前書き

システムエンジニアは、Red Hat OpenShift Container Platform に Red Hat Decision Manager 試用環境をデプロイして、ルールやその他のビジネスアセットの開発や使用を評価し、体験することができます。

前提条件

  • Red Hat OpenShift Container Platform バージョン 3.11 がデプロイされている。
  • OpenShift クラスター/namespace で 3 ギガバイト以上のメモリーが利用可能である。
  • デプロイメントに使用する OpenShift プロジェクトが作成されている。
  • oc コマンドを使用してプロジェクトにログインしている。oc コマンドランツールに関する詳細は、『OpenShift CLI リファレンス』を参照してください。OpenShift Web コンソールを使用してテンプレートをデプロイするには、Web コンソールを使用してログインしている必要もあります。
注記

Red Hat Decision Manager バージョン 7.5 以降、Automation Broker (Ansible Playbook) や全テンプレートを使用したインストールを含む、Red Hat OpenShift Container Platform 3.x へのサポートが非推奨になりました。 新機能が追加されない可能性があり、この機能は今後のリリースで削除予定です。