第7章 スタンドアロン Business Central の実行

Business Central スタンドアロン JAR ファイルを使用して、Red Hat JBoss EAP などのアプリケーションサーバーにデプロイせずに Business Central を実行できます。

注記

Red Hat は、Red Hat Enterprise Linux にインストールした場合に限りこのインストールタイプをサポートします。

前提条件

手順

  1. ディレクトリーを作成し、rhdm-7.4.0-decision-central-standalone.jar ファイルをこのディレクトリーに移動します。
  2. ターミナルウィンドウで、スタンドアロン JAR ファイルを含むディレクトリーに移動します。
  3. application-users.properties ファイルを作成し、管理者ユーザーを含めます。この Business Central インスタンスが Decision Server の Decision Manager コントローラーになる場合は、Decision Manager コントローラーユーザーを含めます。以下に例を示します。

    rhdmAdmin=password1
    controllerUser=controllerUser1234
  4. application-roles.properties ファイルを作成し、application-users.properties ファイルに含まれるユーザーにロールを割り当てます。以下に例を示します。

    rhdmAdmin=admin
    controllerUser=kie-server
  5. 以下の内容で application-config.yaml 設定ファイルを作成します。<APPLICATION_USERS>application-users.properties ファイルへのパスで、<APPLICATION_ROLES>application-roles.properties ファイルへのパスです。

    thorntail:
      management:
        security-realms:
          ApplicationRealm:
            local-authentication:
              default-user: local
              allowed-users: local
              skip-group-loading: true
            properties-authentication:
              path: <APPLICATION_USERS>
              plain-text: true
            properties-authorization:
              path: <APPLICATION_ROLES>
    datasource:
      management:
        wildfly:
          admin: admin
  6. 以下のコマンドを入力します。

    java -jar rhdm-7.4.0-decision-central-standalone.jar -s application-config.yaml

    また、このコマンドに -D<property>=<value> パラメーターを追加して、Business Central でサポートされる任意のプロパティーを設定することもできます。以下は例になります。

    java -jar rhdm-7.4.0-decision-central-standalone.jar -s application-config.yaml -D<property>=<value> -D<property>=<value>

    詳細は「サポートされるプロパティー」を参照してください。

7.1. サポートされるプロパティー

このセクションに記載の Business Central のシステムプロパティーは standalone*.xml ファイルに渡されます。または、スタンドアロン Business Central のインストール時に、以下のコマンドで、本セクションに列記するプロパティーを使用することもできます。

java -jar rhdm-7.4.0-decision-central-standalone.jar -s application-config.yaml -D<property>=<value> -D<property>=<value>

このコマンドで、<property> が以下に列記するプロパティーのいずれかで、<value> がそのプロパティーに割り当てる値です。

  • org.uberfire.nio.git.dir: Decision Server Git ディレクトリーの場所。
  • org.uberfire.nio.git.dirname: Decision Server Git ディレクトリーの名前。デフォルト値: .niogit
  • org.uberfire.nio.git.proxy.ssh.over.http: SSH が HTTP プロキシーを使用するかどうかを指定します。デフォルト値: false
  • http.proxyHost: HTTP プロキシ−のホスト名。デフォルト値: null
  • http.proxyPort: HTTP プロキシーのホストポート (整数値)。デフォルト値: null
  • org.uberfire.nio.git.proxy.ssh.over.https: SSH が HTTPS プロキシーを使用するかどうかを指定します。デフォルト値: false
  • https.proxyHost: HTTPS プロキシーのホスト名。デフォルト値: null
  • https.proxyPort: HTTPS プロキシーのホストポート (整数値)。デフォルト値: null
  • org.uberfire.nio.git.http.enabled: HTTP デーモンを有効または無効にします。デフォルト値: true
  • org.uberfire.nio.git.http.host: HTTP デーモンが有効な場合に、このデーモンはホストの識別子としてこのプロパティーを使用します。これは、HTTP 経由で Git リポジトリーにアクセスする方法を表示するときに使用する参考属性です。HTTP は、継続してサーブレットコンテナーに依存します。デフォルト値: localhost
  • org.uberfire.nio.git.http.hostname: HTTP デーモンが有効な場合に、このデーモンはホスト名の識別子としてこのプロパティーを使用します。これは、HTTP 経由で Git リポジトリーにアクセスする方法を表示するときに使用する参考属性です。HTTP は、継続してサーブレットコンテナーに依存します。デフォルト値: localhost
  • org.uberfire.nio.git.http.port: HTTP デーモンが有効な場合に、このデーモンはポート番号としてこのプロパティーを使用します。これは、HTTP 経由で Git リポジトリーにアクセスする方法を表示するときに使用する参考属性です。HTTP は、継続してサーブレットコンテナーに依存します。デフォルト値: 8080
  • org.uberfire.nio.git.https.enabled: HTTPS デーモンを有効または無効にします。デフォルト値: false
  • org.uberfire.nio.git.https.host: HTTPS デーモンが有効な場合に、このデーモンはホストの識別子としてこのプロパティーを使用します。これは、HTTPS 経由で Git リポジトリーにアクセスする方法を表示するときに使用する参考属性です。HTTPS は、継続してサーブレットコンテナーに依存します。デフォルト値: localhost
  • org.uberfire.nio.git.https.hostname: HTTPS デーモンが有効な場合に、このデーモンはホスト名の識別子としてこのプロパティーを使用します。これは、HTTPS 経由で Git リポジトリーにアクセスする方法を表示するときに使用する参考属性です。HTTPS は、継続してサーブレットコンテナーに依存します。デフォルト値: localhost
  • org.uberfire.nio.git.https.port: HTTPS デーモンが有効な場合に、このデーモンはポート番号としてこのプロパティーを使用します。これは、HTTPS 経由で Git リポジトリーにアクセスする方法を表示するときに使用する参考属性です。HTTPS は、継続してサーブレットコンテナーに依存します。デフォルト値: 8080
  • org.uberfire.nio.git.daemon.enabled: Git デーモンを有効または無効にします。デフォルト値: true
  • org.uberfire.nio.git.daemon.host: Git デーモンが有効な場合は、このプロパティーをローカルホストの識別子として使用します。デフォルト値: localhost
  • org.uberfire.nio.git.daemon.hostname: Git デーモンが有効な場合は、このプロパティーをローカルホスト名の識別子として使用します。デフォルト値: localhost
  • org.uberfire.nio.git.daemon.port: Git デーモンが有効な場合は、このプロパティーをポート番号として使用します。デフォルト値: 9418
  • org.uberfire.nio.git.http.sslVerify: Git リポジトリーの確認をする SSL 証明書を有効または無効にします。デフォルト値: true

    注記

    デフォルトポートまたは割り当てられたポートが既に使用されている場合は、別のポートが自動的に選択されます。ポートが利用可能であることを確認し、詳細についてはログをチェックします。

  • org.uberfire.nio.git.ssh.enabled: SSH デーモンを有効または無効にします。デフォルト値: true
  • org.uberfire.nio.git.ssh.host: SSH デーモンが有効な場合は、このプロパティーをローカルホスト識別子として使用します。デフォルト値: localhost
  • org.uberfire.nio.git.ssh.hostname: SSH デーモンが有効な場合は、このプロパティーをローカルホスト名の識別子として使用します。デフォルト値: localhost
  • org.uberfire.nio.git.SSH.port: SSH デーモンが有効な場合は、このプロパティーをポート番号として使用します。デフォルト値: 8001

    注記

    デフォルトポートまたは割り当てられたポートが既に使用されている場合は、別のポートが自動的に選択されます。ポートが利用可能であることを確認し、詳細についてはログをチェックします。

  • org.uberfire.nio.git.ssh.cert.dir: ローカルの証明書が保存される .security ディレクトリーの場所。デフォルト: 作業ディレクトリー
  • org.uberfire.nio.git.ssh.passphrase: SCP スタイルの URL (例: git@github.com:user/repository.git) を持つ Git リポジトリーのクローンを作成する場合に、オペレーティングシステムの公開キーストアにアクセスするためのパスフレーズ。
  • org.uberfire.nio.git.ssh.algorithm: SSH で使用されるアルゴリズム。デフォルト値: RSA
  • org.uberfire.nio.git.ssh.ciphers: コンマ区切りの暗号化の文字列。利用可能な暗号化は aes128-ctraes192-ctraes256-ctrarcfour128arcfour256aes192-cbcaes256-cbc です。このプロパティーを使用しない場合は、すべての暗号化が読み込まれます。
  • org.uberfire.nio.git.ssh.macs: コンマ区切りのメッセージ認証コード (MAC) の文字列。利用可能な MAC は hmac-md5hmac-md5-96hmac-sha1hmac-sha1-96hmac-sha2-256hmac-sha2-512 です。このプロパティーを使用しない場合は、すべての MAC が読み込まれます。

    注記

    RSA、または DSA 以外のアルゴリズムを使う場合は、Bouncy Castle JCE ライブラリーを使用するようにアプリケーションサーバーを設定します。

  • org.uberfire.metadata.index.dir: Lucene の .index ディレクトリーが保存される場所。デフォルト: 作業ディレクトリー
  • org.uberfire.ldap.regex.role_mapper: LDAP プリンシパル名をアプリケーションのロール名にマッピングするのに使用する regex パターン。プリンシパルの値がロール名に一致する場合はアプリケーションのロール名に置き換えられるため、変数ロールはパターンの一部でなければならない点に注意してください。デフォルト: 不使用
  • org.uberfire.sys.repo.monitor.disabled: 設定モニターを無効にします。無効にした場合の影響を正しく理解していない場合は、無効にしないでください。デフォルト値: false
  • org.uberfire.secure.key: パスワードの暗号化で使用するパスワード。デフォルト値: org.uberfire.admin
  • org.uberfire.secure.alg: パスワードの暗号化で使用する暗号化アルゴリズム。デフォルト値: PBEWithMD5AndDES
  • org.uberfire.domain: uberfire が使用するセキュリティードメイン名。デフォルト値: ApplicationRealm
  • org.guvnor.m2repo.dir: Maven リポジトリーディレクトリーが保存される場所。デフォルト値: <working-directory>/repositories/kie
  • org.guvnor.project.gav.check.disabled: グループ ID、アーティファクト ID、およびバージョン (GAV) のチェックを無効にします。デフォルト値: false
  • org.kie.build.disable-project-explorer: Project Explorer で選択したプロジェクトの自動ビルドを無効にします。デフォルト値: false
  • org.kie.verification.disable-dtable-realtime-verification: デシジョンテーブルのリアルタイム確認および検証を無効にします。デフォルト値: false
  • org.kie.server.controller: Decision Manager コントローラーとの接続に使用される URL (例: ws://localhost:8080/decision-central/websocket/controller)
  • org.kie.server.user: Decision Manager コントローラーから Decision Server ノードに接続する際に使用するユーザー名。このプロパティーが必要なのは、この Business Central システムを Decision Manager コントローラーとして使用する場合だけです。
  • org.kie.server.pwd: Decision Manager コントローラーから Decision Server ノードに接続する際に使用するパスワード。このプロパティーが必要なのは、この Business Central システムを Decision Manager コントローラーとして使用する場合だけです。
  • kie.maven.offline.force: Maven のオフライン動作を強制します。true に設定すると、オンラインの依存関係解決が無効になります。デフォルト値: false

    注記

    このプロパティーは、Business Central にのみ使用してください。他のコンポーネントとランタイム環境を共有する場合は、設定を分離して、Business Central にだけ適用してください。

  • org.uberfire.gzip.enable: GzipFilter で Gzip の圧縮を有効にするか、または無効にします。デフォルト: true
  • designerdataobjects: データオブジェクトの機能を無効にします。このパラメーターの値を false に設定します。