Menu Close

第5章 Data Grid クラスターの停止および起動

Data Grid Operator を使用して Data Grid クラスターを停止し、起動します。

キャッシュ定義

キャッシュサービスと Data Grid Service は永続ボリュームに永続的なキャッシュ定義を保存するため、クラスターの再起動後も利用できます。

データ

ファイルベースのキャッシュストアを追加すると、クラスターのシャットダウン時にすべてのキャッシュエントリーを永続ストレージに書き込むことができます。

5.1. Data Grid クラスターのシャットダウン

Cache サービスノードをシャットダウンすると、キャッシュのすべてのデータが削除されます。Data Grid Service ノードの場合は、永続ボリュームにすべてのデータを保持できるように Data Grid Service ノードのストレージサイズを設定する必要があります。

利用可能なコンテナーストレージが Data Grid Service ノードで利用可能なメモリー量よりも小さい場合、Data Grid は以下の例外をログに書き込み、シャットダウン中にデータの損失が発生します。

WARNING: persistent volume size is less than memory size. Graceful shutdown may not work.

手順

  • replicas の値を 0 に設定し、変更を適用します。
spec:
  replicas: 0