Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

11.2.7. クラウド検出プロトコル

Data Grid には、クラウドプロバイダーに固有の検出プロトコル実装を使用するデフォルトの JGroups スタックが含まれています。

検出プロトコルデフォルトのスタックファイルアーティファクトバージョン

NATIVE_S3_PING

default-jgroups-ec2.xml

org.jgroups.aws.s3:native-s3-ping

1.0.0.Final

GOOGLE_PING2

default-jgroups-google.xml

org.jgroups.google:jgroups-google

1.0.0.Final

AZURE_PING

default-jgroups-azure.xml

org.jgroups.azure:jgroups-azure

1.3.0.Final

クラウド検出プロトコルの依存関係の提供

NATIVE_S3_PINGGOOGLE_PING2、または AZURE_PING の Cloud Discovery プロトコルを使用するには、依存するライブラリーを Data Grid に提供する必要があります。

手順

  1. アーティファクト JAR ファイルとすべての依存関係をダウンロードします。
  2. アーティファクト JAR ファイルとすべての依存関係を、Data Grid Server インストールの $RHDG_HOME/server/lib ディレクトリーに追加します。

    詳細は、Downloading artifacts for JGroups cloud discover protocols for Data Grid Server(Red Hat ナレッジベースの記事) を参照してください。

続いて、JGroups スタックファイルの一部として、またはシステムプロパティーを使用して、クラウド検出プロトコルを設定できます。