第6章 その他の DRL ルールの作成および実行方法

Decision Central インターフェースに DRL ルールを作成し管理する代わりに、Red Hat Developer Studio、Java オブジェクト、または Maven アーキタイプを使用して、外部のスタンドアロンプロジェクトに DRL ルールファイルを作成できます。このスタンドアロンプロジェクトは、ナレッジ JAR (kJAR) 依存関係として、Decision Central の既存の Red Hat Decision Manager プロジェクトに統合できます。スタンドアロンプロジェクトの DRL ファイルには、少なくても、必要な package 仕様、import リスト、および rule 定義が含まれる必要があります。グローバル変数や関数など、その他の DRL コンポーネントは任意です。DRL ルールに関連するすべてのデータオブジェクトは、スタンドアロンの DRL プロジェクトまたはデプロイメントに含まれる必要があります。

Maven または Java プロジェクトで実行可能なルールモデルを使用して、ビルド時に実行するルールセットの Java ベース表記を提供します。実行可能モデルは Red Hat Decision Manager の標準アセットパッケージングの代わりとなるもので、より効率的です。KIE コンテナーと KIE ベースの作成がより迅速にでき、DRL (Drools Rule Language) ファイルリストや他の Red Hat Decision Manager アセットが多い場合は、特に有効です。

6.1. Red Hat JBoss Developer Studio への DRL ルールの作成および実行

Red Hat JBoss Developer Studio を使用して、ルールが含まれる DRL ファイルを作成し、Red Hat Decision Manager デシジョンサービスにファイルを統合します。DRL ルールを作成する方法は、デシジョンサービスに Red Hat Developer Studio を使用する場合や、同じワークフローを継続する場合に便利です。この方法を使用していない場合は、Red Hat Decision Manager の代わりに Decision Central インターフェースを使用して、DRL ファイルや、その他のルールアセットを作成することが推奨されます。

前提条件

Red Hat カスタマーポータル から Red Hat JBoss Developer Studio をインストールしています。

手順

  1. Red Hat JBoss Developer Studio で、FileNewProject をクリックします。
  2. 開いた New Project ウィンドウで、DroolsDrools Project を選択し、Next をクリックします。
  3. Create a project and populate it with some example files to help you get started quickly の 2 番目のアイコンをクリックして、Next をクリックします。
  4. Project name を入力し、プロジェクトのビルドオプションで Maven ラジオボタンを選択します。GAV 値が自動的に生成されます。必要に応じて、プロジェクトに対してこの値を更新できます。

    • Group ID: com.sample
    • Artifact ID: my-project
    • Version: 1.0.0-SNAPSHOT
  5. Finish をクリックしてプロジェクトを作成します。

    これは、基本的なプロジェクト構造、クラスパス、サンプルルールを設定します。以下は、プロジェクト構造の概要です。

    my-project
     `-- src/main/java
        | `-- com.sample
        |    `-- DecisionTableTest.java
        |    `-- DroolsTest.java
        |    `-- ProcessTest.java
        |
     `-- src/main/resources
        | `-- dtables
        |    `-- Sample.xls
        | `-- process
        |    `-- sample.bpmn
        | `-- rules
        |    `-- Sample.drl
        | `-- META-INF
        |
     `-- JRE System Library
        |
     `-- Maven Dependencies
        |
     `-- Drools Library
        |
     `-- src
        |
     `-- target
        |
     `-- pom.xml

    以下の要素に注目してください。

    • src/main/resources ディレクトリーの Sample.drl ルールファイル。これには、サンプルの Hello World ルールおよび GoodBye ルールが含まれます。
    • com.sample パッケージの src/main/java ディレクトリーにある DroolsTest.java ファイル。Sample.drl ルールの実行には、DroolsTest クラスを使用できます。
    • 実行するのに必要な JAR ファイルを含むカスタムのクラスパスとなる Drools Library ディレクトリー。

    既存の Sample.drl ファイルおよび DroolsTest.java ファイルを必要に応じて新しい設定に変更するか、ルールファイルをオブジェクトファイルを新たに作成します。この手順では、ルールと Java オブジェクトを新たに作成します。

  6. ルールが有効な Java オブジェクトを作成します。

    この例では、 my-project/src/main/java/com.samplePerson.java ファイルが作成されます。Person クラスには、名前、苗字、時給、賃金を設定および取得するゲッターメソッドおよびセッターメソッドが含まれます。

      public class Person {
        private String firstName;
        private String lastName;
        private Integer hourlyRate;
        private Integer wage;
    
        public String getFirstName() {
          return firstName;
        }
    
        public void setFirstName(String firstName) {
          this.firstName = firstName;
        }
    
        public String getLastName() {
          return lastName;
        }
    
        public void setLastName(String lastName) {
          this.lastName = lastName;
        }
    
        public Integer getHourlyRate() {
          return hourlyRate;
        }
    
        public void setHourlyRate(Integer hourlyRate) {
          this.hourlyRate = hourlyRate;
        }
    
        public Integer getWage(){
          return wage;
        }
    
        public void setWage(Integer wage){
          this.wage = wage;
        }
      }
  7. FileSave をクリックして、ファイルを保存します。
  8. my-project/src/main/resources/rules に、.drl 形式のルールファイルを作成します。DRL ファイルには、少なくともパッケージの指定と、(1 つまたは複数の) ルールで使用されるデータオブジェクトのインポートリストと、when 条件および then アクションを持つ 1 つ以上のルールが含まれます。

    以下の Wage.drl ファイルには、Person クラスをインポートする Wage ルールが含まれ、賃金および時給の値を計算し、その結果に基づいてメッセージを表示します。

    package com.sample;
    
    import com.sample.Person;
    
    dialect "java"
    
    rule "Wage"
      when
        Person(hourlyRate * wage > 100)
        Person(name : firstName, surname : lastName)
      then
        System.out.println("Hello" + " " + name + " " + surname + "!");
        System.out.println("You are rich!");
    end
  9. FileSave をクリックして、ファイルを保存します。
  10. メインクラスを作成し、Java オブジェクトを作成したディレクトリーに保存します。メインクラスは KIE ベースをロードし、ルールを実行します。

    注記

    また、DroolsTest.java サンプルファイルと同様に、main() メソッドと Person クラスを 1 つの Java オブジェクトファイルに追加できます。

  11. メインクラスに、KIE サービス、KIE コンテナー、および KIE セッションをインポートするのに必要な import 命令文を追加します。つぎに、KIE ベースをロードし、ファクトを挿入し、ファクトモデルをルールに渡す main() メソッドからルールを実行します。

    この例では、必要なインポートと main() メソッドを使用して、my-project/src/main/java/com.sampleRulesTest.java ファイルを作成します。

    package com.sample;
    
    import org.kie.api.KieServices;
    import org.kie.api.runtime.KieContainer;
    import org.kie.api.runtime.KieSession;
    
    public class RulesTest {
      public static final void main(String[] args) {
        try {
          // Load the KIE base:
          KieServices ks = KieServices.Factory.get();
          KieContainer kContainer = ks.getKieClasspathContainer();
          KieSession kSession = kContainer.newKieSession();
    
          // Set up the fact model:
          Person p = new Person();
          p.setWage(12);
          p.setFirstName("Tom");
          p.setLastName("Summers");
          p.setHourlyRate(10);
    
          // Insert the person into the session:
          kSession.insert(p);
    
          // Fire all rules:
          kSession.fireAllRules();
          kSession.dispose();
        }
    
        catch (Throwable t) {
          t.printStackTrace();
        }
      }
    }
  12. FileSave をクリックして、ファイルを保存します。
  13. プロジェクトで DRL アセットをすべて作成して保存した後に、プロジェクトフォルダーを右クリックして、Run AsJava Application を選択してプロジェクトをビルドします。プロジェクトのビルドに失敗したら、Developer Studio の下部ウィンドウの Problems タブに記載されている問題に対応し、プロジェクトビルドされるまで妥当性確認を行います。
Run AsJava Application オプションが利用できない場合

プロジェクトを右クリックして、Run As を選択した場合に Java Application が選択肢にない場合は、Run AsRun Configurations に移動して Java Application を右クリックし、New をクリックします。次に、Main タブで、Project と、関連する Main class を参照して選択します。Apply をクリックし、Run をクリックしてプロジェクトをテストします。再度プロジェクトフォルダーを右クリックすると、Java Application オプションが表示されます。

Red Hat Decision Manager で既存のプロジェクトと新しいルールアセットを統合するには、ナレッジJAR (KJAR) として新規プロジェクトをコンパイルし、Decision Central でプロジェクトの pom.xml ファイルに、依存関係としてこのプロジェクトを追加します。Decision Central でプロジェクト pom.xml にアクセスするには、プロジェクトで既存のアセットを選択し、画面左側の Project Explorer メニューで Customize View ギアアイコンをクリックし、Repository Viewpom.xml を選択します。

6.2. Java を使用した DRL ルールの作成および実行

Java オブジェクトを使用して、ルールが含まれる DRL ファイルを作成し、Red Hat Decision Manager デシジョンサービスにオブジェクトを統合します。DRL ルールを作成する方法は、デシジョンサービスに外部 Java オブジェクトを使用している場合や、同じワークフローを継続する場合に便利です。この方法を使用しなくなった場合は、Red Hat Decision Manager の Decision Central インターフェースを使用して、DRL ファイルや、その他のルールアセットを作成することが推奨されます。

手順

  1. ルールが有効な Java オブジェクトを作成します。

    この例では、my-project ディレクトリーに Person.java ファイルが作成されます。Person クラスには、名前、苗字、時給、賃金を設定および取得するゲッターメソッドおよびセッターメソッドが含まれます。

      public class Person {
        private String firstName;
        private String lastName;
        private Integer hourlyRate;
        private Integer wage;
    
        public String getFirstName() {
          return firstName;
        }
    
        public void setFirstName(String firstName) {
          this.firstName = firstName;
        }
    
        public String getLastName() {
          return lastName;
        }
    
        public void setLastName(String lastName) {
          this.lastName = lastName;
        }
    
        public Integer getHourlyRate() {
          return hourlyRate;
        }
    
        public void setHourlyRate(Integer hourlyRate) {
          this.hourlyRate = hourlyRate;
        }
    
        public Integer getWage(){
          return wage;
        }
    
        public void setWage(Integer wage){
          this.wage = wage;
        }
      }
  2. my-project ディレクトリーに、.drl 形式のルールファイルを作成します。DRL ファイルには、少なくともパッケージの指定と、(1 つまたは複数の) ルールで使用されるデータオブジェクトのインポートリストと、when 条件および then アクションを持つ 1 つ以上のルールが含まれます。

    以下の Wage.drl ファイルには、Wage ルールが含まれており、このルールで、賃金と時給を計算し、その結果に基づいてメッセージを表示します。

    package com.sample;
    
    import com.sample.Person;
    
    dialect "java"
    
    rule "Wage"
      when
        Person(hourlyRate * wage > 100)
        Person(name : firstName, surname : lastName)
      then
        System.out.println("Hello" + " " + name + " " + surname + "!");
        System.out.println("You are rich!");
    end
  3. メインクラスを作成し、Java オブジェクトを作成したディレクトリーに保存します。メインクラスは KIE ベースをロードし、ルールを実行します。
  4. メインクラスに、KIE サービス、KIE コンテナー、および KIE セッションをインポートするのに必要な import 命令文を追加します。つぎに、KIE ベースをロードし、ファクトを挿入し、ファクトモデルをルールに渡す main() メソッドからルールを実行します。

    この例では、必要なインポートと main() メソッドを使用して、my-projectRulesTest.java ファイルを作成します。

    import org.kie.api.KieServices;
    import org.kie.api.runtime.KieContainer;
    import org.kie.api.runtime.KieSession;
    
    public class RulesTest {
      public static final void main(String[] args) {
        try {
          // Load the KIE base:
          KieServices ks = KieServices.Factory.get();
          KieContainer kContainer = ks.getKieClasspathContainer();
          KieSession kSession = kContainer.newKieSession();
    
          // Set up the fact model:
          Person p = new Person();
          p.setWage(12);
          p.setFirstName("Tom");
          p.setLastName("Summers");
          p.setHourlyRate(10);
    
          // Insert the person into the session:
          kSession.insert(p);
    
          // Fire all rules:
          kSession.fireAllRules();
          kSession.dispose();
        }
    
        catch (Throwable t) {
          t.printStackTrace();
        }
      }
    }
  5. Red Hat カスタマーポータル から Red Hat Decision Manager 7.2.0 Source Distribution の ZIP ファイルをダウンロードし、my-project/dm-engine-jars/ で展開します。
  6. my-project/META-INF ディレクトリーに、以下の内容の kmodule.xml メタデータファイルを作成します。

    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    <kmodule xmlns="http://www.drools.org/xsd/kmodule">
    </kmodule>

    この kmodule.xml ファイルは、KIE ベースへのリソースを選択し、セッションを設定する KIE モジュールの記述子です。このファイルを使用すると、KIE ベースを 1 つ以上定義して設定し、特定の KIE ベースの特定の packages から DRL ファイルを含めることができます。各 KIE ベースから KIE セッションを 1 つ以上作成することもできます。

    次の例は、より高度な kmodule.xml ファイルを表示します。

    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    <kmodule xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xmlns="http://www.drools.org/xsd/kmodule">
      <kbase name="KBase1" default="true" eventProcessingMode="cloud" equalsBehavior="equality" declarativeAgenda="enabled" packages="org.domain.pkg1">
        <ksession name="KSession1_1" type="stateful" default="true" />
        <ksession name="KSession1_2" type="stateful" default="true" beliefSystem="jtms" />
      </kbase>
      <kbase name="KBase2" default="false" eventProcessingMode="stream" equalsBehavior="equality" declarativeAgenda="enabled" packages="org.domain.pkg2, org.domain.pkg3" includes="KBase1">
        <ksession name="KSession2_1" type="stateless" default="true" clockType="realtime">
          <fileLogger file="debugInfo" threaded="true" interval="10" />
          <workItemHandlers>
            <workItemHandler name="name" type="new org.domain.WorkItemHandler()" />
          </workItemHandlers>
          <listeners>
            <ruleRuntimeEventListener type="org.domain.RuleRuntimeListener" />
            <agendaEventListener type="org.domain.FirstAgendaListener" />
            <agendaEventListener type="org.domain.SecondAgendaListener" />
            <processEventListener type="org.domain.ProcessListener" />
          </listeners>
        </ksession>
      </kbase>
    </kmodule>

    この例は、KIE ベースを 2 つ定義します。KIE ベース KBase1 から 2 つの KIE セッションをインスタンス化し、KBase2 セッションから 1 つの KIE セッションをインスタンス化します。KBase2 の KIE セッションは、ステートレスな KIE セッションですが、これは 1 つ前の KIE セッションで呼び出されたデータ (1 つ前のセッションの状態) が、セッションの呼び出しと呼び出しの間で破棄されることを示しています。ルールアセットで特定の packages が両方の KIE ベースに含まれます。この方法でパッケージを指定した場合は、指定したパッケージを反映するフォルダー構造で DRL ファイルを整理する必要があります。

  7. Java オブジェクトですべての DRL アセットを作成して保存した後に、コマンドラインで my-project ディレクトリーに移動し、以下のコマンドを実行して Java ファイルをビルドします。RulesTest.java を、Java のメインクラスの名前に置き換えます。

    javac -classpath "./dm-engine-jars/*:." RulesTest.java

    ビルドに失敗したら、コマンドラインのエラーメッセージに記載されている問題に対応し、エラーが表示されなくなるまで Java オブジェクトの妥当性確認を行います。

  8. Java ファイルが問題なくビルトできたら、以下のコマンドを実行してローカルでルールを実行します。RulesTest を、Java のメインクラスの接頭辞に置き換えます。

    java -classpath "./dm-engine-jars/*:." RulesTest
  9. ルールを見直して、適切に実行したことを確認し、Java ファイルで必要な変更に対応します。

Red Hat Decision Manager で既存のプロジェクトと新しいルールアセットを統合するには、ナレッジJAR (KJAR) として新規 Java プロジェクトをコンパイルし、Decision Central でプロジェクトの pom.xml ファイルに、依存関係としてこのプロジェクトを追加します。Decision Central でプロジェクト pom.xml にアクセスするには、プロジェクトで既存のアセットを選択し、画面左側の Project Explorer メニューで Customize View ギアアイコンをクリックし、Repository Viewpom.xml を選択します。

6.3. Maven を使用した DRL ルールの作成および実行

Maven アーキタイプを使用して、ルールが含まれる DRL ファイルを作成し、アーキタイプを Red Hat Decision Manager デシジョンサービスに統合します。DRL ルールを作成する方法は、デシジョンサービスに外部 Maven アーキタイプを使用している場合や、同じワークフローを継続する場合に便利です。この方法を使用しなくなった場合は、Red Hat Decision Manager の Decision Central インターフェースを使用して、DRL ファイルや、その他のルールアセットを作成することが推奨されます。

手順

  1. Maven アーキタイプを作成するディレクトリーに移動して、次のコマンドを実行します。

    mvn archetype:generate -DgroupId=com.sample.app -DartifactId=my-app -DarchetypeArtifactId=maven-archetype-quickstart -DinteractiveMode=false

    これにより、my-app という名前のディレクトリーが、以下の構造で作成されます。

    my-app
    |-- pom.xml
    `-- src
        |-- main
        |   `-- java
        |       `-- com
        |           `-- sample
        |               `-- app
        |                   `-- App.java
        `-- test
            `-- java
                `-- com
                    `-- sample
                        `-- app
                            `-- AppTest.java

    my-app ディレクトリーには、以下の重要なコンポーネントが含まれます。

    • アプリケーションソースを保存する src/main ディレクトリー
    • テストソースを保存する src/test ディレクトリー
    • プロジェクト設定ファイル pom.xml
  2. Maven アーキタイプに、ルールが有効な Java オブジェクトを作成します。

    この例では、my-app/src/main/java/com/sample/app ディレクトリーに Person.java ファイルが作成されます。Person クラスには、名前、苗字、時給、賃金を設定および取得するゲッターメソッドおよびセッターメソッドが含まれます。

    package com.sample.app;
    
      public class Person {
    
        private String firstName;
        private String lastName;
        private Integer hourlyRate;
        private Integer wage;
    
        public String getFirstName() {
          return firstName;
        }
    
        public void setFirstName(String firstName) {
          this.firstName = firstName;
        }
    
        public String getLastName() {
          return lastName;
        }
    
        public void setLastName(String lastName) {
          this.lastName = lastName;
        }
    
        public Integer getHourlyRate() {
          return hourlyRate;
        }
    
        public void setHourlyRate(Integer hourlyRate) {
          this.hourlyRate = hourlyRate;
        }
    
        public Integer getWage(){
          return wage;
        }
    
        public void setWage(Integer wage){
          this.wage = wage;
        }
      }
  3. my-app/src/main/resources/rules に、.drl 形式のルールファイルを作成します。DRL ファイルには、少なくともパッケージの指定と、(1 つまたは複数の) ルールで使用されるデータオブジェクトのインポートリストと、when 条件および then アクションを持つ 1 つ以上のルールが含まれます。

    以下の Wage.drl ファイルには、Person クラスをインポートする Wage ルールが含まれ、賃金および時給の値を計算し、その結果に基づいてメッセージを表示します。

    package com.sample.app;
    
    import com.sample.app.Person;
    
    dialect "java"
    
    rule "Wage"
      when
        Person(hourlyRate * wage > 100)
        Person(name : firstName, surname : lastName)
      then
        System.out.println("Hello " + name + " " + surname + "!");
        System.out.println("You are rich!");
    end
  4. my-app/src/main/resources/META-INF ディレクトリーに、以下の内容の kmodule.xml メタデータファイルを作成します。

    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    <kmodule xmlns="http://www.drools.org/xsd/kmodule">
    </kmodule>

    この kmodule.xml ファイルは、KIE ベースへのリソースを選択し、セッションを設定する KIE モジュールの記述子です。このファイルを使用すると、KIE ベースを 1 つ以上定義して設定し、特定の KIE ベースの特定の packages から DRL ファイルを含めることができます。各 KIE ベースから KIE セッションを 1 つ以上作成することもできます。

    次の例は、より高度な kmodule.xml ファイルを表示します。

    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    <kmodule xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xmlns="http://www.drools.org/xsd/kmodule">
      <kbase name="KBase1" default="true" eventProcessingMode="cloud" equalsBehavior="equality" declarativeAgenda="enabled" packages="org.domain.pkg1">
        <ksession name="KSession1_1" type="stateful" default="true" />
        <ksession name="KSession1_2" type="stateful" default="true" beliefSystem="jtms" />
      </kbase>
      <kbase name="KBase2" default="false" eventProcessingMode="stream" equalsBehavior="equality" declarativeAgenda="enabled" packages="org.domain.pkg2, org.domain.pkg3" includes="KBase1">
        <ksession name="KSession2_1" type="stateless" default="true" clockType="realtime">
          <fileLogger file="debugInfo" threaded="true" interval="10" />
          <workItemHandlers>
            <workItemHandler name="name" type="new org.domain.WorkItemHandler()" />
          </workItemHandlers>
          <listeners>
            <ruleRuntimeEventListener type="org.domain.RuleRuntimeListener" />
            <agendaEventListener type="org.domain.FirstAgendaListener" />
            <agendaEventListener type="org.domain.SecondAgendaListener" />
            <processEventListener type="org.domain.ProcessListener" />
          </listeners>
        </ksession>
      </kbase>
    </kmodule>

    この例は、KIE ベースを 2 つ定義します。KIE ベース KBase1 から 2 つの KIE セッションをインスタンス化し、KBase2 セッションから 1 つの KIE セッションをインスタンス化します。KBase2 の KIE セッションは、ステートレスな KIE セッションですが、これは 1 つ前の KIE セッションで呼び出されたデータ (1 つ前のセッションの状態) が、セッションの呼び出しと呼び出しの間で破棄されることを示しています。ルールアセットで特定の packages が両方の KIE ベースに含まれます。この方法でパッケージを指定した場合は、指定したパッケージを反映するフォルダー構造で DRL ファイルを整理する必要があります。

  5. my-app/pom.xml 設定ファイルで、アプリケーションが要求するライブラリーを指定します。Red Hat Decision Manager の依存関係と、アプリケーションの group IDartifact ID、および version (GAV) を提供します。

    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    <project xmlns="http://maven.apache.org/POM/4.0.0" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xsi:schemaLocation="http://maven.apache.org/POM/4.0.0 http://maven.apache.org/xsd/maven-4.0.0.xsd">
    <modelVersion>4.0.0</modelVersion>
    <groupId>com.sample.app</groupId>
    <artifactId>my-app</artifactId>
    <version>1.0.0</version>
    <repositories>
      <repository>
        <id>jboss-ga-repository</id>
        <url>http://maven.repository.redhat.com/ga/</url>
      </repository>
    </repositories>
    <dependencies>
      <dependency>
        <groupId>org.drools</groupId>
        <artifactId>drools-compiler</artifactId>
        <version>VERSION</version>
      </dependency>
      <dependency>
        <groupId>org.kie</groupId>
        <artifactId>kie-api</artifactId>
        <version>VERSION</version>
      </dependency>
      <dependency>
        <groupId>junit</groupId>
        <artifactId>junit</artifactId>
        <version>4.11</version>
        <scope>test</scope>
      </dependency>
    </dependencies>
    </project>

    Red Hat Decision Manager における Maven 依存関係および BOM (Bill of Materials) については、「What is the mapping between Red Hat Decision Manager and Maven library version?」を参照してください。

  6. my-app/src/test/java/com/sample/app/AppTest.javatestApp メソッドを使用してルールをテストします。Maven によって、AppTest.java ファイルがデフォルトで作成されます。
  7. AppTest.java ファイルで、KIE サービス、KIE コンテナー、および KIE セッションをインポートするのに必要な import 命令文を追加します。次に、KIE ベースをロードし、ファクトを挿入し、ファクトモデルをルールに渡す testApp() メソッドからルールを実行します。

    import org.kie.api.KieServices;
    import org.kie.api.runtime.KieContainer;
    import org.kie.api.runtime.KieSession;
    
    public void testApp() {
    
      // Load the KIE base:
      KieServices ks = KieServices.Factory.get();
      KieContainer kContainer = ks.getKieClasspathContainer();
      KieSession kSession = kContainer.newKieSession();
    
      // Set up the fact model:
      Person p = new Person();
      p.setWage(12);
      p.setFirstName("Tom");
      p.setLastName("Summers");
      p.setHourlyRate(10);
    
      // Insert the person into the session:
      kSession.insert(p);
    
      // Fire all rules:
      kSession.fireAllRules();
      kSession.dispose();
    }
  8. Maven アーキタイプにすべての DRL アセットを作成して保存した後に、コマンドラインで my-app ディレクトリーに移動し、以下のコマンドを実行してファイルを作成します。

    mvn clean install

    ビルドに失敗したら、コマンドラインのエラーメッセージに記載されている問題に対応し、ビルドに成功するまでファイルの妥当性確認を行います。

  9. ファイルが問題なくビルドできたら、以下のコマンドを実行してローカルでルールを実行します。com.sample.app をパッケージ名に置き換えます。

    mvn exec:java -Dexec.mainClass="com.sample.app"
  10. ルールを見直して、適切に実行したことを確認し、ファイルで必要な変更に対応します。

Red Hat Decision Manager で既存のプロジェクトと新しいルールアセットを統合するには、ナレッジJAR (KJAR) として新規 Maven プロジェクトをコンパイルし、Decision Central でプロジェクトの pom.xml ファイルに、依存関係としてこのプロジェクトを追加します。Decision Central でプロジェクト pom.xml にアクセスするには、プロジェクトで既存のアセットを選択し、画面左側の Project Explorer メニューで Customize View ギアアイコンをクリックし、Repository Viewpom.xml を選択します。

6.4. 実行可能ルールモデル

実行可能ルールモデルは埋め込み可能なモデルで、ビルド時に実行するルールセットの Java ベース表記を提供します。実行可能モデルは Red Hat Decision Manager の標準アセットパッケージングの代わりとなるもので、より効率的です。KIE コンテナーと KIE ベースの作成がより迅速にでき、DRL (Drools Rule Language) ファイルリストや他の Red Hat Decision Manager アセットが多い場合は、特に有効です。このモデルは詳細レベルにわたり、インデックス評価の lambda 表記など、必要な実行情報すべてを提供できます。

実行可能なルールモデルでは、プロジェクトにとって具体的に以下のような利点があります。

  • コンパイル時間: 従来のパッケージ化された Red Hat Decision Manager プロジェクト (KJAR) には、制限や結果を実装する事前生成済みのクラスと合わせて、ルールベースを定義する DRL ファイルのリストやその他の Red Hat Decision Manager アーティファクトが含まれています。これらの DRL ファイルは、KJAR が Maven リポジトリーからダウンロードされて、KIE コンテナーにインストールされた時点で、解析してコンパイルする必要があります。特に大規模なルールセットの場合など、このプロセスは時間がかかる可能性があります。実行可能なモデルでは、プロジェクト KJAR 内で、Java クラスをパッケージして、プロジェクトルールベースの実行可能なモデルを実装し、はるかに早い方法で KIE コンテナーと KIE ベースをを再作成することができます。Maven プロジェクトでは、kie-maven-plugin を使用してコンパイルプロセス中に DRL ファイルから 実行可能なモデルソースを自動的に生成します。
  • ランタイム: 実行可能なモデルでは、制約はすべて、Java lambda 式で定義されます。同じ lambda 式も制約評価に使用するので、mvel ベースの制約をバイトコードに変換するのに、解釈評価用の mvel 式も、Just-In-Time (JIT) プロセスも使用しません。これにより、よりすばやく効率的なランタイムを構築できます。
  • 開発時間: 実行可能なモデルでは、DRL 形式で直接要素をエンコードしたり、DRL パーサーを対応するように変更したりする必要なく、デシジョンエンジンの新機能で開発および試行することができます。

6.4.1. Maven プロジェクトへの実行可能なルールモデルの埋め込み

Maven プロジェクトに実行可能ルールモデルを埋め込み、ビルド時にルールアセットをより効率的にコンパイルすることができます。

前提条件

Red Hat Decision Manager ビジネスアセットを含む Maven 化されたプロジェクトがあること

手順

  1. Maven プロジェクトの pom.xml ファイルで、パッケージタイプを kjar に設定し、kie-maven-plugin ビルドコンポーネントを追加します。

    <packaging>kjar</packaging>
    ...
    <build>
      <plugins>
        <plugin>
          <groupId>org.kie</groupId>
          <artifactId>kie-maven-plugin</artifactId>
          <version>${rhdm.version}</version>
          <extensions>true</extensions>
        </plugin>
      </plugins>
    </build>

    kjar パッケージングタイプは、kie-maven-plugin コンポーネントをアクティブにして、アーティファクトリソースを検証してプリコンパイルします。<version> は、プロジェクトで現在使用される Red Hat Process Automation Manager の Maven アーティファクトのバージョン (例: 7.14.0.Final-redhat-00004) で、デプロイメントに Maven プロジェクトを適切にパッケージがするのに必要です。

    注記

    個別の依存関係に対して Red Hat Decision Manager <version> を指定するのではなく、Red Hat Business Automation 部品表 (BOM) の依存関係をプロジェクトの pom.xml ファイルに追加することを検討してください。Red Hat Business Automation BOM は、Red Hat Decision Manager と Red Hat Process Automation Manager の両方に適用します。BOM ファイルを追加すると、指定の Maven リポジトリーからの一時的な依存関係の内、正しいバージョンが、このプロジェクトに追加されます。

    BOM 依存関係の例:

    <dependency>
      <groupId>com.redhat.ba</groupId>
      <artifactId>ba-platform-bom</artifactId>
      <version>7.2.0.GA-redhat-00004</version>
      <scope>import</scope>
      <type>pom</type>
    </dependency>

    Red Hat Business Automation BOM (Bill of Materials) についての詳細情報は、「What is the mapping between RHDM product and maven library version?」を参照してください。

  2. 以下の依存関係を pom.xml ファイルに追加して、ルールアセットが実行可能なモデルからビルドできるようにします。

    • drools-canonical-model: Red Hat Decision Manager から独立するルールセットモデルの実行可能な正規表現を有効にします。
    • drools-model-compiler: デシジョンエンジンでRed Hat Decision Manager の内部データ構造に実行可能なモデルをコンパイルします。
    <dependency>
      <groupId>org.drools</groupId>
      <artifactId>drools-canonical-model</artifactId>
      <version>${rhdm.version}</version>
    </dependency>
    
    <dependency>
      <groupId>org.drools</groupId>
      <artifactId>drools-model-compiler</artifactId>
      <version>${rhdm.version}</version>
    </dependency>
  3. コマンドターミナルで Maven プロジェクトディレクトリーに移動して、以下のコマンドを実行し、実行可能なモデルからプロジェクトをビルドします。

    mvn clean install -DgenerateModel=<VALUE>

    -DgenerateModel=<VALUE> プロパティーで、プロジェクトが DRL ベースの KJAR ではなく、モデルベースの KJAR としてビルドできるようにします。

    <VALUE> は、3 つの値のいずれかに置き換えます。

    • YES: オリジナルプロジェクトの DRL ファイルに対応する実行可能なモデルを生成し、生成した KJAR から DRL ファイルを除外します。
    • WITHDRL: オリジナルプロジェクトの DRL ファイルに対応する実行可能なモデルを生成し、文書化の目的で、生成した KJAR に DRL ファイルを追加します (KIE ベースはいずれの場合でも実行可能なモデルからビルドされます)。
    • NO: 実行可能なモデルは生成されません。

    ビルドコマンドの例:

    mvn clean install -DgenerateModel=YES

Maven プロジェクトのパッケージ化に関する詳細は、「Packaging and deploying a Red Hat Decision Manager project」を参照してください。

6.4.2. Java アプリケーションページへの実行可能なルールモデルの埋め込み

Java アプリケーションに実行可能ルールモデルをプログラミングを使用して埋め込み、ビルド時にルールアセットをより効率的にコンパイルすることができます。

前提条件

Red Hat Decision Manager ビジネスアセットを含む Java アプリケーションがあること

手順

  1. Java プロジェクトの適切なクラスパスに、以下の依存関係を追加します。

    • drools-canonical-model: Red Hat Decision Manager から独立するルールセットモデルの実行可能な正規表現を有効にします。
    • drools-model-compiler: デシジョンエンジンでRed Hat Decision Manager の内部データ構造に実行可能なモデルをコンパイルします。
    <dependency>
      <groupId>org.drools</groupId>
      <artifactId>drools-canonical-model</artifactId>
      <version>${rhdm.version}</version>
    </dependency>
    
    <dependency>
      <groupId>org.drools</groupId>
      <artifactId>drools-model-compiler</artifactId>
      <version>${rhdm.version}</version>
    </dependency>

    <version> は、プロジェクトで現在使用する Red Hat Decision Manager の Maven アーティファクトバージョンです (例: 7.14.0.Final-redhat-00004)。

    注記

    個別の依存関係に対して Red Hat Decision Manager <version> を指定するのではなく、Red Hat Business Automation 部品表 (BOM) の依存関係をプロジェクトの pom.xml ファイルに追加することを検討してください。Red Hat Business Automation BOM は、Red Hat Decision Manager と Red Hat Process Automation Manager の両方に適用します。BOM ファイルを追加すると、指定の Maven リポジトリーからの一時的な依存関係の内、正しいバージョンが、このプロジェクトに追加されます。

    BOM 依存関係の例:

    <dependency>
      <groupId>com.redhat.ba</groupId>
      <artifactId>ba-platform-bom</artifactId>
      <version>7.2.0.GA-redhat-00004</version>
      <scope>import</scope>
      <type>pom</type>
    </dependency>

    Red Hat Business Automation BOM (Bill of Materials) についての詳細情報は、「What is the mapping between RHDM product and maven library version?」を参照してください。

  2. ルールアセットを KIE 仮想ファイルシステム KieFileSystem に追加して、KieBuilderbuildAll( ExecutableModelProject.class ) を指定して使用し、実行可能なモデルからアセットをビルドします。

    import org.kie.api.KieServices;
    import org.kie.api.builder.KieFileSystem;
    import org.kie.api.builder.KieBuilder;
    
      KieServices ks = KieServices.Factory.get();
      KieFileSystem kfs = ks.newKieFileSystem()
      kfs.write("src/main/resources/KBase1/ruleSet1.drl", stringContainingAValidDRL)
      .write("src/main/resources/dtable.xls",
        kieServices.getResources().newInputStreamResource(dtableFileStream));
    
      KieBuilder kieBuilder = ks.newKieBuilder( kfs );
      // Build from an executable model
      kieBuilder.buildAll( ExecutableModelProject.class )
      assertEquals(0, kieBuilder.getResults().getMessages(Message.Level.ERROR).size());

    実行可能なモデルから KieFileSystem をビルドした後に、作成された KieSession は効率のあまりよくない mvel 式ではなく、lambda 式をもとにした制約を使用します。buildAll() に引数が含まれていない場合には、プロジェクトは実行可能なモデルのない標準の手法でビルドされます。

    KieFileSystem を使用する代わりに、手作業を多く使用して実行可能なモデルを作成する別の方法として、Fluent API で Model を定義して、そこから KieBase を作成することができます。

    Model model = new ModelImpl().addRule( rule );
    KieBase kieBase = KieBaseBuilder.createKieBaseFromModel( model );

Java アプリケーション内でプロジェクトをプログラミングを使用してパッケージ化する方法については、「Packaging and deploying a Red Hat Decision Manager project」を参照してください。