12.3. キャッシュ CR

Cache CR で Data Grid キャッシュを設定する方法の詳細を確認してください。

Cache CR を使用する場合、以下のルールが適用されます。

  • Cache CR は Data Grid サービス Pod にのみ適用されます。
  • Cache CR に 1 つのキャッシュを作成できます。
  • Cache CR にテンプレートと XML 設定の両方が含まれる場合、Data Grid Operator はテンプレートを使用します。
  • OpenShift Web コンソールのキャッシュを編集すると、変更はユーザーインターフェイスに反映されますが、Data Grid クラスターには反映されません。キャッシュの編集はできません。キャッシュ設定を変更するには、まずコンソールまたは CLI でキャッシュを削除してからキャッシュを再作成する必要があります。
  • OpenShift Web コンソールで Cache CR を削除しても、Data Grid クラスターからキャッシュは削除されません。コンソールまたは CLI を使用してキャッシュを削除する必要があります。
注記

以前のバージョンでは、キャッシュの作成時に Data Grid Operator がクラスターにアクセスできるように、認証情報をシークレットに追加する必要がありました。

これは不要になりました。Data Grid Operator は、operator ユーザーおよび対応するパスワードを使用してキャッシュ操作を実行します。