第3章 試用環境のデプロイ

試用版 (評価版) の Red Hat Decision Manager 環境をデプロイできます。この環境は、サービスのオーサリングと管理を行うための Business Central とサービスのテスト実行のための Decision Server で構成されます。

この環境には永続ストレージが含まれておらず、試用版の環境で作成または変更するアセットは保存されません。

この環境は、テストおよびデモ用のアクセスを前提として設計されており、CORS (Cross-Origin Resource Sharing) をサポートします。つまり、ページ上の他のリソースが他のサーバーによって提供される際、Decision Server エンドポイントはブラウザーを使用してアクセスされることを意味します。Decision Server エンドポイントは基本的に REST 呼び出し用として設計されていますが、一部のデモ設定ではブラウザーによるアクセスが必要になる場合があります。

最小限の手順のみが必要となり、必須となる設定はなく、パスワードはすべて 1 つの値 (デフォルトパスワードは RedHat) に設定されます。

単一オーサリング環境をデプロイするには、rhdm75-trial-ephemeral.yaml テンプレートファイルを使用します。rhdm-7.5.0-openshift-templates.zip の製品配信可能ファイルからこのファイルを展開できます。このファイルは、Red Hat カスタマーポータルの Software Downloads ページからダウンロードできます。

手順

  1. 以下のいずれかの方法を使用してテンプレートをデプロイします。

    • OpenShift Web UI で、Add to Project → Import YAML / JSON を選択してから、rhdm75-trial-ephemeral.yaml ファイルを選択するか、またはこれを貼り付けます。Add Template ウィンドウで、Process the template が選択されていることを確認し、Continue をクリックします。
    • OpenShift コマンドラインコンソールを使用するには、以下のコマンドラインを準備します。

      oc new-app -f <template-path>/rhdm75-trial-ephemeral.yaml

      このコマンドラインでは、<template-path> を、ダウンロードしたテンプレートファイルのパスに置き換えます。

  2. オプションで、このテンプレートに記載されているいずれかのパラメーターを設定します。通常の試用版のデプロイメントでは、以下のパラメーターのみが必要になります。

  3. 使用している方法に従って環境の作成を完了します。

    • OpenShift Web UI で、Create をクリックします。

      • This will create resources that may have security or project behavior implications というポップアップメッセージが表示される可能性があります。このメッセージが表示される場合には、Create Anyway をクリックします。
    • 完了し、コマンドラインを実行します。