第17章 リモートクライアント接続の確立

Data Grid Console、コマンドラインインターフェイス (CLI)、およびリモートクライアントから Data Grid クラスターに接続します。

17.1. クライアント接続の詳細

Data Grid に接続する前に、以下の情報を取得する必要があります。

  • サービスホスト名
  • ポート
  • 認証用の認証情報 (必要な場合)
  • 暗号化を使用する場合の TLS 証明書

サービスのホスト名

サービスホスト名は、ネットワーク上で Data Grid を公開する方法や、クライアントが OpenShift 上で実行されているかによって異なります。

OpenShift で実行しているクライアントの場合、Data Grid Operator が作成する内部サービス名を使用できます。

OpenShift の外部で実行しているクライアントの場合、ロードバランサーを使用する場合はサービスホスト名はロケーション URL になります。ノードポートサービスの場合、サービスホスト名はノードホスト名になります。ルートの場合、サービスホスト名は、カスタムホスト名か、システム定義のホスト名のいずれかになります。

ポート

OpenShift 上のクライアント接続、およびロードバランサー経由のクライアント接続は、ポート 11222 を使用します。

ノードポートサービスは、30000 から 60000 までの範囲でポートを使用します。ルートは、ポート 80 (暗号化なし) または 443 (暗号化あり) を使用します。