8.11. CREATE(1)

8.11.1. 名前

create - Data Grid サーバーにキャッシュとカウンターを作成します。

8.11.2. 概要

create cache ['OPTIONS'] CACHE_NAME

create counter ['OPTIONS'] COUNTER_NAME

8.11.3. キャッシュ作成のオプション

-f, --file='FILE'
JSON または XML 形式の設定ファイルを指定します。
-t, --template='TEMPLATE'
設定テンプレートを指定します。タブのオートコンプリートを使用して、使用可能なテンプレートを表示します。
-v, --volatile='[true|false]'
キャッシュが永続的であるか揮発性であるかを指定します。デフォルトは false です。

8.11.4. カウンター作成のオプション

-t, --type='[weak|strong]'
カウンターが弱いか強いかを指定します。
-s, --storage='[PERSISTENT|VOLATILE]'
カウンターが永続的であるか揮発性であるかを指定します。
-c, --concurrency-level='nnn'
カウンターの同時並行性レベルを設定します。
-i, --initial-value='nnn'
カウンターの初期値を設定します。
-l, --lower-bound='nnn'
強力なカウンターの下限を設定します。
-u, --upper-bound='nnn'
強力なカウンターの上限を設定します。

8.11.5. 例

create cache --template=org.infinispan.DIST_SYNC mycache
DIST_SYNC テンプレートから MyCache という名前のキャッシュを作成します。

create counter --initial-value=3 --storage=PERSISTENT --type=strong cnt_a
cnt_a という名前の強力なカウンターを作成します。

8.11.6. 関連項目

drop(1)