Menu Close

第6章 コンテナー仕様の調整

CPU およびメモリーリソースの割り当て、JVM オプションの指定、および Data Grid ノードのストレージを設定できます。

6.1. JVM、CPU、およびメモリーリソース

spec:
  ...
  container:
    extraJvmOpts: "-XX:NativeMemoryTracking=summary" 1
    cpu: "1000m" 2
    memory: 1Gi 3
1
JVM オプションを指定します。
2
CPU ユニットで測定されるノードにホスト CPU リソースを割り当てます。
3
ホストのメモリーリソースをバイト単位で測定されたノードに割り当てます。

Data Grid Operator が Data Grid クラスターを作成する場合、spec.container.cpu および spec.container.memory を使用して以下を行います。

  • OpenShift に Data Grid ノードを実行するのに十分な容量があることを確認します。デフォルトで、Data Grid Operator は OpenShift スケジューラーから 512Mimemory および 0.5cpu を要求します。
  • ノードのリソースの使用を制限します。Data Grid Operator は、リソース制限として cpu および memory の値を設定します。

ガベッジコレクションのロギング

デフォルトでは、Data Grid Operator はガベージコレクション (GC) メッセージをログに記録しません。必要に応じて以下の JVM オプションを追加して、GC メッセージを標準出力(stdout) に転送できます。

extraJvmOpts: "-Xlog:gc*:stdout:time,level,tags"