前書き

システムエンジニアは、Red Hat OpenShift Container Platform に Red Hat Decision Manager オーサリングまたは管理環境をデプロイして、サービスおよびその他のビジネスアセットを開発するプラットフォームを提供します。

前提条件

  • Red Hat OpenShift Container Platform バージョン 3.11 がデプロイされている。
  • OpenShift クラスター/namespace で 4 ギガバイト以上のメモリーが利用可能である。
  • 高可用性のデプロイメントでは、以下のリソースが OpenShift クラスターで利用可能である。

    • Business Central で複製された Pod の場合、8 ギガバイトのメモリーと 2 CPU コアが各レプリカに必要です。デフォルトで 2 つのレプリカが作成されます。
    • Decision Server で複製された Pod の場合、1 ギガバイトのメモリーと 1 CPU コアが各レプリカに必要です。デフォルトで 2 つのレプリカが作成されます。
    • Red Hat Data Grid で複製された Pod の場合、2 ギガバイトのメモリーと 1 CPU コアが各レプリカに必要です。デフォルトで 2 つのレプリカが作成されます。
    • Red Hat AMQ で複製された Pod は、クラスターに設定されたデフォルトのリソース制限を使用します。
注記

クラスターの容量を確認する方法については、Red Hat OpenShift Container Platform 3.11 製品ドキュメントの「クラスター容量の分析」を参照してください。

  • デプロイメントする OpenShift プロジェクトが作成されている。
  • oc コマンドを使用してプロジェクトにログインしている。oc コマンドランツールに関する詳細は、『OpenShift CLI リファレンス』を参照してください。OpenShift Web コンソールを使用してテンプレートをデプロイするには、Web コンソールを使用してログインしている必要もあります。
  • 動的永続ボリューム (PV) のプロビジョニングを有効にしている。または、動的 PV プロビジョニングが有効でない場合には、十分な永続ボリュームが利用できる状態でなければなりません。デフォルトでは、Business Central は 1 Gi 分の PV が必要です。テンプレートパラメーターで、Business Central 永続ストレージの PV サイズを変更できます。
  • 高可用性 Business Central を含む高可用性オーサリング環境をデプロイする場合、OpenShift 環境は ReadWriteMany モードの永続ボリュームをサポートします。ご使用の環境がこのモードに対応していない場合、NFS を使用してボリュームをプロビジョニングできます。ただし、パフォーマンスと信頼性を最大化するには、GlusterFS を使用して、高可用性オーサーリング環境用に永続ボリュームをプロビジョニングします。OpenShift Online ボリュームプラグインにおけるアクセスモードのサポートについては、「アクセスモード」を参照してください。

    重要

    ReadWriteMany モードは、OpenShift Online および OpenShift Dedicated ではサポートされません。

注記

Red Hat Decision Manager バージョン 7.5 以降、Red Hat OpenShift Container Platform 3.x のサポートは非推奨となっています。これには、Red Hat Decision Manager のインストールに使用するテンプレートも含まれます。この機能は今後のリリースで削除されます。

注記

Red Hat Decision Manager テンプレートを Red Hat OpenShift Container Platform 4.x と共に使用しないでください。Red Hat Decision Manager を Red Hat OpenShift Container Platform 4.x にデプロイするには、『Deploying a Red Hat Decision Manager environment on Red Hat OpenShift Container Platform using Operators』の説明を参照してください。