Menu Close

第2章 Data Grid Operator のインストール

Data Grid Operator を OpenShift namespace にインストールし、Data Grid クラスターを作成および管理します。

2.1. Red Hat OpenShift への Data Grid Operator のインストール

Data Grid Operator は、OpenShift 上の Operator Lifecycle Manager (OLM) 用にパッケージ化され、Data Grid バージョンの選択や自動更新の受信を可能にします。

前提条件

  • OpenShift で実行される OperatorHub へのアクセス。OpenShift Container Platform などの一部の OpenShift 環境では、管理者のクレデンシャルが必要な場合があります。
  • Data Grid Operator の OpenShift プロジェクト。

手順

  1. OpenShift Web コンソールにログインします。
  2. OperatorHub に移動します。
  3. Data Grid Operator を見つけ、選択します。
  4. Install を 選択し、Create Operator Subscription に進みます。
  5. サブスクリプションのオプションを指定します。

    インストールモード
    Data Grid Operator を特定の OpenShift namespace にインストールします。Data Grid Operator を複数の namespace にインストールすることはできません。
    更新チャネル
    Data Grid Operator バージョンの更新にサブスクライブします。
    承認ストラテジー

    新しい Data Grid バージョンが利用できるようになると、手動による更新のインストールや、Data Grid Operator による自動インストールが可能になります。

    注記

    自動更新は最初に Data Grid Operator に適用され、次に各 Data Grid ノードに適用されます。Data Grid Operator は一度に 1 つのノードを更新し、各ノードを正常にシャットダウンしてから次のノードに移動する前に、更新されたバージョンでこれをオンラインに戻します。

  6. Subscribe を選択して Data Grid Operator をインストールします。