定されているが MAVEN_MIRROR_ID が設定されていない場合には、ID は無作為に生成され、MAVEN_MIRROR_OF では使用できません。

repo-custom

False

MAVEN_REPO_URL

MAVEN_REPO_URL

Maven リポジトリーまたはサービスへの完全修飾 URL

http://nexus.nexus-project.svc.cluster.local:8081/nexus/content/groups/public/

False

MAVEN_REPO_USERNAME

MAVEN_REPO_USERNAME

Maven リポジトリーにアクセスするためのユーザー名 (必要な場合)。

 — 

False

MAVEN_REPO_PASSWORD

MAVEN_REPO_PASSWORD

Maven リポジトリーにアクセスするパスワード (必要な場合)

 — 

False

DECISION_CENTRAL_MAVEN_USERNAME

KIE_MAVEN_USER

EAP 内の Decision Central がホストする Maven サービスにアクセスするためのパスワード

mavenUser

True

DECISION_CENTRAL_MAVEN_PASSWORD

KIE_MAVEN_PWD

EAP 内の Decision Central がホストする Maven サービスにアクセスするためのパスワード

 — 

True

GIT_HOOKS_DIR

GIT_HOOKS_DIR

git フックに使用するディレクトリー (必要な場合)

/opt/kie/data/git/hooks

False

DECISION_CENTRAL_VOLUME_CAPACITY

 — 

Decision Central のランタイムデータに向けた永続ストレージのサイズ

1Gi

True

DECISION_CENTRAL_MEMORY_LIMIT

 — 

Decision Central コンテナーのメモリー制限

8Gi

True

DECISION_CENTRAL_JAVA_MAX_MEM_RATIO

JAVA_MAX_MEM_RATIO

Decision Central Container JVM の最大メモリー比率。-Xmx がコンテナーで利用可能なメモリーの比率に設定されます。デフォルトは 80 です。これは、利用可能なメモリーについての範囲の上限が 80% であることを意味します。-Xmx オプションの追加を省略するには、この値を 0 に設定します。

80

True

DECISION_CENTRAL_CPU_LIMIT

 — 

Decision Central コンテナーの CPU 制限

2000m

True

KIE_SERVER_MEMORY_LIMIT

 — 

KIE Server コンテナーのメモリー制限

1Gi

True

KIE_SERVER_CPU_LIMIT

 — 

KIE Server コンテナーの CPU 制限

1000m

True

SSO_URL

SSO_URL

RH-SSO URL

https://rh-sso.example.com/auth

False

SSO_REALM

SSO_REALM

RH-SSO レルム名

 — 

False

DECISION_CENTRAL_SSO_CLIENT

SSO_CLIENT

Decision Central RH-SSO クライアント名

 — 

False

DECISION_CENTRAL_SSO_SECRET

SSO_SECRET

Decision Central RH-SSO クライアントシークレット

252793ed-7118-4ca8-8dab-5622fa97d892

False

KIE_SERVER_SSO_CLIENT

SSO_CLIENT

KIE Server RH-SSO クライアント名

 — 

False

KIE_SERVER_SSO_SECRET

SSO_SECRET

KIE Server RH-SSO クライアント名

252793ed-7118-4ca8-8dab-5622fa97d892

False

SSO_USERNAME

SSO_USERNAME

クライアント作成に使用する RH-SSO レルムの管理者ユーザー名 (存在しない場合)

 — 

False

SSO_PASSWORD

SSO_PASSWORD

クライアント作成に使用する RH-SSO レルムの管理者パスワード

 — 

False

SSO_DISABLE_SSL_CERTIFICATE_VALIDATION

SSO_DISABLE_SSL_CERTIFICATE_VALIDATION

RH-SSO Disable SSL 証明書の検証

false

False

SSO_PRINCIPAL_ATTRIBUTE

SSO_PRINCIPAL_ATTRIBUTE

ユーザー名として使用する RH-SSO プリンシパル属性

preferred_username

False

AUTH_LDAP_URL

AUTH_LDAP_URL

認証用に接続する LDAP エンドポイント

ldap://myldap.example.com

False

AUTH_LDAP_BIND_DN

AUTH_LDAP_BIND_DN

認証に使用するバインド DN

uid=admin,ou=users,ou=example,ou=com

False

AUTH_LDAP_BIND_CREDENTIAL

AUTH_LDAP_BIND_CREDENTIAL

認証に使用する LDAP 認証情報

Password

False

AUTH_LDAP_JAAS_SECURITY_DOMAIN

AUTH_LDAP_JAAS_SECURITY_DOMAIN

パスワードの復号化に使用する JaasSecurityDomain の JMX ObjectName

 — 

False

AUTH_LDAP_BASE_CTX_DN

AUTH_LDAP_BASE_CTX_DN

ユーザー検索の開始に使用する最上位コンテキストの LDAP ベース DN

ou=users,ou=example,ou=com

False

AUTH_LDAP_BASE_FILTER

AUTH_LDAP_BASE_FILTER

認証するユーザーのコンテキストの検索に使用する LDAP 検索フィルター。{0} 式を使用しているフィルターに、入力ユーザー名またはログインモジュールコールバックから取得される userDN が置換されます。検索フィルターの一般的な例は (uid={0}) です。

(uid={0})

False

AUTH_LDAP_SEARCH_SCOPE

AUTH_LDAP_SEARCH_SCOPE

使用する検索範囲。

SUBTREE_SCOPE

False

AUTH_LDAP_SEARCH_TIME_LIMIT

AUTH_LDAP_SEARCH_TIME_LIMIT

ユーザーまたはロール検索のタイムアウト (ミリ秒単位)。

10000

False

AUTH_LDAP_DISTINGUISHED_NAME_ATTRIBUTE

AUTH_LDAP_DISTINGUISHED_NAME_ATTRIBUTE

ユーザーの DN を含むユーザーエントリーの属性の名前。これは、ユーザー自身の DN に正しいユーザーマッピングを妨げる特殊文字 (バックスラッシュなど) が含まれる場合に必要になることがあります。属性が存在しない場合は、エントリーの DN が使用されます。

distinguishedName

False

AUTH_LDAP_PARSE_USERNAME

AUTH_LDAP_PARSE_USERNAME

DN がユーザー名に対して解析されるかどうかを示すフラグ。true に設定されている場合には、 DN はユーザー名に対して解析されます。false に設定されている場合には、 DN はユーザー名に対して解析されません。このオプションは usernameBeginString および usernameEndString と共に使用されます。

true

False

AUTH_LDAP_USERNAME_BEGIN_STRING

AUTH_LDAP_USERNAME_BEGIN_STRING

ユーザー名を公開するため、DN の最初から削除される文字列を定義します。このオプションは usernameEndString と併用され、parseUsername が true に設定されている場合にのみ考慮されます。

 — 

False

AUTH_LDAP_USERNAME_END_STRING

AUTH_LDAP_USERNAME_END_STRING

ユーザー名を公開するため、DN の最後から削除される文字列を定義します。このオプションは usernameEndString と合わせて使用し、parseUsername が true に設定されている場合にのみ考慮されます。

 — 

False

AUTH_LDAP_ROLE_ATTRIBUTE_ID

AUTH_LDAP_ROLE_ATTRIBUTE_ID

ユーザーロールを含む属性の名前

memberOf

False

AUTH_LDAP_ROLES_CTX_DN

AUTH_LDAP_ROLES_CTX_DN

ユーザーロールを検索するコンテキストの固定 DN。これは、実際のロールが存在する DN ではなく、ユーザーロールを含むオブジェクトが存在する DN です。たとえば、Microsoft Active Directory サーバーでは、これは、ユーザーアカウントが存在する DN です。

ou=groups,ou=example,ou=com

False

AUTH_LDAP_ROLE_FILTER

AUTH_LDAP_ROLE_FILTER

認証済みユーザーと関連付けられたロールを検索するために使用される検索フィルター。入力ユーザー名またはログインモジュールコールバックから取得される userDN は、{0} 式が使用されたフィルターに置換されます。認証済み userDN は {1} が使用されたフィルターに置換されます。入力ユーザー名に一致する検索フィルター例は (member={0}) です。認証済み userDN に一致する他の例は (member={1}) です。

(memberOf={1})

False

AUTH_LDAP_ROLE_RECURSION

AUTH_LDAP_ROLE_RECURSION

ロール検索が一致するコンテキストで行われる再帰のレベル数。再帰を無効にするには、これを 0 に設定します。

1

False

AUTH_LDAP_DEFAULT_ROLE

AUTH_LDAP_DEFAULT_ROLE

認証された全ユーザーに対して含まれるロール

user

False

AUTH_LDAP_ROLE_NAME_ATTRIBUTE_ID

AUTH_LDAP_ROLE_NAME_ATTRIBUTE_ID

ロール名を含む roleCtxDN コンテキスト内の属性の名前。roleAttributeIsDN プロパティーが true に設定されている場合には、このプロパティーはロールオブジェクトの名前属性の検索に使用されます。

name

False

AUTH_LDAP_PARSE_ROLE_NAME_FROM_DN

AUTH_LDAP_PARSE_ROLE_NAME_FROM_DN

クエリーによって返された DN に roleNameAttributeID が含まれるかどうかを示すフラグ。true に設定されている場合には、DN は roleNameATtributeID に対してチェックされます。false に設定されている場合、DN は roleNameATtributeID に対してチェックされません。このフラグは LDAP クエリーのパフォーマンスを向上できます。

false

False

AUTH_LDAP_ROLE_ATTRIBUTE_IS_DN

AUTH_LDAP_ROLE_ATTRIBUTE_IS_DN

roleAttributeID にロールオブジェクトの完全修飾 DN が含まれるかどうか。false の場合は、コンテキスト名の roleNameAttributeId 属性の値からロール名が取得されます。Microsoft Active Directory などの特定のディレクトリースキーマでは、この属性を true に設定する必要があります。

false

False

AUTH_LDAP_REFERRAL_USER_ATTRIBUTE_ID_TO_CHECK

AUTH_LDAP_REFERRAL_USER_ATTRIBUTE_ID_TO_CHECK

リファーラル (referral) を使用しない場合はこのオプションを無視してもかまいません。リファーラルを使用し、ロールオブジェクトがリファーラル内にある場合、このオプションは特定のロール (例: member) に対して定義されたユーザーが含まれる属性名を示します。ユーザーはこの属性名の内容に対してチェックされます。このオプションが設定されていないとチェックは常に失敗するため、ロールオブジェクトはリファーラルツリーに保存できません。

 — 

False

AUTH_ROLE_MAPPER_ROLES_PROPERTIES

AUTH_ROLE_MAPPER_ROLES_PROPERTIES

このパラメーターがある場合には、RoleMapping ログインモジュールが指定したファイルを使用するように設定されます。このパラメーターは、ロールを置換ロールにマップするプロパティーファイルまたはリソースの完全修飾ファイルパスまたは名前を定義します。形式は original_role=role1,role2,role3 になります。

 — 

False

AUTH_ROLE_MAPPER_REPLACE_ROLE

AUTH_ROLE_MAPPER_REPLACE_ROLE

現在のロールを追加するか、マップされたロールに現在のマップを置き換えるか。true に設定されている場合は、置き換えられます。

 — 

False

5.2.2. オブジェクト

CLI はさまざまなオブジェクトタイプをサポートします。これらのオブジェクトタイプの一覧や略語については、Openshift ドキュメント を参照してください。

5.2.2.1. サービス

サービスは、Pod の論理セットや、Pod にアクセスするためのポリシーを定義する抽象概念です。詳細は、コンテナーエンジンのドキュメント を参照してください。

サービスポート名前説明

${APPLICATION_NAME}-rhdmcentr

8080

http

全 Decision Central の Web サーバーのポート

8443

https

${APPLICATION_NAME}-rhdmcentr-ping

8888

ping

rhdmcentr クラスタリングの JGroups ping ポート

${APPLICATION_NAME}-datagrid-ping

8888

ping

クラスター化されたアプリケーションの ping サービスを提供します。

${APPLICATION_NAME}-datagrid

11222

hotrod

Hot Rod プロトコルでアプリケーションにアクセスするためのサービスを提供します。

${APPLICATION_NAME}-kieserver

8080

http

すべての KIE Server Web サーバーのポート

8443

https

${APPLICATION_NAME}-amq-tcp

61616

 — 

ブローカーの OpenWire ポート

ping

8888

 — 

amq クラスタリングの JGroups ping ポート

5.2.2.2. ルート

ルートは、www.example.com などの外部から到達可能なホスト名を指定してサービスを公開する 1 つの手段です。ルーターは、定義したルートやサービスで特定したエンドポイントを使用して、外部のクライアントからアプリケーションに名前付きの接続を提供します。各ルートは、ルート名、サービスセレクター、セキュリティー設定 (オプション) で構成されます。詳細は、Openshift ドキュメント を参照してください。

サービスセキュリティーホスト名

insecure-${APPLICATION_NAME}-rhdmcentr-http

なし

${DECISION_CENTRAL_HOSTNAME_HTTP}

${APPLICATION_NAME}-rhdmcentr-https

TLS パススルー

${DECISION_CENTRAL_HOSTNAME_HTTPS}

insecure-${APPLICATION_NAME}-kieserver-http

なし

${KIE_SERVER_HOSTNAME_HTTP}

${APPLICATION_NAME}-kieserver-https

TLS パススルー

${KIE_SERVER_HOSTNAME_HTTPS}

5.2.2.3. デプロイメント設定

OpenShift のデプロイメントは、デプロイメント設定と呼ばれるユーザー定義のテンプレートをベースとするレプリケーションコントローラーです。デプロイメントは手動で作成されるか、またはトリガーされるイベントに対応して作成されます。詳細は、Openshift ドキュメントを参照してください。

5.2.2.3.1. トリガー

トリガーは OpenShift 内外を問わず、イベントが発生すると新規デプロイメントを作成するように促します。詳細は、Openshift ドキュメントを参照してください。

デプロイメントトリガー

${APPLICATION_NAME}-rhdmcentr

ImageChange

${APPLICATION_NAME}-kieserver

ImageChange

5.2.2.3.2. レプリカ

レプリケーションコントローラーは、指定した数の Pod の「レプリカ」が一度に実行されるようにします。レプリカが増えると、レプリケーションコントローラーが Pod の一部を強制終了します。レプリカが足りない場合には、追加で起動します。詳細は、コンテナーエンジンのドキュメントを参照してください。

デプロイメントレプリカ

${APPLICATION_NAME}-rhdmcentr

2

${APPLICATION_NAME}-kieserver

2

5.2.2.3.3. Pod テンプレート
5.2.2.3.3.1. サービスアカウント

サービスアカウントは、各プロジェクト内に存在する API オブジェクトです。他の API オブジェクトのように作成し、削除できます。詳細は、Openshift ドキュメントを参照してください。

デプロイメントサービスアカウント

${APPLICATION_NAME}-rhdmcentr

${APPLICATION_NAME}-rhdmsvc

${APPLICATION_NAME}-kieserver

${APPLICATION_NAME}-rhdmsvc

5.2.2.3.3.2. イメージ
デプロイメントイメージ

${APPLICATION_NAME}-rhdmcentr

${DECISION_CENTRAL_IMAGE_STREAM_NAME}

${APPLICATION_NAME}-kieserver

${KIE_SERVER_IMAGE_STREAM_NAME}

5.2.2.3.3.3. Readiness プローブ

${APPLICATION_NAME}-rhdmcentr

Http Get on http://localhost:8080/rest/ready

${APPLICATION_NAME}-kieserver

Http Get on http://localhost:8080/services/rest/server/readycheck

5.2.2.3.3.4. Liveness プローブ

${APPLICATION_NAME}-rhdmcentr

Http Get on http://localhost:8080/rest/healthy

${APPLICATION_NAME}-kieserver

Http Get on http://localhost:8080/services/rest/server/healthcheck

5.2.2.3.3.5. 公開されたポート
デプロイメント名前ポートプロトコル

${APPLICATION_NAME}-rhdmcentr

jolokia

8778

TCP

http

8080

TCP

https

8443

TCP

ping

8888

TCP

${APPLICATION_NAME}-kieserver

jolokia

8778

TCP

http

8080

TCP

https

8443

TCP

5.2.2.3.3.6. イメージの環境変数
デプロイメント変数名説明値の例

${APPLICATION_NAME}-rhdmcentr

APPLICATION_USERS_PROPERTIES

 — 

/opt/kie/data/configuration/application-users.properties

APPLICATION_ROLES_PROPERTIES

 — 

/opt/kie/data/configuration/application-roles.properties

KIE_ADMIN_USER

KIE 管理者のユーザー名

${KIE_ADMIN_USER}

KIE_ADMIN_PWD

KIE 管理者のパスワード

${KIE_ADMIN_PWD}

KIE_MBEANS

KIE Server mbeans の有効化/無効化 (kie.mbeans and kie.scanner.mbeans システムプロパティーを設定します)

${KIE_MBEANS}

KIE_SERVER_CONTROLLER_OPENSHIFT_GLOBAL_DISCOVERY_ENABLED

true に設定すると、KIE Server のグローバル検出機能はオンになります (org.kie.server.controller.openshift.global.discovery.enabled システムプロパティーを設定します)。

${KIE_SERVER_CONTROLLER_OPENSHIFT_GLOBAL_DISCOVERY_ENABLED}

KIE_SERVER_CONTROLLER_OPENSHIFT_PREFER_KIESERVER_SERVICE

Business Central の OpenShift 統合がオンの場合、このパラメーターを true に設定すると、OpenShift 内部サービスエンドポイント経由での KIE Server への接続が有効になります (org.kie.server.controller.openshift.prefer.kieserver.service システムプロパティーを設定します)。

${KIE_SERVER_CONTROLLER_OPENSHIFT_PREFER_KIESERVER_SERVICE}

KIE_SERVER_CONTROLLER_TEMPLATE_CACHE_TTL

KIE ServerTemplate Cache TTL (ミリ秒単位)(org.kie.server.controller.template.cache.ttl システムプロパティーを設定します)。

${KIE_SERVER_CONTROLLER_TEMPLATE_CACHE_TTL}

KIE_WORKBENCH_CONTROLLER_OPENSHIFT_ENABLED

 — 

true

KIE_SERVER_CONTROLLER_USER

KIE Server コントローラーのユーザー名 (org.kie.server.controller.user システムプロパティーを設定します)

${KIE_SERVER_CONTROLLER_USER}

KIE_SERVER_CONTROLLER_PWD

KIE Server コントローラーのパスワード (org.kie.server.controller.pwd システムプロパティーを設定します)

${KIE_SERVER_CONTROLLER_PWD}

KIE_SERVER_CONTROLLER_TOKEN

Bearer 認証用の KIE Server コントローラーのトークン (org.kie.server.controller.token システムプロパティーを設定します)

${KIE_SERVER_CONTROLLER_TOKEN}

KIE_SERVER_USER

KIE サーバーのユーザー名 (org.kie.server.user システムプロパティーを設定します)

${KIE_SERVER_USER}

KIE_SERVER_PWD

KIE Server のパスワード (org.kie.server.pwd システムプロパティーを設定します)

${KIE_SERVER_PWD}

WORKBENCH_ROUTE_NAME

 — 

${APPLICATION_NAME}-rhdmcentr

MAVEN_MIRROR_URL

Decision Central および KIE サーバーが使用する必要のある Maven ミラー。ミラーを設定する場合、このミラーにはサービスのビルドおよびデプロイに必要なすべてのアーティファクトを含める必要があります。

${MAVEN_MIRROR_URL}

MAVEN_REPO_ID

Maven リポジトリーに使用する ID。これが設定されている場合には、MAVEN_MIRROR_OF に追加して、オプションで設定したミラーから除外できます (例: external:*,!repo-rhdmcentr,!repo-custom)。MAVEN_MIRROR_URL が設定されているが MAVEN_MIRROR_ID が設定されていない場合には、ID は無作為に生成され、MAVEN_MIRROR_OF では使用できません。

${MAVEN_REPO_ID}

MAVEN_REPO_URL

Maven リポジトリーまたはサービスへの完全修飾 URL

${MAVEN_REPO_URL}

MAVEN_REPO_USERNAME

Maven リポジトリーにアクセスするためのユーザー名 (必要な場合)。

${MAVEN_REPO_USERNAME}

MAVEN_REPO_PASSWORD

Maven リポジトリーにアクセスするパスワード (必要な場合)

${MAVEN_REPO_PASSWORD}

KIE_MAVEN_USER

EAP 内の Decision Central がホストする Maven サービスにアクセスするためのパスワード

${DECISION_CENTRAL_MAVEN_USERNAME}

KIE_MAVEN_PWD

EAP 内の Decision Central がホストする Maven サービスにアクセスするためのパスワード

${DECISION_CENTRAL_MAVEN_PASSWORD}

GIT_HOOKS_DIR

git フックに使用するディレクトリー (必要な場合)

${GIT_HOOKS_DIR}

HTTPS_KEYSTORE_DIR

 — 

/etc/decisioncentral-secret-volume

HTTPS_KEYSTORE

Decision Central のシークレット内のキーストアファイルの名前

${DECISION_CENTRAL_HTTPS_KEYSTORE}

HTTPS_NAME

Decision Central のサーバー証明書に関連付けられている名前

${DECISION_CENTRAL_HTTPS_NAME}

HTTPS_PASSWORD

Decision Central のキーストアおよび証明書のパスワード

${DECISION_CENTRAL_HTTPS_PASSWORD}

JGROUPS_PING_PROTOCOL

 — 

openshift.DNS_PING

OPENSHIFT_DNS_PING_SERVICE_NAME

 — 

${APPLICATION_NAME}-rhdmcentr-ping

OPENSHIFT_DNS_PING_SERVICE_PORT

 — 

8888

APPFORMER_INFINISPAN_SERVICE_NAME

 — 

${APPLICATION_NAME}-datagrid

APPFORMER_INFINISPAN_PORT

 — 

11222

APPFORMER_JMS_BROKER_ADDRESS

 — 

${APPLICATION_NAME}-amq-tcp

APPFORMER_JMS_BROKER_PORT

 — 

61616

APPFORMER_JMS_BROKER_USER

JMS ブローカーに接続するためのユーザー名

${APPFORMER_JMS_BROKER_USER}

APPFORMER_JMS_BROKER_PASSWORD

JMS ブローカーに接続するためのパスワード

${APPFORMER_JMS_BROKER_PASSWORD}

JAVA_MAX_MEM_RATIO

Decision Central Container JVM の最大メモリー比率。-Xmx がコンテナーで利用可能なメモリーの比率に設定されます。デフォルトは 80 です。これは、利用可能なメモリーについての範囲の上限が 80% であることを意味します。-Xmx オプションの追加を省略するには、この値を 0 に設定します。

${DECISION_CENTRAL_JAVA_MAX_MEM_RATIO}

SSO_URL

RH-SSO URL

${SSO_URL}

SSO_OPENIDCONNECT_DEPLOYMENTS

 — 

ROOT.war

SSO_REALM

RH-SSO レルム名

${SSO_REALM}

SSO_SECRET

Decision Central RH-SSO クライアントシークレット

${DECISION_CENTRAL_SSO_SECRET}

SSO_CLIENT

Decision Central RH-SSO クライアント名

${DECISION_CENTRAL_SSO_CLIENT}

SSO_USERNAME

クライアント作成に使用する RH-SSO レルムの管理者ユーザー名 (存在しない場合)

${SSO_USERNAME}

SSO_PASSWORD

クライアント作成に使用する RH-SSO レルムの管理者パスワード

${SSO_PASSWORD}

SSO_DISABLE_SSL_CERTIFICATE_VALIDATION

RH-SSO Disable SSL 証明書の検証

${SSO_DISABLE_SSL_CERTIFICATE_VALIDATION}

SSO_PRINCIPAL_ATTRIBUTE

ユーザー名として使用する RH-SSO プリンシパル属性

${SSO_PRINCIPAL_ATTRIBUTE}

HOSTNAME_HTTP

Decision Central の http サービスのカスタムホスト名。デフォルトホスト名は空白にします (例: insecure-<application-name>-rhdmcentr-<project>.<default-domain-suffix>)。

${DECISION_CENTRAL_HOSTNAME_HTTP}

HOSTNAME_HTTPS

Decision Central の https サービスルートのカスタムホスト名。デフォルトホスト名は空白にします (例: <application-name>-rhdmcentr-<project>.<default-domain-suffix>)。

${DECISION_CENTRAL_HOSTNAME_HTTPS}

AUTH_LDAP_URL

認証用に接続する LDAP エンドポイント

${AUTH_LDAP_URL}

AUTH_LDAP_BIND_DN

認証に使用するバインド DN

${AUTH_LDAP_BIND_DN}

AUTH_LDAP_BIND_CREDENTIAL

認証に使用する LDAP 認証情報

${AUTH_LDAP_BIND_CREDENTIAL}

AUTH_LDAP_JAAS_SECURITY_DOMAIN

パスワードの復号化に使用する JaasSecurityDomain の JMX ObjectName

${AUTH_LDAP_JAAS_SECURITY_DOMAIN}

AUTH_LDAP_BASE_CTX_DN

ユーザー検索の開始に使用する最上位コンテキストの LDAP ベース DN

${AUTH_LDAP_BASE_CTX_DN}

AUTH_LDAP_BASE_FILTER

認証するユーザーのコンテキストの検索に使用する LDAP 検索フィルター。{0} 式を使用しているフィルターに、入力ユーザー名またはログインモジュールコールバックから取得される userDN が置換されます。検索フィルターの一般的な例は (uid={0}) です。

${AUTH_LDAP_BASE_FILTER}

AUTH_LDAP_SEARCH_SCOPE

使用する検索範囲。

${AUTH_LDAP_SEARCH_SCOPE}

AUTH_LDAP_SEARCH_TIME_LIMIT

ユーザーまたはロール検索のタイムアウト (ミリ秒単位)。

${AUTH_LDAP_SEARCH_TIME_LIMIT}

AUTH_LDAP_DISTINGUISHED_NAME_ATTRIBUTE

ユーザーの DN を含むユーザーエントリーの属性の名前。これは、ユーザー自身の DN に正しいユーザーマッピングを妨げる特殊文字 (バックスラッシュなど) が含まれる場合に必要になることがあります。属性が存在しない場合は、エントリーの DN が使用されます。

${AUTH_LDAP_DISTINGUISHED_NAME_ATTRIBUTE}

AUTH_LDAP_PARSE_USERNAME

DN がユーザー名に対して解析されるかどうかを示すフラグ。true に設定されている場合には、 DN はユーザー名に対して解析されます。false に設定されている場合には、 DN はユーザー名に対して解析されません。このオプションは usernameBeginString および usernameEndString と共に使用されます。

${AUTH_LDAP_PARSE_USERNAME}

AUTH_LDAP_USERNAME_BEGIN_STRING

ユーザー名を公開するため、DN の最初から削除される文字列を定義します。このオプションは usernameEndString と併用され、parseUsername が true に設定されている場合にのみ考慮されます。

${AUTH_LDAP_USERNAME_BEGIN_STRING}

AUTH_LDAP_USERNAME_END_STRING

ユーザー名を公開するため、DN の最後から削除される文字列を定義します。このオプションは usernameEndString と合わせて使用し、parseUsername が true に設定されている場合にのみ考慮されます。

${AUTH_LDAP_USERNAME_END_STRING}

AUTH_LDAP_ROLE_ATTRIBUTE_ID

ユーザーロールを含む属性の名前

${AUTH_LDAP_ROLE_ATTRIBUTE_ID}

AUTH_LDAP_ROLES_CTX_DN

ユーザーロールを検索するコンテキストの固定 DN。これは、実際のロールが存在する DN ではなく、ユーザーロールを含むオブジェクトが存在する DN です。たとえば、Microsoft Active Directory サーバーでは、これは、ユーザーアカウントが存在する DN です。

${AUTH_LDAP_ROLES_CTX_DN}

AUTH_LDAP_ROLE_FILTER

認証済みユーザーと関連付けられたロールを検索するために使用される検索フィルター。入力ユーザー名またはログインモジュールコールバックから取得される userDN は、{0} 式が使用されたフィルターに置換されます。認証済み userDN は {1} が使用されたフィルターに置換されます。入力ユーザー名に一致する検索フィルター例は (member={0}) です。認証済み userDN に一致する他の例は (member={1}) です。

${AUTH_LDAP_ROLE_FILTER}

AUTH_LDAP_ROLE_RECURSION

ロール検索が一致するコンテキストで行われる再帰のレベル数。再帰を無効にするには、これを 0 に設定します。

${AUTH_LDAP_ROLE_RECURSION}

AUTH_LDAP_DEFAULT_ROLE

認証された全ユーザーに対して含まれるロール

${AUTH_LDAP_DEFAULT_ROLE}

AUTH_LDAP_ROLE_NAME_ATTRIBUTE_ID

ロール名を含む roleCtxDN コンテキスト内の属性の名前。roleAttributeIsDN プロパティーが true に設定されている場合には、このプロパティーはロールオブジェクトの名前属性の検索に使用されます。

${AUTH_LDAP_ROLE_NAME_ATTRIBUTE_ID}

AUTH_LDAP_PARSE_ROLE_NAME_FROM_DN

クエリーによって返された DN に roleNameAttributeID が含まれるかどうかを示すフラグ。true に設定されている場合には、DN は roleNameATtributeID に対してチェックされます。false に設定されている場合、DN は roleNameATtributeID に対してチェックされません。このフラグは LDAP クエリーのパフォーマンスを向上できます。

${AUTH_LDAP_PARSE_ROLE_NAME_FROM_DN}

AUTH_LDAP_ROLE_ATTRIBUTE_IS_DN

roleAttributeID にロールオブジェクトの完全修飾 DN が含まれるかどうか。false の場合は、コンテキスト名の roleNameAttributeId 属性の値からロール名が取得されます。Microsoft Active Directory などの特定のディレクトリースキーマでは、この属性を true に設定する必要があります。

${AUTH_LDAP_ROLE_ATTRIBUTE_IS_DN}

AUTH_LDAP_REFERRAL_USER_ATTRIBUTE_ID_TO_CHECK

リファーラル (referral) を使用しない場合はこのオプションを無視してもかまいません。リファーラルを使用し、ロールオブジェクトがリファーラル内にある場合、このオプションは特定のロール (例: member) に対して定義されたユーザーが含まれる属性名を示します。ユーザーはこの属性名の内容に対してチェックされます。このオプションが設定されていないとチェックは常に失敗するため、ロールオブジェクトはリファーラルツリーに保存できません。

${AUTH_LDAP_REFERRAL_USER_ATTRIBUTE_ID_TO_CHECK}

AUTH_ROLE_MAPPER_ROLES_PROPERTIES

このパラメーターがある場合には、RoleMapping ログインモジュールが指定したファイルを使用するように設定されます。このパラメーターは、ロールを置換ロールにマップするプロパティーファイルまたはリソースの完全修飾ファイルパスまたは名前を定義します。形式は original_role=role1,role2,role3 になります。

${AUTH_ROLE_MAPPER_ROLES_PROPERTIES}

AUTH_ROLE_MAPPER_REPLACE_ROLE

現在のロールを追加するか、マップされたロールに現在のマップを置き換えるか。true に設定されている場合は、置き換えられます。

${AUTH_ROLE_MAPPER_REPLACE_ROLE}

${APPLICATION_NAME}-kieserver

WORKBENCH_SERVICE_NAME

 — 

${APPLICATION_NAME}-rhdmcentr

KIE_ADMIN_USER

KIE 管理者のユーザー名

${KIE_ADMIN_USER}

KIE_ADMIN_PWD

KIE 管理者のパスワード

${KIE_ADMIN_PWD}

KIE_SERVER_MODE

KIE Server モード。有効な値は 'DEVELOPMENT' または 'PRODUCTION' です。実稼働モードでは、アーティファクトの SNAPSHOT バージョンを KIE サーバーにデプロイできず、既存コンテナーでアーティファクトのバージョンを変更することはできません (org.kie.server.mode システムプロパティーを設定します)。

${KIE_SERVER_MODE}

KIE_MBEANS

KIE Server mbeans の有効化/無効化 (kie.mbeans and kie.scanner.mbeans システムプロパティーを設定します)

${KIE_MBEANS}

DROOLS_SERVER_FILTER_CLASSES

KIE Server クラスフィルター (org.drools.server.filter.classes システムプロパティーを設定します)

${DROOLS_SERVER_FILTER_CLASSES}

PROMETHEUS_SERVER_EXT_DISABLED

false に設定されている場合には、Prometheus サーバーの拡張は有効にされます (org.kie.prometheus.server.ext.disabled システムプロパティーを設定します)。

${PROMETHEUS_SERVER_EXT_DISABLED}

KIE_SERVER_BYPASS_AUTH_USER

KIE Server による、クエリーなどのタスク関連の操作についての認証済みユーザーのバイパスを許可 (org.kie.server.bypass.auth.user システムプロパティーを設定します)

${KIE_SERVER_BYPASS_AUTH_USER}

KIE_SERVER_ID

 — 

 — 

KIE_SERVER_ROUTE_NAME

 — 

${APPLICATION_NAME}-kieserver

KIE_SERVER_STARTUP_STRATEGY

 — 

OpenShiftStartupStrategy

KIE_SERVER_PWD

KIE Server のパスワード (org.kie.server.pwd システムプロパティーを設定します)

${KIE_SERVER_PWD}

KIE_SERVER_USER

KIE サーバーのユーザー名 (org.kie.server.user システムプロパティーを設定します)

${KIE_SERVER_USER}

MAVEN_MIRROR_URL

Decision Central および KIE サーバーが使用する必要のある Maven ミラー。ミラーを設定する場合、このミラーにはサービスのビルドおよびデプロイに必要なすべてのアーティファクトを含める必要があります。

${MAVEN_MIRROR_URL}

MAVEN_MIRROR_OF

KIE Server の Maven ミラー設定

${MAVEN_MIRROR_OF}

MAVEN_REPOS

 — 

RHDMCENTR,EXTERNAL

RHDMCENTR_MAVEN_REPO_ID

 — 

repo-rhdmcentr

RHDMCENTR_MAVEN_REPO_SERVICE

 — 

${APPLICATION_NAME}-rhdmcentr

RHDMCENTR_MAVEN_REPO_PATH

 — 

/maven2/

RHDMCENTR_MAVEN_REPO_USERNAME

EAP 内の Decision Central がホストする Maven サービスにアクセスするためのパスワード

${DECISION_CENTRAL_MAVEN_USERNAME}

RHDMCENTR_MAVEN_REPO_PASSWORD

EAP 内の Decision Central がホストする Maven サービスにアクセスするためのパスワード

${DECISION_CENTRAL_MAVEN_PASSWORD}

EXTERNAL_MAVEN_REPO_ID

Maven リポジトリーに使用する ID。これが設定されている場合には、MAVEN_MIRROR_OF に追加して、オプションで設定したミラーから除外できます (例: external:*,!repo-rhdmcentr,!repo-custom)。MAVEN_MIRROR_URL が設定されているが MAVEN_MIRROR_ID が設定されていない場合には、ID は無作為に生成され、MAVEN_MIRROR_OF では使用できません。

${MAVEN_REPO_ID}

EXTERNAL_MAVEN_REPO_URL

Maven リポジトリーまたはサービスへの完全修飾 URL

${MAVEN_REPO_URL}

EXTERNAL_MAVEN_REPO_USERNAME

Maven リポジトリーにアクセスするためのユーザー名 (必要な場合)。

${MAVEN_REPO_USERNAME}

EXTERNAL_MAVEN_REPO_PASSWORD

Maven リポジトリーにアクセスするパスワード (必要な場合)

${MAVEN_REPO_PASSWORD}

HTTPS_KEYSTORE_DIR

 — 

/etc/kieserver-secret-volume

HTTPS_KEYSTORE

KIE Server のシークレット内のキーストアファイルの名前

${KIE_SERVER_HTTPS_KEYSTORE}

HTTPS_NAME

KIE Server のサーバー証明書に関連付けられている名前

${KIE_SERVER_HTTPS_NAME}

HTTPS_PASSWORD

KIE Server のキーストアおよび証明書のパスワード

${KIE_SERVER_HTTPS_PASSWORD}

SSO_URL

RH-SSO URL

${SSO_URL}

SSO_OPENIDCONNECT_DEPLOYMENTS

 — 

ROOT.war

SSO_REALM

RH-SSO レルム名

${SSO_REALM}

SSO_SECRET

KIE Server RH-SSO クライアント名

${KIE_SERVER_SSO_SECRET}

SSO_CLIENT

KIE Server RH-SSO クライアント名

${KIE_SERVER_SSO_CLIENT}

SSO_USERNAME

クライアント作成に使用する RH-SSO レルムの管理者ユーザー名 (存在しない場合)

${SSO_USERNAME}

SSO_PASSWORD

クライアント作成に使用する RH-SSO レルムの管理者パスワード

${SSO_PASSWORD}

SSO_DISABLE_SSL_CERTIFICATE_VALIDATION

RH-SSO Disable SSL 証明書の検証

${SSO_DISABLE_SSL_CERTIFICATE_VALIDATION}

SSO_PRINCIPAL_ATTRIBUTE

ユーザー名として使用する RH-SSO プリンシパル属性

${SSO_PRINCIPAL_ATTRIBUTE}

HOSTNAME_HTTP

KIE Server の http サービスルートのカスタムホスト名。デフォルトホスト名の場合は空白にします (例: insecure-<application-name>-kieserver-<project>.<default-domain-suffix>)。

${KIE_SERVER_HOSTNAME_HTTP}

HOSTNAME_HTTPS

KIE Server の https サービスルートのカスタムホスト名。デフォルトホスト名の場合は空白にします (例: <application-name>-kieserver-<project>.<default-domain-suffix>)。

${KIE_SERVER_HOSTNAME_HTTPS}

AUTH_LDAP_URL

認証用に接続する LDAP エンドポイント

${AUTH_LDAP_URL}

AUTH_LDAP_BIND_DN

認証に使用するバインド DN

${AUTH_LDAP_BIND_DN}

AUTH_LDAP_BIND_CREDENTIAL

認証に使用する LDAP 認証情報

${AUTH_LDAP_BIND_CREDENTIAL}

AUTH_LDAP_JAAS_SECURITY_DOMAIN

パスワードの復号化に使用する JaasSecurityDomain の JMX ObjectName

${AUTH_LDAP_JAAS_SECURITY_DOMAIN}

AUTH_LDAP_BASE_CTX_DN

ユーザー検索の開始に使用する最上位コンテキストの LDAP ベース DN

${AUTH_LDAP_BASE_CTX_DN}

AUTH_LDAP_BASE_FILTER

認証するユーザーのコンテキストの検索に使用する LDAP 検索フィルター。{0} 式を使用しているフィルターに、入力ユーザー名またはログインモジュールコールバックから取得される userDN が置換されます。検索フィルターの一般的な例は (uid={0}) です。

${AUTH_LDAP_BASE_FILTER}

AUTH_LDAP_SEARCH_SCOPE

使用する検索範囲。

${AUTH_LDAP_SEARCH_SCOPE}

AUTH_LDAP_SEARCH_TIME_LIMIT

ユーザーまたはロール検索のタイムアウト (ミリ秒単位)。

${AUTH_LDAP_SEARCH_TIME_LIMIT}

AUTH_LDAP_DISTINGUISHED_NAME_ATTRIBUTE

ユーザーの DN を含むユーザーエントリーの属性の名前。これは、ユーザー自身の DN に正しいユーザーマッピングを妨げる特殊文字 (バックスラッシュなど) が含まれる場合に必要になることがあります。属性が存在しない場合は、エントリーの DN が使用されます。

${AUTH_LDAP_DISTINGUISHED_NAME_ATTRIBUTE}

AUTH_LDAP_PARSE_USERNAME

DN がユーザー名に対して解析されるかどうかを示すフラグ。true に設定されている場合には、 DN はユーザー名に対して解析されます。false に設定されている場合には、 DN はユーザー名に対して解析されません。このオプションは usernameBeginString および usernameEndString と共に使用されます。

${AUTH_LDAP_PARSE_USERNAME}

AUTH_LDAP_USERNAME_BEGIN_STRING

ユーザー名を公開するため、DN の最初から削除される文字列を定義します。このオプションは usernameEndString と併用され、parseUsername が true に設定されている場合にのみ考慮されます。

${AUTH_LDAP_USERNAME_BEGIN_STRING}

AUTH_LDAP_USERNAME_END_STRING

ユーザー名を公開するため、DN の最後から削除される文字列を定義します。このオプションは usernameEndString と合わせて使用し、parseUsername が true に設定されている場合にのみ考慮されます。

${AUTH_LDAP_USERNAME_END_STRING}

AUTH_LDAP_ROLE_ATTRIBUTE_ID

ユーザーロールを含む属性の名前

${AUTH_LDAP_ROLE_ATTRIBUTE_ID}

AUTH_LDAP_ROLES_CTX_DN

ユーザーロールを検索するコンテキストの固定 DN。これは、実際のロールが存在する DN ではなく、ユーザーロールを含むオブジェクトが存在する DN です。たとえば、Microsoft Active Directory サーバーでは、これは、ユーザーアカウントが存在する DN です。

${AUTH_LDAP_ROLES_CTX_DN}

AUTH_LDAP_ROLE_FILTER

認証済みユーザーと関連付けられたロールを検索するために使用される検索フィルター。入力ユーザー名またはログインモジュールコールバックから取得される userDN は、{0} 式が使用されたフィルターに置換されます。認証済み userDN は {1} が使用されたフィルターに置換されます。入力ユーザー名に一致する検索フィルター例は (member={0}) です。認証済み userDN に一致する他の例は (member={1}) です。

${AUTH_LDAP_ROLE_FILTER}

AUTH_LDAP_ROLE_RECURSION

ロール検索が一致するコンテキストで行われる再帰のレベル数。再帰を無効にするには、これを 0 に設定します。

${AUTH_LDAP_ROLE_RECURSION}

AUTH_LDAP_DEFAULT_ROLE

認証された全ユーザーに対して含まれるロール

${AUTH_LDAP_DEFAULT_ROLE}

AUTH_LDAP_ROLE_NAME_ATTRIBUTE_ID

ロール名を含む roleCtxDN コンテキスト内の属性の名前。roleAttributeIsDN プロパティーが true に設定されている場合には、このプロパティーはロールオブジェクトの名前属性の検索に使用されます。

${AUTH_LDAP_ROLE_NAME_ATTRIBUTE_ID}

AUTH_LDAP_PARSE_ROLE_NAME_FROM_DN

クエリーによって返された DN に roleNameAttributeID が含まれるかどうかを示すフラグ。true に設定されている場合には、DN は roleNameATtributeID に対してチェックされます。false に設定されている場合、DN は roleNameATtributeID に対してチェックされません。このフラグは LDAP クエリーのパフォーマンスを向上できます。

${AUTH_LDAP_PARSE_ROLE_NAME_FROM_DN}

AUTH_LDAP_ROLE_ATTRIBUTE_IS_DN

roleAttributeID にロールオブジェクトの完全修飾 DN が含まれるかどうか。false の場合は、コンテキスト名の roleNameAttributeId 属性の値からロール名が取得されます。Microsoft Active Directory などの特定のディレクトリースキーマでは、この属性を true に設定する必要があります。

${AUTH_LDAP_ROLE_ATTRIBUTE_IS_DN}

AUTH_LDAP_REFERRAL_USER_ATTRIBUTE_ID_TO_CHECK

リファーラル (referral) を使用しない場合はこのオプションを無視してもかまいません。リファーラルを使用し、ロールオブジェクトがリファーラル内にある場合、このオプションは特定のロール (例: member) に対して定義されたユーザーが含まれる属性名を示します。ユーザーはこの属性名の内容に対してチェックされます。このオプションが設定されていないとチェックは常に失敗するため、ロールオブジェクトはリファーラルツリーに保存できません。

${AUTH_LDAP_REFERRAL_USER_ATTRIBUTE_ID_TO_CHECK}

AUTH_ROLE_MAPPER_ROLES_PROPERTIES

このパラメーターがある場合には、RoleMapping ログインモジュールが指定したファイルを使用するように設定されます。このパラメーターは、ロールを置換ロールにマップするプロパティーファイルまたはリソースの完全修飾ファイルパスまたは名前を定義します。形式は original_role=role1,role2,role3 になります。

${AUTH_ROLE_MAPPER_ROLES_PROPERTIES}

AUTH_ROLE_MAPPER_REPLACE_ROLE

現在のロールを追加するか、マップされたロールに現在のマップを置き換えるか。true に設定されている場合は、置き換えられます。

${AUTH_ROLE_MAPPER_REPLACE_ROLE}

5.2.2.3.3.7. ボリューム
デプロイメント名前mountPath目的readOnly

${APPLICATION_NAME}-rhdmcentr

decisioncentral-keystore-volume

/etc/decisioncentral-secret-volume

ssl certs

True

${APPLICATION_NAME}-kieserver

kieserver-keystore-volume

/etc/kieserver-secret-volume

ssl certs

True

5.2.2.4. 外部の依存関係

5.2.2.4.1. ボリューム要求

PersistentVolume オブジェクトは、OpenShift クラスターのストレージリソースです。管理者が GCE Persistent Disks、AWS Elastic Block Store (EBS) および NFS マウントなどのソースから PersistentVolume オブジェクトを作成して、ストレージをプロビジョニングします。詳細情報は、Openshift ドキュメント を参照してください。

名前アクセスモード

${APPLICATION_NAME}-rhdmcentr-claim

ReadWriteMany

5.2.2.4.2. シークレット

このテンプレートでは、アプリケーションを実行するために以下のシークレットをインストールする必要があります。

decisioncentral-app-secret kieserver-app-secret

5.2.2.4.3. クラスタリング

OpenShift EAP では、Kubernetes または DNS の検出メカニズム 2 つの内 1 つを使用してクラスタリングを実現できます。 これには、standalone-openshift.xml で <openshift.KUBE_PING/> または <openshift.DNS_PING/> 要素のいずれかを指定して JGroups プロトコルスタックを設定します。テンプレートは、DNS_PING を使用するように設定しますが、イメージで使用するデフォルトは `KUBE_PING` となっています。

使用する検出メカニズムは、JGROUPS_PING_PROTOCOL 環境変数で指定します。この環境変数は openshift.DNS_PING または openshift.KUBE_PING のいずれかに設定できます。JGROUPS_PING_PROTOCOL に何も値が指定されていない場合には、イメージで使用するデフォルト値は、openshift.KUBE_PING となります。

DNS_PING を機能させるには、以下の手順を実行する必要があります。

  1. OPENSHIFT_DNS_PING_SERVICE_NAME 環境変数は、クラスターの ping サービス名に設定する必要があります (上記の表を参照)。設定していない場合には、サーバーは単一ノードのクラスター (ノードが 1 つのクラスター) のように機能します。
  2. OPENSHIFT_DNS_PING_SERVICE_PORT 環境変数は、ping サービスを公開するポート番号に設定する必要があります (上記の表を参照)。DNS_PING プロトコルは可能な場合には SRV レコードからのポートを識別しようとします。デフォルト値は 8888 です。
  3. ping ポートを公開する ping サービスは定義する必要があります。このサービスは「ヘッドレス」(ClusterIP=None) で、以下の条件を満たす必要があります。

    1. ポートは、ポート検出が機能するように、名前を指定する必要があります。
    2. service.alpha.kubernetes.io/tolerate-unready-endpoints"true" に指定してアノテーションを設定する必要があります。このアノテーションを省略すると、起動時にノードごとに独自の「単一ノードのクラスター」が形成され、(起動後でないと他のノードが検出されないので) 起動後にこのクラスターが他のノードのクラスターにマージされます。

DNS_PING で使用する ping サービスの例

kind: Service
apiVersion: v1
spec:
    clusterIP: None
    ports:
    - name: ping
      port: 8888
    selector:
        deploymentConfig: eap-app
metadata:
    name: eap-app-ping
    annotations:
        service.alpha.kubernetes.io/tolerate-unready-endpoints: "true"
        description: "The JGroups ping port for clustering."

KUBE_PING を機能させるには以下の手順を実行する必要があります。

  1. OPENSHIFT_KUBE_PING_NAMESPACE 環境変数を設定する必要があります (上記の表を参照)。設定していない場合には、サーバーは単一ノードのクラスター (ノードが 1 つのクラスター) のように機能します。
  2. OPENSHIFT_KUBE_PING_LABELS 環境変数を設定する必要があります (上記の表を参照)。設定されていない場合には、アプリケーション外の Pod (namespace に関係なく) が参加しようとします。
  3. Kubernetes の REST API にアクセスできるようにするには、Pod が実行されているサービスアカウントに対して承認を行う必要があります。これはコマンドラインで行います。

例5.1 policy コマンド

myproject の namespace におけるデフォルトのサービスアカウントの使用:

oc policy add-role-to-user view system:serviceaccount:myproject:default -n myproject

myproject の namespace における eap-service-account の使用:

oc policy add-role-to-user view system:serviceaccount:myproject:eap-service-account -n myproject

5.3. rhdm76-kieserver.yaml テンプレート

Red Hat Decision Manager 7.6 での管理 KIE Server 向けのアプリケーションテンプレート (非推奨)

5.3.1. パラメーター

テンプレートを使用すると、値を取るパラメーターを定義できます。この値は、パラメーターが参照される際に置き換えられます。参照はオブジェクト一覧フィールドの任意のテキストフィールドで定義できます。詳細情報は、Openshift ドキュメントを参照してください。

変数名イメージの環境変数説明値の例必須

APPLICATION_NAME

 — 

アプリケーションの名前

myapp

True

MAVEN_MIRROR_URL

MAVEN_MIRROR_URL

KIE Server が使用する必要のある Maven ミラー。ミラーを設定する場合には、このミラーにはサービスのデプロイに必要なすべてのアーティファクトを含める必要があります。

 — 

False

MAVEN_MIRROR_OF

MAVEN_MIRROR_OF

KIE Server の Maven ミラー設定

external:*

False

MAVEN_REPO_ID

EXTERNAL_MAVEN_REPO_ID

Maven リポジトリーに使用する ID。これが設定されている場合には、MAVEN_MIRROR_OF に追加して、オプションで設定したミラーから除外できます (例: external:*,!repo-rhdmcentr,!repo-custom)。MAVEN_MIRROR_URL が設定されているが MAVEN_MIRROR_ID が設定されていない場合には、ID は無作為に生成され、MAVEN_MIRROR_OF では使用できません。

repo-custom

False

MAVEN_REPO_URL

EXTERNAL_MAVEN_REPO_URL

Maven リポジトリーまたはサービスへの完全修飾 URL

http://nexus.nexus-project.svc.cluster.local:8081/nexus/content/groups/public/

True

MAVEN_REPO_USERNAME

EXTERNAL_MAVEN_REPO_USERNAME

Maven リポジトリーにアクセスするためのユーザー名 (必要な場合)。

 — 

False

MAVEN_REPO_PASSWORD

EXTERNAL_MAVEN_REPO_PASSWORD

Maven リポジトリーにアクセスするパスワード (必要な場合)

 — 

False

DECISION_CENTRAL_SERVICE

WORKBENCH_SERVICE_NAME

必要な場合かつ到達可能な場合にサービスルックアップ (maven リポジトリーの使用など)を許可するために使用されるオプションの Decision Central のサービス名

myapp-rhdmcentr

False

DECISION_CENTRAL_MAVEN_USERNAME

RHDMCENTR_MAVEN_REPO_USERNAME

EAP 内の Decision Central がホストする Maven サービスにアクセスするためのパスワード

mavenUser

False

DECISION_CENTRAL_MAVEN_PASSWORD

RHDMCENTR_MAVEN_REPO_PASSWORD

EAP 内の Decision Central がホストする Maven サービスにアクセスするためのパスワード

maven1!

False

KIE_ADMIN_USER

KIE_ADMIN_USER

KIE 管理者のユーザー名

adminUser

False

KIE_ADMIN_PWD

KIE_ADMIN_PWD

KIE 管理者のパスワード

 — 

False

KIE_SERVER_USER

KIE_SERVER_USER

KIE サーバーのユーザー名 (org.kie.server.user システムプロパティーを設定します)

executionUser

False

KIE_SERVER_PWD

KIE_SERVER_PWD

KIE Server のパスワード (org.kie.server.pwd システムプロパティーを設定します)

 — 

False

IMAGE_STREAM_NAMESPACE

 — 

Red Hat Decision Manager イメージの ImageStream がインストールされている namespace。これらの ImageStreams は通常 OpenShift の namespace にインストールされています。ImageStreams を別の namespace/プロジェクトにインストールしている場合には、これを変更するだけで結構です。

openshift

True

KIE_SERVER_IMAGE_STREAM_NAME

 — 

KIE Server に使用するイメージストリームの名前。デフォルトは「rhdm-kieserver-rhel8」です。

rhdm-kieserver-rhel8

True

IMAGE_STREAM_TAG

 — 

イメージストリーム内のイメージへの名前付きのポインター。デフォルトは「7.6.0」です。

7.6.0

True

KIE_SERVER_MODE

KIE_SERVER_MODE

KIE Server モード。有効な値は 'DEVELOPMENT' または 'PRODUCTION' です。実稼働モードでは、アーティファクトの SNAPSHOT バージョンを KIE サーバーにデプロイできず、既存コンテナーでアーティファクトのバージョンを変更することはできません (org.kie.server.mode システムプロパティーを設定します)。

PRODUCTION

False

KIE_MBEANS

KIE_MBEANS

KIE Server mbeans の有効化/無効化 (kie.mbeans and kie.scanner.mbeans システムプロパティーを設定します)

有効

False

DROOLS_SERVER_FILTER_CLASSES

DROOLS_SERVER_FILTER_CLASSES

KIE Server クラスフィルター (org.drools.server.filter.classes システムプロパティーを設定します)

true

False

PROMETHEUS_SERVER_EXT_DISABLED

PROMETHEUS_SERVER_EXT_DISABLED

false に設定されている場合には、Prometheus サーバーの拡張は有効にされます (org.kie.prometheus.server.ext.disabled システムプロパティーを設定します)。

false

False

KIE_SERVER_HOSTNAME_HTTP

HOSTNAME_HTTP

http サービスルートのカスタムホスト名。デフォルトホスト名の場合は空白のままにします (例: insecure-<application-name>-kieserver-<project>.<default-domain-suffix>)。

 — 

False

KIE_SERVER_HOSTNAME_HTTPS

HOSTNAME_HTTPS

https サービスルートのカスタムのホスト名。デフォルトのホスト名を使用する場合には空白にします。例: <application-name>-kieserver-<project>.<default-domain-suffix>

 — 

False

KIE_SERVER_HTTPS_SECRET

 — 

キーストアファイルを含むシークレット名

kieserver-app-secret

True

KIE_SERVER_HTTPS_KEYSTORE

HTTPS_KEYSTORE

シークレット内のキーストアファイル名

keystore.jks

False

KIE_SERVER_HTTPS_NAME

HTTPS_NAME

サーバー証明書に関連付けられている名前

jboss

False

KIE_SERVER_HTTPS_PASSWORD

HTTPS_PASSWORD

キーストアおよび証明書のパスワード

mykeystorepass

False

KIE_SERVER_BYPASS_AUTH_USER

KIE_SERVER_BYPASS_AUTH_USER

KIE Server による、クエリーなどのタスク関連の操作についての認証済みユーザーのバイパスを許可 (org.kie.server.bypass.auth.user システムプロパティーを設定します)

false

False

KIE_SERVER_MEMORY_LIMIT

 — 

KIE Server コンテナーのメモリー制限

1Gi

False

KIE_SERVER_CONTAINER_DEPLOYMENT

KIE_SERVER_CONTAINER_DEPLOYMENT

KIE Server コンテナーのデプロイメント設定。オプションでエイリアスあり (形式: containerId=groupId:artifactId:version|c2(alias2)=g2:a2:v2)

rhdm-kieserver-library=org.openshift.quickstarts:rhdm-kieserver-library:1.6.0-SNAPSHOT

False

KIE_SERVER_MGMT_DISABLED

KIE_SERVER_MGMT_DISABLED

管理 api を無効にして、KIE コントローラーがデプロイ/デプロイ解除または起動/停止できないようにします。org.kie.server.mgmt.api.disabled プロパティーを true に、org.kie.server.startup.strategy プロパティー を LocalContainersStartupStrategy に設定します。

true

False

SSO_URL

SSO_URL

RH-SSO URL

https://rh-sso.example.com/auth

False

SSO_REALM

SSO_REALM

RH-SSO レルム名

 — 

False

KIE_SERVER_SSO_CLIENT

SSO_CLIENT

KIE Server RH-SSO クライアント名

 — 

False

KIE_SERVER_SSO_SECRET

SSO_SECRET

KIE Server RH-SSO クライアントシークレット

252793ed-7118-4ca8-8dab-5622fa97d892

False

SSO_USERNAME

SSO_USERNAME

クライアント作成に使用する RH-SSO レルムの管理者ユーザー名 (存在しない場合)

 — 

False

SSO_PASSWORD

SSO_PASSWORD

クライアント作成に使用する RH-SSO レルムの管理者パスワード

 — 

False

SSO_DISABLE_SSL_CERTIFICATE_VALIDATION

SSO_DISABLE_SSL_CERTIFICATE_VALIDATION

RH-SSO Disable SSL 証明書の検証

false

False

SSO_PRINCIPAL_ATTRIBUTE

SSO_PRINCIPAL_ATTRIBUTE

ユーザー名として使用する RH-SSO プリンシパル属性

preferred_username

False

AUTH_LDAP_URL

AUTH_LDAP_URL

認証用に接続する LDAP エンドポイント

ldap://myldap.example.com

False

AUTH_LDAP_BIND_DN

AUTH_LDAP_BIND_DN

認証に使用するバインド DN

uid=admin,ou=users,ou=example,ou=com

False

AUTH_LDAP_BIND_CREDENTIAL

AUTH_LDAP_BIND_CREDENTIAL

認証に使用する LDAP 認証情報

Password

False

AUTH_LDAP_JAAS_SECURITY_DOMAIN

AUTH_LDAP_JAAS_SECURITY_DOMAIN

パスワードの復号化に使用する JaasSecurityDomain の JMX ObjectName

 — 

False

AUTH_LDAP_BASE_CTX_DN

AUTH_LDAP_BASE_CTX_DN

ユーザー検索の開始に使用する最上位コンテキストの LDAP ベース DN

ou=users,ou=example,ou=com

False

AUTH_LDAP_BASE_FILTER

AUTH_LDAP_BASE_FILTER

認証するユーザーのコンテキストの検索に使用する LDAP 検索フィルター。{0} 式を使用しているフィルターに、入力ユーザー名またはログインモジュールコールバックから取得される userDN が置換されます。検索フィルターの一般的な例は (uid={0}) です。

(uid={0})

False

AUTH_LDAP_SEARCH_SCOPE

AUTH_LDAP_SEARCH_SCOPE

使用する検索範囲。

SUBTREE_SCOPE

False

AUTH_LDAP_SEARCH_TIME_LIMIT

AUTH_LDAP_SEARCH_TIME_LIMIT

ユーザーまたはロール検索のタイムアウト (ミリ秒単位)。

10000

False

AUTH_LDAP_DISTINGUISHED_NAME_ATTRIBUTE

AUTH_LDAP_DISTINGUISHED_NAME_ATTRIBUTE

ユーザーの DN を含むユーザーエントリーの属性の名前。これは、ユーザー自身の DN に正しいユーザーマッピングを妨げる特殊文字 (バックスラッシュなど) が含まれる場合に必要になることがあります。属性が存在しない場合は、エントリーの DN が使用されます。

distinguishedName

False

AUTH_LDAP_PARSE_USERNAME

AUTH_LDAP_PARSE_USERNAME

DN がユーザー名に対して解析されるかどうかを示すフラグ。true に設定されている場合には、 DN はユーザー名に対して解析されます。false に設定されている場合には、 DN はユーザー名に対して解析されません。このオプションは usernameBeginString および usernameEndString と共に使用されます。

true

False

AUTH_LDAP_USERNAME_BEGIN_STRING

AUTH_LDAP_USERNAME_BEGIN_STRING

ユーザー名を公開するため、DN の最初から削除される文字列を定義します。このオプションは usernameEndString と併用され、parseUsername が true に設定されている場合にのみ考慮されます。

 — 

False

AUTH_LDAP_USERNAME_END_STRING

AUTH_LDAP_USERNAME_END_STRING

ユーザー名を公開するため、DN の最後から削除される文字列を定義します。このオプションは usernameEndString と合わせて使用し、parseUsername が true に設定されている場合にのみ考慮されます。

 — 

False

AUTH_LDAP_ROLE_ATTRIBUTE_ID

AUTH_LDAP_ROLE_ATTRIBUTE_ID

ユーザーロールを含む属性の名前

memberOf

False

AUTH_LDAP_ROLES_CTX_DN

AUTH_LDAP_ROLES_CTX_DN

ユーザーロールを検索するコンテキストの固定 DN。これは、実際のロールが存在する DN ではなく、ユーザーロールを含むオブジェクトが存在する DN です。たとえば、Microsoft Active Directory サーバーでは、これは、ユーザーアカウントが存在する DN です。

ou=groups,ou=example,ou=com

False

AUTH_LDAP_ROLE_FILTER

AUTH_LDAP_ROLE_FILTER

認証済みユーザーと関連付けられたロールを検索するために使用される検索フィルター。入力ユーザー名またはログインモジュールコールバックから取得される userDN は、{0} 式が使用されたフィルターに置換されます。認証済み userDN は {1} が使用されたフィルターに置換されます。入力ユーザー名に一致する検索フィルター例は (member={0}) です。認証済み userDN に一致する他の例は (member={1}) です。

(memberOf={1})

False

AUTH_LDAP_ROLE_RECURSION

AUTH_LDAP_ROLE_RECURSION

ロール検索が一致するコンテキストで行われる再帰のレベル数。再帰を無効にするには、これを 0 に設定します。

1

False

AUTH_LDAP_DEFAULT_ROLE

AUTH_LDAP_DEFAULT_ROLE

認証された全ユーザーに対して含まれるロール

user

False

AUTH_LDAP_ROLE_NAME_ATTRIBUTE_ID

AUTH_LDAP_ROLE_NAME_ATTRIBUTE_ID

ロール名を含む roleCtxDN コンテキスト内の属性の名前。roleAttributeIsDN プロパティーが true に設定されている場合には、このプロパティーはロールオブジェクトの名前属性の検索に使用されます。

name

False

AUTH_LDAP_PARSE_ROLE_NAME_FROM_DN

AUTH_LDAP_PARSE_ROLE_NAME_FROM_DN

クエリーによって返された DN に roleNameAttributeID が含まれるかどうかを示すフラグ。true に設定されている場合には、DN は roleNameATtributeID に対してチェックされます。false に設定されている場合、DN は roleNameATtributeID に対してチェックされません。このフラグは LDAP クエリーのパフォーマンスを向上できます。

false

False

AUTH_LDAP_ROLE_ATTRIBUTE_IS_DN

AUTH_LDAP_ROLE_ATTRIBUTE_IS_DN

roleAttributeID にロールオブジェクトの完全修飾 DN が含まれるかどうか。false の場合は、コンテキスト名の roleNameAttributeId 属性の値からロール名が取得されます。Microsoft Active Directory などの特定のディレクトリースキーマでは、この属性を true に設定する必要があります。

false

False

AUTH_LDAP_REFERRAL_USER_ATTRIBUTE_ID_TO_CHECK

AUTH_LDAP_REFERRAL_USER_ATTRIBUTE_ID_TO_CHECK

リファーラル (referral) を使用しない場合はこのオプションを無視してもかまいません。リファーラルを使用し、ロールオブジェクトがリファーラル内にある場合、このオプションは特定のロール (例: member) に対して定義されたユーザーが含まれる属性名を示します。ユーザーはこの属性名の内容に対してチェックされます。このオプションが設定されていないとチェックは常に失敗するため、ロールオブジェクトはリファーラルツリーに保存できません。

 — 

False

AUTH_ROLE_MAPPER_ROLES_PROPERTIES

AUTH_ROLE_MAPPER_ROLES_PROPERTIES

このパラメーターがある場合には、RoleMapping のログインモジュールで、指定したファイルを使用するように設定します。このプロパティーは、ロールを置換ロールに対してマップするプロパティーファイルまたはリソースの完全修飾ファイルパスまたはファイル名を定義します。形式は original_role=role1,role2,role3 になります。

 — 

False

AUTH_ROLE_MAPPER_REPLACE_ROLE

AUTH_ROLE_MAPPER_REPLACE_ROLE

現在のロールを追加するか、マップされたロールに現在のマップを置き換えるか。true に設定されている場合は、置き換えられます。

 — 

False

5.3.2. オブジェクト

CLI はさまざまなオブジェクトタイプをサポートします。これらのオブジェクトタイプの一覧や略語については、Openshift ドキュメント を参照してください。

5.3.2.1. サービス

サービスは、Pod の論理セットや、Pod にアクセスするためのポリシーを定義する抽象概念です。詳細は、コンテナーエンジンのドキュメント を参照してください。

サービスポート名前説明

${APPLICATION_NAME}-kieserver

8080

http

すべての KIE Server Web サーバーのポート

8443

https

${APPLICATION_NAME}-kieserver-ping

8888

ping

クラスタリング向けの JGroups ping ポート

5.3.2.2. ルート

ルートは、www.example.com などの外部から到達可能なホスト名を指定してサービスを公開する 1 つの手段です。ルーターは、定義したルートやサービスで特定したエンドポイントを使用して、外部のクライアントからアプリケーションに名前付きの接続を提供します。各ルートは、ルート名、サービスセレクター、セキュリティー設定 (オプション) で構成されます。詳細は、Openshift ドキュメント を参照してください。

サービスセキュリティーホスト名

insecure-${APPLICATION_NAME}-kieserver-http

なし

${KIE_SERVER_HOSTNAME_HTTP}

${APPLICATION_NAME}-kieserver-https

TLS パススルー

${KIE_SERVER_HOSTNAME_HTTPS}

5.3.2.3. デプロイメント設定

OpenShift のデプロイメントは、デプロイメント設定と呼ばれるユーザー定義のテンプレートをベースとするレプリケーションコントローラーです。デプロイメントは手動で作成されるか、またはトリガーされるイベントに対応して作成されます。詳細は、Openshift ドキュメントを参照してください。

5.3.2.3.1. トリガー

トリガーは OpenShift 内外を問わず、イベントが発生すると新規デプロイメントを作成するように促します。詳細は、Openshift ドキュメントを参照してください。

デプロイメントトリガー

${APPLICATION_NAME}-kieserver

ImageChange

5.3.2.3.2. レプリカ

レプリケーションコントローラーは、指定した数の Pod の「レプリカ」が一度に実行されるようにします。レプリカが増えると、レプリケーションコントローラーが Pod の一部を強制終了します。レプリカが足りない場合には、追加で起動します。詳細は、コンテナーエンジンのドキュメントを参照してください。

デプロイメントレプリカ

${APPLICATION_NAME}-kieserver

1

5.3.2.3.3. Pod テンプレート
5.3.2.3.3.1. サービスアカウント

サービスアカウントは、各プロジェクト内に存在する API オブジェクトです。他の API オブジェクトのように作成し、削除できます。詳細は、Openshift ドキュメントを参照してください。

デプロイメントサービスアカウント

${APPLICATION_NAME}-kieserver

${APPLICATION_NAME}-kieserver

5.3.2.3.3.2. イメージ
デプロイメントイメージ

${APPLICATION_NAME}-kieserver

${KIE_SERVER_IMAGE_STREAM_NAME}

5.3.2.3.3.3. Readiness プローブ

${APPLICATION_NAME}-kieserver

Http Get on http://localhost:8080/services/rest/server/readycheck

5.3.2.3.3.4. Liveness プローブ

${APPLICATION_NAME}-kieserver

Http Get on http://localhost:8080/services/rest/server/healthcheck

5.3.2.3.3.5. 公開されたポート
デプロイメント名前ポートプロトコル

${APPLICATION_NAME}-kieserver

jolokia

8778

TCP

http

8080

TCP

https

8443

TCP

ping

8888

TCP

5.3.2.3.3.6. イメージの環境変数
デプロイメント変数名説明値の例

${APPLICATION_NAME}-kieserver

WORKBENCH_SERVICE_NAME

必要な場合かつ到達可能な場合にサービスルックアップ (maven リポジトリーの使用など)を許可するために使用されるオプションの Decision Central のサービス名

${DECISION_CENTRAL_SERVICE}

KIE_ADMIN_USER

KIE 管理者のユーザー名

${KIE_ADMIN_USER}

KIE_ADMIN_PWD

KIE 管理者のパスワード

${KIE_ADMIN_PWD}

KIE_SERVER_MODE

KIE Server モード。有効な値は 'DEVELOPMENT' または 'PRODUCTION' です。実稼働モードでは、アーティファクトの SNAPSHOT バージョンを KIE サーバーにデプロイできず、既存コンテナーでアーティファクトのバージョンを変更することはできません (org.kie.server.mode システムプロパティーを設定します)。

${KIE_SERVER_MODE}

KIE_MBEANS

KIE Server mbeans の有効化/無効化 (kie.mbeans and kie.scanner.mbeans システムプロパティーを設定します)

${KIE_MBEANS}

DROOLS_SERVER_FILTER_CLASSES

KIE Server クラスフィルター (org.drools.server.filter.classes システムプロパティーを設定します)

${DROOLS_SERVER_FILTER_CLASSES}

PROMETHEUS_SERVER_EXT_DISABLED

false に設定されている場合には、Prometheus サーバーの拡張は有効にされます (org.kie.prometheus.server.ext.disabled システムプロパティーを設定します)。

${PROMETHEUS_SERVER_EXT_DISABLED}

KIE_SERVER_BYPASS_AUTH_USER

KIE Server による、クエリーなどのタスク関連の操作についての認証済みユーザーのバイパスを許可 (org.kie.server.bypass.auth.user システムプロパティーを設定します)

${KIE_SERVER_BYPASS_AUTH_USER}

KIE_SERVER_ID

 — 

 — 

KIE_SERVER_ROUTE_NAME

 — 

${APPLICATION_NAME}-kieserver

KIE_SERVER_USER

KIE サーバーのユーザー名 (org.kie.server.user システムプロパティーを設定します)

${KIE_SERVER_USER}

KIE_SERVER_PWD

KIE Server のパスワード (org.kie.server.pwd システムプロパティーを設定します)

${KIE_SERVER_PWD}

KIE_SERVER_CONTAINER_DEPLOYMENT

KIE Server コンテナーのデプロイメント設定。オプションでエイリアスあり (形式: containerId=groupId:artifactId:version|c2(alias2)=g2:a2:v2)

${KIE_SERVER_CONTAINER_DEPLOYMENT}

MAVEN_MIRROR_URL

KIE Server が使用する必要のある Maven ミラー。ミラーを設定する場合には、このミラーにはサービスのデプロイに必要なすべてのアーティファクトを含める必要があります。

${MAVEN_MIRROR_URL}

MAVEN_MIRROR_OF

KIE Server の Maven ミラー設定

${MAVEN_MIRROR_OF}

MAVEN_REPOS

 — 

RHDMCENTR,EXTERNAL

RHDMCENTR_MAVEN_REPO_ID

 — 

repo-rhdmcentr

RHDMCENTR_MAVEN_REPO_SERVICE

必要な場合かつ到達可能な場合にサービスルックアップ (maven リポジトリーの使用など)を許可するために使用されるオプションの Decision Central のサービス名

${DECISION_CENTRAL_SERVICE}

RHDMCENTR_MAVEN_REPO_PATH

 — 

/maven2/

RHDMCENTR_MAVEN_REPO_USERNAME

EAP 内の Decision Central がホストする Maven サービスにアクセスするためのパスワード

${DECISION_CENTRAL_MAVEN_USERNAME}

RHDMCENTR_MAVEN_REPO_PASSWORD

EAP 内の Decision Central がホストする Maven サービスにアクセスするためのパスワード

${DECISION_CENTRAL_MAVEN_PASSWORD}

EXTERNAL_MAVEN_REPO_ID

Maven リポジトリーに使用する ID。これが設定されている場合には、MAVEN_MIRROR_OF に追加して、オプションで設定したミラーから除外できます (例: external:*,!repo-rhdmcentr,!repo-custom)。MAVEN_MIRROR_URL が設定されているが MAVEN_MIRROR_ID が設定されていない場合には、ID は無作為に生成され、MAVEN_MIRROR_OF では使用できません。

${MAVEN_REPO_ID}

EXTERNAL_MAVEN_REPO_URL

Maven リポジトリーまたはサービスへの完全修飾 URL

${MAVEN_REPO_URL}

EXTERNAL_MAVEN_REPO_USERNAME

Maven リポジトリーにアクセスするためのユーザー名 (必要な場合)。

${MAVEN_REPO_USERNAME}

EXTERNAL_MAVEN_REPO_PASSWORD

Maven リポジトリーにアクセスするパスワード (必要な場合)

${MAVEN_REPO_PASSWORD}

KIE_SERVER_MGMT_DISABLED

管理 api を無効にして、KIE コントローラーがデプロイ/デプロイ解除または起動/停止できないようにします。org.kie.server.mgmt.api.disabled プロパティーを true に、org.kie.server.startup.strategy プロパティー を LocalContainersStartupStrategy に設定します。

${KIE_SERVER_MGMT_DISABLED}

KIE_SERVER_STARTUP_STRATEGY

 — 

OpenShiftStartupStrategy

HTTPS_KEYSTORE_DIR

 — 

/etc/kieserver-secret-volume

HTTPS_KEYSTORE

シークレット内のキーストアファイル名

${KIE_SERVER_HTTPS_KEYSTORE}

HTTPS_NAME

サーバー証明書に関連付けられている名前

${KIE_SERVER_HTTPS_NAME}

HTTPS_PASSWORD

キーストアおよび証明書のパスワード

${KIE_SERVER_HTTPS_PASSWORD}

JGROUPS_PING_PROTOCOL

 — 

openshift.DNS_PING

OPENSHIFT_DNS_PING_SERVICE_NAME

 — 

${APPLICATION_NAME}-kieserver-ping

OPENSHIFT_DNS_PING_SERVICE_PORT

 — 

8888

SSO_URL

RH-SSO URL

${SSO_URL}

SSO_OPENIDCONNECT_DEPLOYMENTS

 — 

ROOT.war

SSO_REALM

RH-SSO レルム名

${SSO_REALM}

SSO_SECRET

KIE Server RH-SSO クライアントシークレット

${KIE_SERVER_SSO_SECRET}

SSO_CLIENT

KIE Server RH-SSO クライアント名

${KIE_SERVER_SSO_CLIENT}

SSO_USERNAME

クライアント作成に使用する RH-SSO レルムの管理者ユーザー名 (存在しない場合)

${SSO_USERNAME}

SSO_PASSWORD

クライアント作成に使用する RH-SSO レルムの管理者パスワード

${SSO_PASSWORD}

SSO_DISABLE_SSL_CERTIFICATE_VALIDATION

RH-SSO Disable SSL 証明書の検証

${SSO_DISABLE_SSL_CERTIFICATE_VALIDATION}

SSO_PRINCIPAL_ATTRIBUTE

ユーザー名として使用する RH-SSO プリンシパル属性

${SSO_PRINCIPAL_ATTRIBUTE}

HOSTNAME_HTTP

http サービスルートのカスタムホスト名。デフォルトホスト名の場合は空白のままにします (例: insecure-<application-name>-kieserver-<project>.<default-domain-suffix>)。

${KIE_SERVER_HOSTNAME_HTTP}

HOSTNAME_HTTPS

https サービスルートのカスタムのホスト名。デフォルトのホスト名を使用する場合には空白にします。例: <application-name>-kieserver-<project>.<default-domain-suffix>

${KIE_SERVER_HOSTNAME_HTTPS}

AUTH_LDAP_URL

認証用に接続する LDAP エンドポイント

${AUTH_LDAP_URL}

AUTH_LDAP_BIND_DN

認証に使用するバインド DN

${AUTH_LDAP_BIND_DN}

AUTH_LDAP_BIND_CREDENTIAL

認証に使用する LDAP 認証情報

${AUTH_LDAP_BIND_CREDENTIAL}

AUTH_LDAP_JAAS_SECURITY_DOMAIN

パスワードの復号化に使用する JaasSecurityDomain の JMX ObjectName

${AUTH_LDAP_JAAS_SECURITY_DOMAIN}

AUTH_LDAP_BASE_CTX_DN

ユーザー検索の開始に使用する最上位コンテキストの LDAP ベース DN

${AUTH_LDAP_BASE_CTX_DN}

AUTH_LDAP_BASE_FILTER

認証するユーザーのコンテキストの検索に使用する LDAP 検索フィルター。{0} 式を使用しているフィルターに、入力ユーザー名またはログインモジュールコールバックから取得される userDN が置換されます。検索フィルターの一般的な例は (uid={0}) です。

${AUTH_LDAP_BASE_FILTER}

AUTH_LDAP_SEARCH_SCOPE

使用する検索範囲。

${AUTH_LDAP_SEARCH_SCOPE}

AUTH_LDAP_SEARCH_TIME_LIMIT

ユーザーまたはロール検索のタイムアウト (ミリ秒単位)。

${AUTH_LDAP_SEARCH_TIME_LIMIT}

AUTH_LDAP_DISTINGUISHED_NAME_ATTRIBUTE

ユーザーの DN を含むユーザーエントリーの属性の名前。これは、ユーザー自身の DN に正しいユーザーマッピングを妨げる特殊文字 (バックスラッシュなど) が含まれる場合に必要になることがあります。属性が存在しない場合は、エントリーの DN が使用されます。

${AUTH_LDAP_DISTINGUISHED_NAME_ATTRIBUTE}

AUTH_LDAP_PARSE_USERNAME

DN がユーザー名に対して解析されるかどうかを示すフラグ。true に設定されている場合には、 DN はユーザー名に対して解析されます。false に設定されている場合には、 DN はユーザー名に対して解析されません。このオプションは usernameBeginString および usernameEndString と共に使用されます。

${AUTH_LDAP_PARSE_USERNAME}

AUTH_LDAP_USERNAME_BEGIN_STRING

ユーザー名を公開するため、DN の最初から削除される文字列を定義します。このオプションは usernameEndString と併用され、parseUsername が true に設定されている場合にのみ考慮されます。

${AUTH_LDAP_USERNAME_BEGIN_STRING}

AUTH_LDAP_USERNAME_END_STRING

ユーザー名を公開するため、DN の最後から削除される文字列を定義します。このオプションは usernameEndString と合わせて使用し、parseUsername が true に設定されている場合にのみ考慮されます。

${AUTH_LDAP_USERNAME_END_STRING}

AUTH_LDAP_ROLE_ATTRIBUTE_ID

ユーザーロールを含む属性の名前

${AUTH_LDAP_ROLE_ATTRIBUTE_ID}

AUTH_LDAP_ROLES_CTX_DN

ユーザーロールを検索するコンテキストの固定 DN。これは、実際のロールが存在する DN ではなく、ユーザーロールを含むオブジェクトが存在する DN です。たとえば、Microsoft Active Directory サーバーでは、これは、ユーザーアカウントが存在する DN です。

${AUTH_LDAP_ROLES_CTX_DN}

AUTH_LDAP_ROLE_FILTER

認証済みユーザーと関連付けられたロールを検索するために使用される検索フィルター。入力ユーザー名またはログインモジュールコールバックから取得される userDN は、{0} 式が使用されたフィルターに置換されます。認証済み userDN は {1} が使用されたフィルターに置換されます。入力ユーザー名に一致する検索フィルター例は (member={0}) です。認証済み userDN に一致する他の例は (member={1}) です。

${AUTH_LDAP_ROLE_FILTER}

AUTH_LDAP_ROLE_RECURSION

ロール検索が一致するコンテキストで行われる再帰のレベル数。再帰を無効にするには、これを 0 に設定します。

${AUTH_LDAP_ROLE_RECURSION}

AUTH_LDAP_DEFAULT_ROLE

認証された全ユーザーに対して含まれるロール

${AUTH_LDAP_DEFAULT_ROLE}

AUTH_LDAP_ROLE_NAME_ATTRIBUTE_ID

ロール名を含む roleCtxDN コンテキスト内の属性の名前。roleAttributeIsDN プロパティーが true に設定されている場合には、このプロパティーはロールオブジェクトの名前属性の検索に使用されます。

${AUTH_LDAP_ROLE_NAME_ATTRIBUTE_ID}

AUTH_LDAP_PARSE_ROLE_NAME_FROM_DN

クエリーによって返された DN に roleNameAttributeID が含まれるかどうかを示すフラグ。true に設定されている場合には、DN は roleNameATtributeID に対してチェックされます。false に設定されている場合、DN は roleNameATtributeID に対してチェックされません。このフラグは LDAP クエリーのパフォーマンスを向上できます。

${AUTH_LDAP_PARSE_ROLE_NAME_FROM_DN}

AUTH_LDAP_ROLE_ATTRIBUTE_IS_DN

roleAttributeID にロールオブジェクトの完全修飾 DN が含まれるかどうか。false の場合は、コンテキスト名の roleNameAttributeId 属性の値からロール名が取得されます。Microsoft Active Directory などの特定のディレクトリースキーマでは、この属性を true に設定する必要があります。

${AUTH_LDAP_ROLE_ATTRIBUTE_IS_DN}

AUTH_LDAP_REFERRAL_USER_ATTRIBUTE_ID_TO_CHECK

リファーラル (referral) を使用しない場合はこのオプションを無視してもかまいません。リファーラルを使用し、ロールオブジェクトがリファーラル内にある場合、このオプションは特定のロール (例: member) に対して定義されたユーザーが含まれる属性名を示します。ユーザーはこの属性名の内容に対してチェックされます。このオプションが設定されていないとチェックは常に失敗するため、ロールオブジェクトはリファーラルツリーに保存できません。

${AUTH_LDAP_REFERRAL_USER_ATTRIBUTE_ID_TO_CHECK}

AUTH_ROLE_MAPPER_ROLES_PROPERTIES

このパラメーターがある場合には、RoleMapping のログインモジュールで、指定したファイルを使用するように設定します。このプロパティーは、ロールを置換ロールに対してマップするプロパティーファイルまたはリソースの完全修飾ファイルパスまたはファイル名を定義します。形式は original_role=role1,role2,role3 になります。

${AUTH_ROLE_MAPPER_ROLES_PROPERTIES}

AUTH_ROLE_MAPPER_REPLACE_ROLE

現在のロールを追加するか、マップされたロールに現在のマップを置き換えるか。true に設定されている場合は、置き換えられます。

${AUTH_ROLE_MAPPER_REPLACE_ROLE}

5.3.2.3.3.7. ボリューム
デプロイメント名前mountPath目的readOnly

${APPLICATION_NAME}-kieserver

kieserver-keystore-volume

/etc/kieserver-secret-volume

ssl certs

True

5.3.2.4. 外部の依存関係

5.3.2.4.1. シークレット

このテンプレートでは、アプリケーションを実行するために以下のシークレットをインストールする必要があります。

kieserver-app-secret

5.4. OpenShift の使用に関するクイックリファレンス

Red Hat OpenShift Container Platform で Red Hat Decision Manager テンプレートをデプロイし、モニターし、管理し、デプロイ解除するには、OpenShift Web コンソールまたは oc コマンドを使用できます。

Web コンソールの使用に関する説明は、「Web コンソールを使用したイメージの作成およびビルド」を参照してください。

oc コマンドの使用方法に関する詳細は、『CLI リファレンス』を参照してください。以下のコマンドが必要になる可能性があります。

  • プロジェクトを作成するには、以下のコマンドを使用します。

    $ oc new-project <project-name>

    詳細は、「CLI を使用したプロジェクトの作成」を参照してください。

  • テンプレートをデプロイするには (またはテンプレートからアプリケーションを作成するには)、以下のコマンドを実行します。

    $ oc new-app -f <template-name> -p <parameter>=<value> -p <parameter>=<value> ...

    詳細は、「CLI を使用したアプリケーションの作成」を参照してください。

  • プロジェクト内のアクティブな Pod の一覧を表示するには、以下のコマンドを使用します。

    $ oc get pods
  • Pod のデプロイメントが完了し、実行中の状態になっているかどうかなど、Pod の現在のステータスを表示するには、以下のコマンドを使用します。

    $ oc describe pod <pod-name>

    oc describe コマンドを使用して、他のオブジェクトの現在のステータスを表示できます。詳細は、「アプリケーション変更操作」を参照してください。

  • Pod のログを表示するには、以下のコマンドを使用します。

    $ oc logs <pod-name>
  • デプロイメントログを表示するには、テンプレート参照で DeploymentConfig 名を検索し、以下のコマンドを入力します。

    $ oc logs -f dc/<deployment-config-name>

    詳細は、「デプロイメントログの表示」を参照してください。

  • ビルドログを表示するには、テンプレート参照で BuildConfig 名を検索し、以下のコマンドを入力します。

    $ oc logs -f bc/<build-config-name>

    詳細は、「ビルドログへのアクセス」を参照してください。

  • アプリケーションの Pod をスケーリングするには、テンプレート参照で DeploymentConfig 名を検索し、以下のコマンドを入力します。

    $ oc scale dc/<deployment-config-name> --replicas=<number>

    詳細は、「手動のスケーリング」を参照してください。

  • アプリケーションのデプロイメントを解除するには、以下のコマンドを使用してプロジェクトを削除します。

    $ oc delete project <project-name>

    または、oc delete コマンドを使用して、Pod またはレプリケーションコントローラーなど、アプリケーションの一部を削除できます。詳細は、「アプリケーション変更操作」を参照してください。