Menu Close

第10章 クロスサイトレプリケーションの設定

グローバル Data Grid クラスターを設定して、複数のサイトにまたがってデータをバックアップします。

10.1. Data Grid Operator でのクロスサイトレプリケーション

Data Grid クラスターが別の場所で稼働している場合、Data Grid Operator を使用してそれらを接続し、複数のサイト間でデータをバックアップできるようにします。

たとえば、以下の図では、Data Grid Operator はニューヨーク市 NYC のデータセンターで Data Grid クラスターを管理します。Data Grid Operator は、ロンドン LON の別のデータセンターでも Data Grid クラスターを管理します。

Data Grid Operator は Kubernetes API を使用して、NYC および LON の OpenShift Container Platform クラスター間でセキュアな接続を確立します。次に、Data Grid Operator は複数のサイト間のレプリケーションサービスを作成します。これにより、Data Grid クラスターは複数の場所にデータをバックアップできます。

各 Data Grid クラスターには、すべてのバックアップリクエストを調整するサイトマスターノードが 1 つあります。Data Grid Operator はサイトマスターノードを識別し、クロスサイトレプリケーションサービス経由のすべてのトラフィックがサイトマスターに送信されるようにします。

現在のサイトマスターノードがオフラインになると、新しいノードがサイトマスターになります。Data Grid Operator は新しいサイトマスターノードを自動的に検出し、クロスサイトレプリケーションサービスを更新して、バックアップ要求をそこに転送します。

10.1.1. バックアップの場所の命名要件

Data Grid Operator は、各バックアップの場所にある Data Grid クラスター名と namespace が同じであることを想定します。

たとえば、LON サイトで、「my-xsite」という OpenShift プロジェクトにある metadata.name: mydatagrid で Data Grid クラスターを作成します。NYC サイトの Data Grid クラスターを LON のバックアップとして使用するには、同一の namespace の同一の名前でそのクラスターを作成する必要があります。