Menu Close

第4章 Data Grid サービスの設定

Data Grid Operator を使用して Cache Service または Data Grid Service ノードを作成します。

4.1. サービスのタイプ

サービスは Data Grid サーバーイメージに基づいたステートフルなアプリケーションで、柔軟で堅牢なインメモリーデータストレージを提供します。

Cache Service と Data Grid Service の 2 つのサービスタイプがあります。

4.1.1. Cache Service

最小設定が必要で、揮発性で低レイテンシーなデータストアを Data Grid が提供する場合は、Cache Service を使用します。

デフォルトでは、Cache Service ノードは以下を行います。

  • クラスター全体でデータを同期的に分散し、一貫性を確保します。
  • キャッシュエントリーの単一コピーを維持してサイズを減らします。
  • キャッシュエントリーをオフヒープに格納し、JVM 効率化にエビクションを使用します。
  • デフォルトのパーティション処理設定でデータの一貫性を確保します。

4.1.2. Data Grid Service

以下を行う場合は Data Grid Service を使用します。

  • 分散設定またはレプリケートされた設定を使用して、ランタイム時にキャッシュを作成します。
  • ファイルベースのキャッシュストアを追加して、永続ボリュームにデータを保存します。
  • クロスサイトレプリケーション
  • 検索などの高度なデータグリッド機能を利用します。