6.2.2. Bouncy Castle FIPS 暗号プロバイダーの設定

Bouncy Castle FIPS (Federal Information Processing Standards) 暗号化プロバイダーは、Data Grid サーバーの設定で設定することができます。

前提条件

  • FIPS モード用にシステムを設定する。システムが FIPS モードを有効にしているかどうかは、Data Grid のコマンドラインインターフェイス (CLI) で fips-mode-setup --check コマンドを発行することで確認できます。
  • 証明書を含む BCFKS 形式のキーストアを作成します。

手順

  1. Bouncy Castle FIPS JAR ファイルをダウンロードし、Data Grid Server のインストール先の server/lib ディレクトリーにファイルを追加してください。
  2. Bouncy Castle をインストールするには、install コマンドを実行します。

    [disconnected]> install org.bouncycastle:bc-fips:1.0.2.3
  3. Data Grid Server 設定を開いて編集します。
  4. server-identities 定義を Data Grid Server セキュリティーレルムに追加します。
  5. BCFIPS プロバイダーで BCFKS キーストアを指定します。
  6. 変更を設定に保存します。
キーストアの設定

XML

<server xmlns="urn:infinispan:server:13.0">
   <security>
      <security-realms>
         <security-realm name="default">
            <server-identities>
               <ssl>
                  <!-- Adds a keystore that reads certificates from the BCFKS keystore. -->
                  <keystore path="server.bcfks" password="secret" alias="server" provider="BCFIPS" type="BCFKS"/>
               </ssl>
            </server-identities>
         </security-realm>
      </security-realms>
   </security>
</server>

JSON

{
  "server": {
    "security": {
      "security-realms": [{
        "name": "default",
        "server-identities": {
          "ssl": {
            "keystore": {
              "path": "server.bcfks",
              "password": "secret",
              "alias": "server",
              "provider": "BCFIPS",
              "type": "BCFKS"
            }
          }
        }
      }]
    }
  }
}

YAML

server:
  security:
    securityRealms:
      - name: "default"
        serverIdentities:
          ssl:
            keystore:
              path: "server.bcfks"
              password: "secret"
              alias: "server"
              provider: "BCFIPS"
              type: "BCFKS"