第3章 ガイド付きルール

ガイド付きルールとは、ルール作成のプロセスを説明する UI ベースのガイド付きルールデザイナーで作成できるビジネスルールです。ルールデザイナーは、編集されるルールのオブジェクトモデルを基にした許可される入力のフィールドおよびオプションを提供します。ルールに関連するすべてのデータオブジェクトは、ルールと同じプロジェクトパッケージに存在する必要があります。同じパッケージのアセットはデフォルトでインポートされます。ルールデザイナーの Data Objects タブを使用すると、必要なデータオブジェクトがすべてリストされていることを検証したり、他に必要なオブジェクトをインポートしたりできます。

図3.1 ガイド付きルールデザイナー

The Guided Rule designer

3.1. Driver License Suspension ルールの作成

Driver license suspension ルールはガイド付きルールウィザードを使用して作成され、さまざまな条件と、その結果となるアクションで構成されます。

前提条件

Violation および Driver データオブジェクトの両方が作成されている必要があります。

手順

  1. Decision Central にログインします。 MenuDesignProjects をクリックした後、Driver department traffic violations をクリックします。
  2. Create New AssetGuided Rule をクリックし、以下を入力します。

    • Guided Rule: DriverLicenseSuspensionRule
    • Package: com.myteam.driverdepartmenttrafficviolations
  3. Ok をクリックして ガイド付きルールデザイナー を開きます。

    図3.2 Create new Guided Rule ウインドウ

    guided rule

3.2. Suspension ルール条件の設定

Suspension ルールには運転者の違反を判断するのに使用される条件が含まれます。

前提条件

Driver License Suspension (運転免許停止) ルールが作成されている必要があります。

手順

  1. WHEN ラベルの横にある 6176 をクリックして Add a condition to the rule ウィンドウを開きます。Driver を選択して Ok をクリックします。

    図3.3 Create new Guided Rule ウインドウ

    add condition
  2. There is a Driver ラベルをクリックして Modify constraints for Driver ウィンドウを開きます。
  3. Variable name フィールドに driver と入力し、Set をクリックします。
  4. There is a Driver[driver] をクリックし、Expression editor をクリックします。
  5. [not bound] をクリックし、Expression editor を開きます。
  6. Bind the Expression to a new variable フィールドに previousPts と入力し、Set をクリックします。
  7. Choose メニューで totalPoints を選択します。
  8. 1 行目 (previousPts ラベル) の横にある 6176 をクリックし、Add a condition to the rule を開きます。
  9. From Accumulate を選択し、Ok をクリックします。
  10. From Accumulate ラベルの上にある click to add pattern をクリックし、choose fact type プルダウンメニューで Number を選択します。
  11. There is a number ラベルをクリックして Modify contraints for Driver ウインドウを開きます。
  12. Expression editor をクリックし、[not bound]: Choose メニューで intValue() を選択します。
  13. [not bound] をクリックし、Expression editor を開きます。
  14. Bind the Expression to a new variable フィールドに totalNewPoints と入力し、Set をクリックします。
  15. click to add pattern をクリックし、choose fact type プルダウンメニューで Violation を選択します。
  16. All Violation with: をクリックして Modify contraints for Violation ウインドウを開き、Add a restriction on a field プルダウンメニューで points を選択します。
  17. points ラベルの横にある please choose をクリックし、greater than を選択します。
  18. 6191 をクリックした後、 Literal value をクリックします。
  19. points ラベルをクリックして Add a field ウインドウを開いて vPoints と入力し、Set をクリックします。
  20. Function フィールドに sum(vPoints) と入力します。
  21. totalNewPointsplease choose プルダウンメニューで greater than or equal to を選択します。
  22. 6191 をクリックして New formula をクリックし、新しいフィールドに 20-previousPts と入力します。
  23. Save をクリックした後、Save をクリックして変更を確認します。

図3.4 Suspension ルールの条件

rule conditions

3.3. Suspension ルールアクションの設定

Suspension ルールアクションは、ドライバーの罰則を判断します。これには、Suspension ルール条件を基にした点数および罰金額が含まれます。

前提条件

Suspension ルール条件が作成されている必要があります。

手順

  1. (show options…​) をクリックします。

    図3.5 show options の選択

    show options
  2. THEN ラベルの横にある 6176 をクリックし、Change field values of driver を選択した後、Ok をクリックします。
  3. Set value of Driver [driver] フィールドをクリックし、Add field プルダウンメニューで state を選択します。
  4. Set value of Driver [driver] セクションの state の横にある 6191 をクリックし、Field value ウインドウを開きます。
  5. Literal value をクリックし、新しいフィールドに suspend と入力します。

    図3.6 新しいフィールド

    suspend entry
  6. Set value of Driver [driver] セクションの下の (options) ラベルの横にある 6176 をクリックします。
  7. Add an option to the rule ウインドウの Attribute プルダウンメニューで ruleflow-group オプションを選択します。
  8. ruleflow-group フィールドに trafficViolation と入力します。
  9. Save をクリックした後、Save をクリックして変更を確認します。

    図3.7 Suspension ルールアクション

    rulepanel