Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

14.2.2. アクセスログプロパティー

アクセスログのデフォルト形式は以下のとおりです。

%X{address} %X{user} [%d{dd/MMM/yyyy:HH:mm:ss Z}] "%X{method} %m
%X{protocol}" %X{status} %X{requestSize} %X{responseSize} %X{duration}%n

前述のフォーマットは、以下のようなログエントリーを作成します。

127.0.0.1 - [DD/MM/YYYY:HH:MM:SS +0000] "PUT /rest/v2/caches/default/key HTTP/1.1" 404 5 77 10

ロギングプロパティーは %X{name} 表記を使用し、アクセスログの形式を変更可能にします。以下は、デフォルトのロギングプロパティーです。

プロパティー説明

address

X-Forwarded-For ヘッダーまたはクライアント IP アドレスのいずれか。

user

認証を使用する場合のプリンシパル名。

メソッド

使用されるメソッド。PUTGET など。

protocol

使用されるプロトコルHTTP/1.1HTTP/2HOTROD/2.9 など。

status

REST エンドポイントの HTTP ステータスコード。OK または Hot Rod エンドポイントの例外。

requestSize

リクエストのサイズ (バイト単位)。

responseSize

応答のサイズ (バイト単位)。

duration

サーバーによる要求の処理にかかった時間 (ミリ秒数)。

ヒント

h: で始まるヘッダー名を使用して、リクエストに含まれるヘッダーをログに記録します (例: %X{h:User-Agent})。